◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

Yahoo!ブログ最終記事 &  今までありがとうございました。

純喫茶ヒッピーです。


とりあえず、先日からのご案内のとおり、Yahoo!ブログのサービス終了に伴い
このブログの更新は今月末でできなくなり、ブログは12月に削除されます。

今までほんとうにたくさんの方々にご愛顧いただき、ありがとうございました。
もともとは情報発信をするつもりはそれほど無くて、自分の喫茶店訪問記録用としてコツコツ綴ってきました。
そのうちたくさんのメールやコメントをいただくようになり、情報発信をしているような気分にもなりましたが、読者の方々からのメッセージで逆に多くのことを教えていただいたと思っています。

なにはともあれ、Yahoo!ブログとはさよならです。
今後の引っ越しについてもほんとに多数のご要望をいただいておりますが、
切羽詰まってきましたので、他ブログサービスへ引っ越すか引っ越しはしないかをちゃんと考えたく思います。
現在は可能なら引っ越ししようかなとも思いますが、引っ越し後に予想される多くの修正などの手間や、今後もブログという形で掲載作業を続けていく体力・精神的負担への心配も正直感じているのです。
このため検討し、ツイッターなどでお知らせしたいと思います。

この記事が最終記事となります。

20​05​/8​/2​9(​月)にブログを開設し、​記事数4359、訪問者227万超となり
これ以上の喜びはありません。


他ブログサービスに引っ越すかもしれませんが、ご挨拶申し上げます。
今までのご愛顧ありがとうございました。
みなさんお元気で。


2019.8.28 純喫茶ヒッピー  店主敬白
 
 
 
ほかのブログに移行しても皆様からのコメントは消えてしまうため
以下にコピーしておきます。
 
 

ざくまら
こちらを知ったのがつい半年前。
すばらしいブログ(記録)でした!
ぜひどこかでまた続けてくださいね~!!
短い間でしたが、ありがとうございました☆
2019/8/29(木) 午前 0:17
<<返信する
削除

顔アイコン為五郎
今まで 楽しい記事をたくさん ありがとうございました!
全国回る際 記事 思い出して 記事に紹介されたあたりに
行ってみようと思います!
これからも お元気で!
http://nohohonnjii.livedoor.blog/archives/19579600.html
私は ここに引っ越しました!
2019/8/29(木) 午前 6:21
<<返信する
削除

顔アイコンsunas3244
ヒッピーさん おはようございます。
ブログの移転 大変だと思いますが
できれば移転してほしいな(*^^*)

懐かしい場所や今もたくさんある昭和の喫茶店色々で
アップを楽しみにしていました。無くなるのはもったいない。。とはいえ ブログも写真と文章と続けるのは
とても気力がいりますよね。私も10年前に10年続けたほ ホームページを閉じました(みんなブログに移行した頃でした)今またサイト運営しろと言われても やはり気力が・・・です。

今までありがとうございました。
実家の近所の風景とか、懐かしかったです。
お体に気をつけて どうぞお元気でいてください。
日赤あたりの写真とか 頂いてよろしいでしょうか?
家にも実家にもあのあたりの写真が無くて
保存して 時々こっそり眺めたいです・・・
2019/8/29(木) 午前 7:36
<<返信する
削除

アバターARIA
私も最近になり記事を拝見するようになりましたが、写真を見ているだけでも楽しくて♪
今後も参考にしたいのでどこかに移行してくれれば嬉しいな、と思っています(*ノωノ)
2019/8/29(木) 午前 7:56
<<返信する
削除

顔アイコンyos619
ヒッピーさん
長い間本当に楽しませていただきました。
感謝しています。
更新はあまりなくとも、素晴らしい資料なので
またどこかで閲覧できたらと思いますが。
ご健康とご活躍を祈ります。
また何処かで会えることを期待してます。
ありがとうございました。
2019/8/29(木) 午後 5:11
<<返信する
削除

gil**rt_*octe*u321
是非!移転して継続してほしいです。
私自身もレトロなものが大好きで、特に純喫茶には目がなく貴ブログの更新はいつも楽しみにしていました。
なくなるなんて・・本当に寂しいです。
更新はしなくても、単純にどこかに移転していただくことは難しいでしょうか?
2019/8/31(土) 午後 4:18
<<返信する
削除

顔アイコンooi**iru
嫌な事があってもふっと立寄れるネット喫茶、癒しの空間でもありました。
そんな思い出も泡沫の如く、消えるのがただただ名残り惜しくもあります。

店主ヒッピーさんの末永いご活躍を祈るばかりです。
2019/8/31(土) 午後 10:10
<<返信する
削除

たか○ひろ○
お疲れ様でした。
静かに拝読させていただいておりました。
訪問者数、すごいです。
いつも丁寧に愛情深くお書きになっていた
賜物ですね。

長いあいだ本当にありがとうございました。
 
 

秘密の喫茶/東京都


前回の記事で「喫茶記事はこれが最後」と書きましたが、今日は時間があったので
一個追加しました。
どうしてもご覧いただきたい喫茶店なので。

ここはツイッターですごいフォロワー数をほこる方に連れてきてもらいました。
ただし店名は非公開をご希望されているので秘密の喫茶として紹介です。

「たぶんここ、ヒッピーさんの好みと思いますよ」

その言葉に胸が躍ります。

そして見えてきた・・・・もうすでに、脳内では「最高に好みだぁ」と興奮開始。

ではゆっくり写真をご覧くださいませ。

イメージ 4







イメージ 2







イメージ 3







イメージ 1






入口すぐ
イメージ 5







イメージ 6






平べったい手書き文字のお品書き。ド昭和メニューが勢ぞろい。
イメージ 15








イメージ 11






カウンター側壁が凝っていた
イメージ 10






ジュークボックス
イメージ 9







テーブル
イメージ 12








イメージ 7






フロアカーペットも素敵。チェアと同様ワインレッド系だけど部分的にドドメ色も見える。
イメージ 18







イメージ 13






ママさんの服がとても良い柄。
イメージ 21







イメージ 14







イメージ 8







パーテーションの凸部にはチェアの脚カバーがかぶせられている。
イメージ 20






入口左側のスペース
イメージ 23






素敵なお便所
イメージ 19







イメージ 16







イメージ 22







イメージ 17







イメージ 26








マッチをいただいた
イメージ 24





最後に、マスターが見せてくれた昭和時代の貴重な写真。
イメージ 25


おしまい。

喫茶ローマの休日(仮称)




このYAHOOブログでラストの喫茶記事です。
まぁそんなことはほんとにどうでも良いことで、今自分の関心ごとはアマゾンの途方もない森林火災。人災ともいわれていますがほんとにこれはヤバイこと。



さて、本題。
店主からはブログに載っけていいよとOKもらっているんだけど、最後はここを秘密喫茶として掲載しようと思っていました。
秘密喫茶にしたら今まで皆さんけっこう盛り上がってくれましたし。
でも札幌や小樽在住の方ならご存知かもしれません。




ほら、みえてきました。
イメージ 1





普通の奴は入ってくるなよーと言わんばかりの外観。
そう、ほとんどの人はためらって入れません。
わかる人にはわかるって感じかな。
たしかにこの外観が一種の入店客フィルターになっていて、そのおかげで
入ってきた客は面白い人が多くて話も弾むからちょうどいいよ、との店主ご意見です。
イメージ 2





この屋根すごいよね。奥まで傾斜が続いてる。
こんな屋根だと雪はたまらず下に落下していくことでしょう(笑)。イメージ 3





外壁、車、けっこうあらゆるものにペタペタとポスターやレコードジャケットやよくわからないものが貼られている。
イメージ 8





喫茶入口。
「汚い~」「怪しすぎ」と感じる人はドアを開けられないでしょう。
イメージ 7







イメージ 6






イメージ 5






店主が昔乗っていたデートカー「日産フィガロ」が置かれています。
映画「ローマの休日」の世界に憧れていたマスターは、フィガロならあの世界に
重なりそうだと思い購入してデートなどに愛用していたのです。
あの頃の日産はマーチをベースとしたユニークな限定車を連発していました。
Be-1、パオ、フィガロ、いわゆるパイクカー
ぼくも当時フィガロの展示をみたとき細部までノスタルジックでキュートに作られていてびっくりしたのをおぼえています。

イメージ 9






結婚するときに、やはり4枚ドアの実用車に乗り換える必要があってフィガロから
降りたけど、手放すことはできずに現在に至っています。
イメージ 4





イメージ 15






イメージ 14







イメージ 17






入口を入ると見える光景。昭和グッズの洪水。
でも以前はこの倍の雑貨があったのですが、ネットで売っているんで減ってきたそうです。
イメージ 10






イメージ 11






イメージ 12






イメージ 13






イメージ 16






イメージ 19







イメージ 18






実はここ、喫茶店ではありますが・・・本業ではなくマスターが趣味でやってます。
でもほとんど毎日営業。
そしてマスターのもうひとつの顔、それは画家。
家屋にはた~くさんの作品が展示されたギャラリーにもなっていて、その中でもぼくの一番のお気に入りはこの大木の絵「緑樹」。
イメージ 21





落ち着いて読書に没頭できそうなこんな一画もあり。

イメージ 22







イメージ 23







イメージ 20





カウンター部分。
カウンターと、オーディオを大音量で聴くことが出来るリスニングコーナー。
'70-80の日本の各種メーカーのコンポーネントオーディオが組まれていて、
ソファの両側には無指向性のビクターの球型スピーカーが、アンプやプレーヤーのオーディオの左右に設置されたパイオニア社のメインスピーカーとともに鳴る仕かけ。
イメージ 24





カウンターの様子
イメージ 42







イメージ 25





「椅子に座って聴いてみて」とレコードを聴かせてくれました。
また聞きたいな。今度は長い時間聴こっと。
イメージ 26





さてさて。
お客は頼まなくても、奥様やマスターから家屋内の作品鑑賞をすすめてくれます。
では、鑑賞ツアーに出発。
ママさんが広い家屋内を引率してくれます。
イメージ 34







喫茶スペースを出てまず到着するのが不思議なスペース。
これって玄関ですけど、喫茶に入った玄関とは別物です。
玄関からはすぐ階段があり・・・そう、このレイアウト。
ここはもともとマスターの親御さんが営業していた旅館だったのです。
ここに案内されたとき、たしかに下宿か旅館かなって思いました。
イメージ 30






マスターの絵と昭和アイドルたち。
イメージ 29





階段にも作品。数々の賞も受賞されています。すごいなー。
イメージ 31






魚のマット?が気に入ってしまった。
イメージ 32






イメージ 33





階段をあがりきるとマッサージいすでリラックスできる。
イメージ 35







奥に進みます
イメージ 28






和服を眺めること可能
イメージ 27





そしてメインスペースに到着。広い家だなぁ。
これは天井部分。モンキーたちがぶら下がってます。
イメージ 37







イメージ 38






金屏風にはマスターの大作が描かれている。でも真ん中には「まだ未完成」の張り紙。
イメージ 36





なぞのラブラブな紙。
イメージ 41






イメージ 39







一階に下りられる無理やり作った感じの階段が・・・
イメージ 40





カウンターに戻りマスターと団らん。
はっきり言ってスーパーマシンガントークなんですが、マスターの話は多様で、
聞いたことが無いような話ばかり。
マスターの職歴も怒涛の変化なんです。ここでは書きませんが、大手メーカーから
あれとこれとそれと・・・。
画家のほかに作家もされていて、あるときは一時的にではふるけど村上春樹氏よりよく売れた人なんです(Yahoo!ブック:2007年売上ランキング全国13位)。
イメージ 45







結局・・・4時間ほど話しました。
でもきっとこの店ではお客は誰でもこれくらいの時間滞在することになると思います。
しかもですね、趣味で喫茶やってるからか異常に安い(特にホットコーヒー)。
コーヒー4~5杯は飲んだはずなのに会計は200円(!!!!!)。
写真はマスターと、現在よく使っている木製マグカップ
イメージ 43







イメージ 44




ミルクホール 若葉/東京都

ミルクホール 
若葉
東京都江東区千田6−2

ここの存在はずっと前から知っていた。
テレビ放送でたまに取り上げられていたりしているのを興味深くみたこともある。
テレビでは面白おかしく放送する部分があったけど、写っている店内の様子や主人のたたずまいを見ると、ここはピュアで、長い年月を地道にやってきた店ということはわかっている。
でも今まで行ったことはなかった。
どうせ行くならここを目がけて行くんではなく、偶然的に、自然と入りたいと感じていたから。
でもここの存在を知って約15年間は偶然入れるような機会はなかった。
 
そして今年。
住吉駅付近をふらついていたとき「その時」が突然訪れた。
古い八百屋かなと思ってちらっとみた看板。
ミルクホール 若葉と書いてある。
今は夕方。
現役か、廃業か。営業中か休業日か。ドキドキした。
 
イメージ 1

 
 
 
うっすらと明かりが見える。
イメージ 2

 
ここからは無事食後できて、主人とおしゃべりしたあと撮った写真。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 

イメージ 3

 
 
 
 
昭和50年代のスピーカー。普通なら「古いよー」と言いたいところだが、この店は昭和30年頃の開店とのこと。まぁ、少なくなったミルクホールという言葉がついてるほどの店ですからね。多分、ここが開店したころも「ミルクホール」を使っている店は既に少なくなっていたと思います。明治政府が牛乳を推奨したころがピークですから。
イメージ 6
 
 
 
 
 
骨董屋か!?と思うビンテージ品だらけ。脳がゆれるほど気持ち良いです。
イメージ 8
 
 
 
 
 
ほらこれも。
イメージ 7
 
 
 
 

イメージ 14
 
 
 
 
汚れた褐色の電源コード、ビニール密封キューピーちゃん、鏡の文字。
イメージ 13
 
 
 
 
 
年季の食品サンプル。良すぎる。
イメージ 10
 
 
 
 
 

イメージ 11
 
 
 
 
 

イメージ 5
 
 
 
 
 
取材で大島優子も来たようだけど、今はとてもとても静かな店内。
ほんと、寝落ちしそうになっちゃった。
そういえば、店の戸を開けた時もご主人がここに座ったまま寝てたな。
イメージ 17
 
 
 
 
 

イメージ 9
 
 
 
 
店主といろいろなお話を。
イメージ 18
 
 
 
 

イメージ 16
 
 
 
 
 

イメージ 15
 
 
 
 
 

イメージ 19
 
 
 
 

イメージ 12

 
 
 
まるで新宿のマルスや室蘭のランプ城にいるときのように超マッタリできた。
イメージ 20

 
 
 
さようなら。もう夜が来る。
イメージ 21

また来れるかな・・・。

コーヒー屋 珈琲館/東京都

コーヒー屋 珈琲館/東京都
都立家政駅 踏切すぐ



都立家政の駅から徒歩約0分、踏切り前で見つけたこの店は、ここ数年訪問したなかで最も自分好みの喫茶店だった。

演劇のセットっぽさも漂う素晴らしい外観、こりゃたまらん。
二階の珈琲の手書き文字、スナックの赤い看板・・・世界観が出来ている。
イメージ 1






イメージ 2





太陽光で劣化した文字シール。
劣化マニアのぼくにはもちろん願ってもない状態・・・
イメージ 3





スナック紅も気になる。
イメージ 11








イメージ 10







イメージ 4





予想どおりに小さな店。カウンター席だけだ。
イメージ 5







イメージ 6




自分もいつか死ぬけど、最後に入る喫茶店をもし決められるならここにしたいなと思った。それほどしっくり来た。

イメージ 7





マスターは俳優あるいはミュージシャンのようにかっこいい。
こんなふうになりたいとあこがれてしまった。
イメージ 8




ほかに三名の常連さんがいたが、戦時中の話に花が咲いていた。
年齢を聞いたところ平均85歳ちかい。

イメージ 12






数か月後。
あまりに良かったんで再訪したが、営業時間終了直後に到着してしまったようで閉まっていた。
イメージ 9


カフェテラス 洋子/東京都

カフェテラス 洋子
東京都葛飾亀有2丁目18


訪問日 2019.4.19


ツイッターで連絡をいただいた方と東京で会う約束をして、ここに連れてきてもらいました。
はっきりいって完全にぼくのツボの喫茶店でとても気に入っちゃった。



イメージ 1





このような外観。ここの前を歩いていても素通りしちゃいそうなとても控え目な雰囲気。となりは何の店だったのかな。
イメージ 2





イメージ 3





ポスターの種類や張り方もバッチリ。
イメージ 4






イメージ 13





この手の土産品のある喫茶店大好き。
イメージ 12






お孫さんがつくったてるてる坊主がぶら下がって。
イメージ 7







イメージ 5







イメージ 15






イメージ 9





でたーー。巨大な金うちわはたまに喫茶で見かけます。
イメージ 6





ハートなグラス!
イメージ 23






イメージ 20






イメージ 18






イメージ 11






イメージ 21







イメージ 10






イメージ 17







イメージ 16






イメージ 8






イメージ 19






イメージ 14






近所の美容室。 マークがやばい。
イメージ 22






訪問日 2019.7.7

気に入ったので初回から三か月後に再訪です。
イメージ 31






イメージ 25



てるてる坊主は健在! エアコンの風にゆらゆら。
イメージ 24







イメージ 27






イメージ 28






イメージ 26







イメージ 29







イメージ 30



そして8月に想定外の出来事が。

つい先日の出来事です。
ぼくの訪問のあと閉店が決まったそうなのですが、
『北海道からハートのグラス目当てに来てくれたお客様もいるのよ〜 その時に閉店するのが決まっていたら、あげたのにな〜』 と、ママさんの言葉を聞いた方が、SNSで発信してみようと思いつき下記のように書き込んだところどんどん広がっていきました。
イメージ 36

【ハートのグラス目当てに北海道から東京の亀有に来てくださった方へ】
北海道から遥々東京葛飾の亀有にある「カフェテラス洋子」へ数回 足を運んでくださった方を探しています。
「カフェテラス洋子」は友達のお母さんのお店です。
前回は今年の6月に来てその足で羽田空港に向かうと言っていたそうです。
「6月に来た時に閉店することが決まっていたらハートのグラスあげたのにな〜」
と言った おばさんの言葉が心に引っかかり…文明の利器を使って奇跡が起こるのを信じることにしました。
北海道のどこに住んでいるのかも 名前も わかりません。
今月いっぱいでお店を閉店することをお知らせしたくて投稿しました。
そして、できればグラスをお渡ししたいな…という思いからです。
45年お店を続けていたら いろいろな出会いがあったに違いありません。
ハートのグラスを目当てに北海道から来てくださるというお客様とのご縁も素晴らしいです。
北海道のどなたか存じ上げませんが 
もしこの投稿を見てくれることがあったら、私のメッセンジャーにぜひ連絡をいただきたいです。
どうかどうかこの投稿が届きますように…



これを見た方がどんどんリツートしてくださり、TwitterFacebookをあわせて
3,500人もの人が「人探し」してくれたのです。
おそらく何万人もの方の目に留まり、ついに三日後、ぼくのTwitterへメッセージが届きました。
これは私のことかもしれないと思い店に電話してみたところ、、、ぼくのことでした。

あとで拝見すると凄い数のひとが「見つかりますように」「奇跡が起きますように」とコメントしてくれていて、「いいね!」マークも跳ね上がっていました。
ぼくが、お礼をコメントすると、これにもたくさんの人が祝福。

みんなのやさしさとネットのすごさを痛感しました。
自分が何万人もの人から「人探し」されていたなんて全然知らなかったのでホント驚きましたけど。

なにはともあれ、おかげさまで事態を知ることができ、ママさんとも話せました。

皆様ほんとにありがとうございました。


イメージ 32





イメージ 33






イメージ 34
イメージ 35



  • 顔アイコン
    グラス!
    良かったですね!
    ちょっと感動しました! 削除
    [ らー ]
     
    2019/8/28(水) 午前 7:40
     返信する
  • 顔アイコン
    そうなんですよ。3000名以上から探し人されていたなんてびっくりです。 削除
    純喫茶hippie
     
    2019/8/28(水) 午前 10:03
     返信する
  • 顔アイコン
    ツイッター見ました!
    やはりヒッピーさんだったのですね!
    閉店は残念でしたが、ハートのグラスを頂けて良かったですね! 削除
     
    2019/8/28(水) 午前 10:46
     返信する
  • > pip*h*ne7*さん
    いやー、そうなんですよー 削除
    純喫茶hippie
     
    2019/8/28(水) 午後 2:0

喫茶 珈生園/東京都


東京スカイイツリー、業平一丁目(浅草通)付近



気になっていた「ときわ食堂」は臨時休業・・・。
東京都墨田区業平2丁目14−2
イメージ 1





こちらは食堂三好弥さん
東京都墨田区業平1丁目12−3
イメージ 2




ビル名は不明だけど昭和な建築。煙突あり。
東京都墨田区業平1丁目17−5
イメージ 17







イメージ 18




そしてこの喫茶店

喫茶珈生園 
東京都墨田区業平1丁目13−6


タバコ自販機が、どでーんと設置
イメージ 3






イメージ 4






イメージ 5





ドアを入るとこのパーテーションが目に入ります
イメージ 6






そして天井にはこの照明器具
イメージ 7






イメージ 8







イメージ 14






アイスコーヒーで体温を下げます
イメージ 13







イメージ 10






歴史感じるメニュー
イメージ 9






六角形のテーブル。
しかも角が左右微妙にずれている粋な設計。
イメージ 11







イメージ 12






パーテションは一部空洞になっているから、ちょっとした物も置ける。
イメージ 15







イメージ 16


軽食&喫茶カーブ(仮称)/東京都

軽食&喫茶 カーブ(仮称)




名前と場所は、ここを教えてくれた方のご希望により伏せますけど、良き喫茶でした。
小さな駅のすぐ近くの大きなカーブにあります。

イメージ 5








イメージ 4










イメージ 2






イメージ 1






おせんべはママさんからのオマケ。灰皿はロゴ入りだった。
イメージ 6







パンダと松
イメージ 3







昔のたたずまいの絵画がとてもよかった
イメージ 7






イメージ 8


珈琲リリー/東京都



いよいよ今月末でこのブログへの新規投稿ができなくなります。
これまでの累計記事数は「4532」。今までよく続いたなぁ。
それもこれもまずはYAHOOブログのインターフェイスと自分の相性が良かったおかげです。
パソコンにそんなに詳しくないのでこれってけっこう重要なことだったんですよ。

今後はこのままブログをやめるか、はてなブログへの移行の二択と考えています。
問題は引っ越し作業がよくわからないこと。
身近にこういうのに詳しい人がいれば助かるんだけどなぁ。





さてさて、本日はリリーさんの訪問記録です。


リリーを思い出したのは中村橋駅の付近にいたとき。
ここから三駅でリリー最寄りとなる石神井公園駅に到着できます。
5年ほど前のぼくなら歩いて向かうんでしょうけど、もう坐骨神経痛でキツイ。
以前の記事には、今日は「喫茶巡りで〇万歩歩いた」とか「〇十キロ歩いた」とか
書きましたねぇ。いまからみれば若かったなぁ。





石神井公園駅に着いたものの、リリーの場所がわからなくなっちゃってました。
昔、リリーに行ったことはあるんだけど、そのときは昭和スポット巡りさんの車で連れてってもらったので自分で向かったわけじゃないんです。
しかもリリーさんはそのとき休みで入れなかったし・・・。


まったく反対に歩いてたみたい。ついでにこんな看板発見。
イメージ 1






良い感じのワゴン発見。
イメージ 2



珈琲リリー
東京都練馬区石神井町3丁目29-5


やっとリリーさん発見。やってるかな・・


イメージ 3





おーー、営業してるっぽい。
イメージ 4





洋装店と喫茶かぁ。
イメージ 5







イメージ 6







イメージ 7






イメージ 8






イメージ 9





入口を入ると右手にちょいと下がる感じに喫茶コーナーがあります。
厨房を半円で囲むレイアウトのカウンター。
イメージ 10






料理がすごくおいしくて驚きなのです。
注文したのはブリの照り焼き。
イメージ 11




マスターとママさんふたりでやっています。
料理はマスターがつくり、ママさんはカウンターチェアでまったりされていましたが
ほんと良い店でした。

イメージ 12

コーヒー Seven/東京都

コーヒー Seven
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目32-13


イメージ 1



赤い路上看板と緑の窓枠に惹かれました

イメージ 2












イメージ 3







イメージ 4





フォーク持ち上げ式の高級食品サンプル
イメージ 5
イメージ 6





ピンボケで台無しだけど
イメージ 7






イメージ 8







イメージ 9





非常に素晴らしい螺旋階段
イメージ 10






カントリーな雰囲気が心地よい
イメージ 11







イメージ 12






カレーのパスタみたいなものを。
イメージ 13







イメージ 14






イメージ 26








イメージ 15





お店の方が螺旋階段の上にある二階をみせてくれた。これがまたもっと良い雰囲気!
イメージ 16







イメージ 17







イメージ 18







イメージ 19




こけしちゃん発見

イメージ 20







イメージ 21






古い建物は梁が素晴らしい
イメージ 22







イメージ 23






イメージ 24







イメージ 25


喫茶パール/東京都

喫茶パール
東京都葛飾東立石3丁目23



先日、成立石駅界隈の雰囲気が思いがけずド昭和でテンション上がったと書きましたが、本日はその散歩中に見つけた喫茶店です。
今年は4月と7月に東京にいったんですが、この日はとても桜がきれい。
イメージ 1




なんと喫茶店出現(笑)
パールさんです。
イメージ 7




グリーンのテントがさわやかね。
イメージ 2



お便所かりるときにママさんとお話ししましたが、写真はあまり撮れなかった。
店の奥のスペースの壁一面が木々の絵(?)になっていて、かなり良かったんで
撮りたかったんだけど、団体客がいたのです。



チェア以外にもレジ台までベルベットの生地。
イメージ 3









イメージ 6






イメージ 4




大きなシャンデリアなどを眺めながら20分程度の滞在でした。
でもいい休憩になった。
イメージ 5


京成立石駅




京成立石という駅で降りてみます。
思いのほか、駅舎の構造がユニークでいきなりうれしい。
イメージ 1






イメージ 2







イメージ 3





駅の踏切を渡るとびっくり。
始めてきたし知らなかったけどなんだかとっても昭和の景色が残ってるぞ。
イメージ 4






これは・・・! ちょっと感動的古臭さ。立石仲見世ってゆうのか。
イメージ 5





そしてまたまた驚いたのがこの寿司屋。すごい行列なんですよ。
イメージ 6







イメージ 7





昭和風景があちらこちらにある。最高だー
イメージ 8







イメージ 9







イメージ 10





ミツワさんの風情もけっこうツボ
イメージ 11







イメージ 12





しばらくして栄寿司にもどってみたら行列がちょいと減ってた。
よし、もうちょい後で入ってみようか。
イメージ 13







イメージ 14





この商店街すごいね
イメージ 15







イメージ 16







イメージ 17






そしてみつけた喫茶軽食 松迺屋。  
松〇屋さん。なんて読むの? (まつのや、とのことです)
イメージ 18




イメージ 20




そのあと、立って食べる江戸前寿司へ。うまかったです。
ぼくの北海道には旨い寿司屋がたくさんありますが、ここもいいと思いました。
北海道では札幌から近い厚田にかねとも寿司さんがあったけど安くて旨かったなぁ。
札幌駅前だと海森さんが鮮度が高くて個人的にはおすすめ。
イメージ 19


五反田TOCビル

あれはどこだっけと今思い返すと、五反田でした。
ビル中の飲食街に喫茶が三つあったのです。
どれも開店前らしく入ることはできなかったけどね。
本日の記事は自分への備忘録として掲載します。

品川区西五反田7丁目のTOCビルにて


Coffee Salon Satoya
イメージ 1







イメージ 2






イメージ 3







喫茶マーブル
イメージ 4

喫茶ルノナール/東京都

喫茶ルノナール
東京都品川区北品川2丁目11-8


新馬場駅界隈の商業エリア。
うろうろしてたら「小さな部屋」という喫茶が気になったが、風景にちよこっとみえた赤いテントの喫茶店ルノナールに入店。


イメージ 1






茶店の魅力がたっぷりつまってそうな外観。しかも営業中。
イメージ 2






期待どおりの熟成度合いの内観。感激!
イメージ 3








イメージ 4






床だって大好き。使い込まれているところも琴線に触れます。
イメージ 5






なんて素敵な。
イメージ 6







イメージ 7






壁紙も自分の部屋に貼りたいほど気に入った。
ぼてっとした換気扇もかわいい。
イメージ 8






ここからピンボケも続きますが・・・。
イメージ 9







イメージ 10







芸能人の石坂浩二氏は、芸術家でもあるほど絵画が卓越した方なのです。
ママさんによるとこれは氏が描いた浅丘ルリ子さん。
ちなみに模型製作も凄腕です。
イメージ 11


ところでここの店名について。
昔はルノワールって名前だったそうですが、「ある日突然同じ名前の喫茶店の方が電話帳で調べて訪ねてきて、この名前だとこっちが困るから改名して」と言ってきたそうです。
ルノワールってそもそも画家のピエール・オーギュスト・ルノワールのことだと推測しますが、同じ屋号を登録していたとしても店名を変えてくれなんて言えるんですかね?


GRECO(グレコ)/北海道札幌市

GRECO(グレコ)
北海道札幌市東区北14条東3丁目1-30 スーパーアークス光星


イメージ 1
2014年にグレコさんを掲載したときには「ビッグハウス光星」だったけど
スーパーアークス光星」に店名は変身しています。傘下ですからね。
というかたしかもともとはボウリング場ですけどね。

相変わらずとても可愛い外観で、スーパーマーケットの中にあるとは思えないくらい。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

意表をついて隠れ家的な二階フロアがあるのはギミックのようで楽しい。
イメージ 9
青果を買い物する客を見ながらお茶可能。不思議な感覚。テーブルにのっているモノたちが可愛いですね。
イメージ 7

イメージ 5

イメージ 6
金銀のテーブルクロス。
イメージ 8

イメージ 10

ママさんにジャンバラヤを作ってもらいした。おいしい。
イメージ 11


天井部分。照明?
イメージ 12