◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

◆昭和中期の喫茶店デザインを考えるページ。

およそ昭和30~40年代から平成20年代あたりまで続いた喫茶店の、独創的な世界観。
異彩を放ちつつも心地よい空気。
そして敬愛すべき、オーナーの方々。
私が実際に見て回った中から一部のお店を展示します。
ぜひ、皆さんそれぞれの感性でご鑑賞ください。
 

  

※喫茶巡りは軽く5000店超ですが、このブログの過去記事から ごく一部の128店を抜粋。掲載店は今後も追加予定。

※一店舗につき2カット(上:外観、下:内観等)

※廃業、現役混在。

店舗詳細はお手数ですが当ブログ過去記事で探してくださいますようお願いします。

※通常写真撮影できない店もありますが撮影時に許可をいただいています。

※この記事はページ右側上部の『スペシャル記事』から、いつでもアクセスできます。

※大量の写真がありますが、解像度を少し落として読み込みやすくしてあります。

 

 

 

f:id:jkhippie:20191031224112j:plain

f:id:jkhippie:20191031222343j:plain

f:id:jkhippie:20191031222349j:plain

f:id:jkhippie:20191031222353j:plain

f:id:jkhippie:20191031222356j:plain

f:id:jkhippie:20191031222359j:plain

f:id:jkhippie:20191031222403j:plain

f:id:jkhippie:20191031222406j:plain

f:id:jkhippie:20191031222409j:plain

f:id:jkhippie:20191031222412j:plain

f:id:jkhippie:20191031222417j:plain

f:id:jkhippie:20191031222422j:plain

f:id:jkhippie:20191031222425j:plain

f:id:jkhippie:20191031222430j:plain

f:id:jkhippie:20191031222434j:plain

f:id:jkhippie:20191031222438j:plain

f:id:jkhippie:20191031222441j:plain

f:id:jkhippie:20191031222446j:plain

f:id:jkhippie:20191031222450j:plain

f:id:jkhippie:20191031222453j:plain

f:id:jkhippie:20191031222459j:plain

f:id:jkhippie:20191031222503j:plain

f:id:jkhippie:20191031222507j:plain

f:id:jkhippie:20191031222511j:plain

f:id:jkhippie:20191031222514j:plain

f:id:jkhippie:20191031222518j:plain

f:id:jkhippie:20191031222523j:plain

f:id:jkhippie:20191031222528j:plain

f:id:jkhippie:20191031222531j:plain

f:id:jkhippie:20191031222534j:plain

f:id:jkhippie:20191031222538j:plain

f:id:jkhippie:20191031222542j:plain

f:id:jkhippie:20191031222547j:plain

f:id:jkhippie:20191031222552j:plain

f:id:jkhippie:20191031222555j:plain

f:id:jkhippie:20191031222558j:plain

f:id:jkhippie:20191031222602j:plain

f:id:jkhippie:20191031222607j:plain

f:id:jkhippie:20191031222612j:plain

f:id:jkhippie:20191031222614j:plain

f:id:jkhippie:20191031222620j:plain

f:id:jkhippie:20191031222627j:plain

f:id:jkhippie:20191031222630j:plain

f:id:jkhippie:20191031222633j:plain

f:id:jkhippie:20191031222637j:plain

f:id:jkhippie:20191031222642j:plain

f:id:jkhippie:20191031222645j:plain

f:id:jkhippie:20191031222648j:plain

f:id:jkhippie:20191031222651j:plain

f:id:jkhippie:20191031222655j:plain

f:id:jkhippie:20191031222658j:plain

f:id:jkhippie:20191031222702j:plain

f:id:jkhippie:20191031222707j:plain

f:id:jkhippie:20191031222710j:plain

f:id:jkhippie:20191031222713j:plain

f:id:jkhippie:20191031222716j:plain

f:id:jkhippie:20191031222720j:plain

f:id:jkhippie:20191031222724j:plain

f:id:jkhippie:20191031222727j:plain

f:id:jkhippie:20191031222730j:plain

f:id:jkhippie:20191031222735j:plain

f:id:jkhippie:20191031222738j:plain

f:id:jkhippie:20191031222741j:plain

f:id:jkhippie:20191031222745j:plain

f:id:jkhippie:20191031222748j:plain

f:id:jkhippie:20191031222753j:plain

f:id:jkhippie:20191031222756j:plain

f:id:jkhippie:20191031222800j:plain

f:id:jkhippie:20191031222803j:plain

f:id:jkhippie:20191031222806j:plain

f:id:jkhippie:20191031222811j:plain

f:id:jkhippie:20191031222814j:plain

f:id:jkhippie:20191031222817j:plain

f:id:jkhippie:20191031222821j:plain

f:id:jkhippie:20191031222824j:plain

f:id:jkhippie:20191031222828j:plain

f:id:jkhippie:20191031222831j:plain

f:id:jkhippie:20191031222837j:plain

f:id:jkhippie:20191031222842j:plain

f:id:jkhippie:20191031222845j:plain

f:id:jkhippie:20191031222848j:plain

f:id:jkhippie:20191031222853j:plain

f:id:jkhippie:20191031222856j:plain

f:id:jkhippie:20191031222900j:plain

f:id:jkhippie:20191031222905j:plain

f:id:jkhippie:20191031222909j:plain

f:id:jkhippie:20191031222914j:plain

f:id:jkhippie:20191031222918j:plain

f:id:jkhippie:20191031222924j:plain

f:id:jkhippie:20191031222928j:plain

f:id:jkhippie:20191031222931j:plain

f:id:jkhippie:20191031222936j:plain

f:id:jkhippie:20191031222945j:plain

f:id:jkhippie:20191031222948j:plain

f:id:jkhippie:20191031222950j:plain

f:id:jkhippie:20191031222953j:plain

f:id:jkhippie:20191031222957j:plain

f:id:jkhippie:20191031223002j:plain

f:id:jkhippie:20191031223005j:plain

f:id:jkhippie:20191031223008j:plain

f:id:jkhippie:20191031223012j:plain

f:id:jkhippie:20191031223016j:plain

f:id:jkhippie:20191031223019j:plain

f:id:jkhippie:20191031223023j:plain

f:id:jkhippie:20191031223027j:plain

f:id:jkhippie:20191031223030j:plain

f:id:jkhippie:20191031223034j:plain

f:id:jkhippie:20191031223037j:plain

f:id:jkhippie:20191031223040j:plain

f:id:jkhippie:20191031223043j:plain

f:id:jkhippie:20191031223046j:plain

f:id:jkhippie:20191031223052j:plain

f:id:jkhippie:20191031223055j:plain

f:id:jkhippie:20191031223058j:plain

f:id:jkhippie:20191031223103j:plain

f:id:jkhippie:20191031223107j:plain

f:id:jkhippie:20191031223113j:plain

f:id:jkhippie:20191031223117j:plain

f:id:jkhippie:20191031223121j:plain

f:id:jkhippie:20191031223126j:plain

f:id:jkhippie:20191031223130j:plain

f:id:jkhippie:20191031223134j:plain

f:id:jkhippie:20191031223137j:plain

f:id:jkhippie:20191031223143j:plain

f:id:jkhippie:20191031223148j:plain

f:id:jkhippie:20191031223152j:plain

f:id:jkhippie:20191031223155j:plain

f:id:jkhippie:20191031223159j:plain

f:id:jkhippie:20191031223203j:plain

f:id:jkhippie:20191031223206j:plain

f:id:jkhippie:20191031223210j:plain

f:id:jkhippie:20191031223213j:plain

f:id:jkhippie:20191031223217j:plain

f:id:jkhippie:20191031223221j:plain

f:id:jkhippie:20191031223224j:plain

f:id:jkhippie:20191031223229j:plain

f:id:jkhippie:20191031223236j:plain

f:id:jkhippie:20191031223240j:plain

f:id:jkhippie:20191031223245j:plain

f:id:jkhippie:20191031223248j:plain

f:id:jkhippie:20191031223251j:plain

f:id:jkhippie:20191031223255j:plain

f:id:jkhippie:20191031223259j:plain

f:id:jkhippie:20191031223305j:plain

f:id:jkhippie:20191031223309j:plain

f:id:jkhippie:20191031223314j:plain

f:id:jkhippie:20191031223321j:plain

f:id:jkhippie:20191031223330j:plain

f:id:jkhippie:20191031223333j:plain

f:id:jkhippie:20191031223336j:plain

f:id:jkhippie:20191031223339j:plain

f:id:jkhippie:20191031223342j:plain

f:id:jkhippie:20191031223350j:plain

f:id:jkhippie:20191031223354j:plain

f:id:jkhippie:20191031223357j:plain

f:id:jkhippie:20191031223400j:plain

f:id:jkhippie:20191031223404j:plain

f:id:jkhippie:20191031223412j:plain

f:id:jkhippie:20191031223419j:plain

f:id:jkhippie:20191031223422j:plain

f:id:jkhippie:20191031223425j:plain

f:id:jkhippie:20191031223427j:plain

f:id:jkhippie:20191031223432j:plain

f:id:jkhippie:20191031223440j:plain

f:id:jkhippie:20191031223443j:plain

f:id:jkhippie:20191031223447j:plain

f:id:jkhippie:20191031223451j:plain

f:id:jkhippie:20191031223457j:plain

f:id:jkhippie:20191031223501j:plain

f:id:jkhippie:20191031223505j:plain

f:id:jkhippie:20191031223519j:plain

f:id:jkhippie:20191031223523j:plain

f:id:jkhippie:20191031223526j:plain

f:id:jkhippie:20191031223530j:plain

f:id:jkhippie:20191031223535j:plain

f:id:jkhippie:20191031223550j:plain

f:id:jkhippie:20191031223555j:plain

f:id:jkhippie:20191031223558j:plain

f:id:jkhippie:20191031223602j:plain

f:id:jkhippie:20191031223605j:plain

f:id:jkhippie:20191031223609j:plain

f:id:jkhippie:20191031223613j:plain

f:id:jkhippie:20191031223619j:plain

f:id:jkhippie:20191031223625j:plain

f:id:jkhippie:20191031223634j:plain

f:id:jkhippie:20191031223638j:plain

f:id:jkhippie:20191031223643j:plain

f:id:jkhippie:20191031223647j:plain

f:id:jkhippie:20191031223651j:plain

f:id:jkhippie:20191031223656j:plain

f:id:jkhippie:20191031223702j:plain

f:id:jkhippie:20191031223706j:plain

f:id:jkhippie:20191031223710j:plain

f:id:jkhippie:20191031223713j:plain

f:id:jkhippie:20191031223716j:plain

f:id:jkhippie:20191031223719j:plain

f:id:jkhippie:20191031223722j:plain

f:id:jkhippie:20191031223726j:plain

f:id:jkhippie:20191031223730j:plain

f:id:jkhippie:20191031223733j:plain

f:id:jkhippie:20191031223737j:plain

f:id:jkhippie:20191031223743j:plain

f:id:jkhippie:20191031223747j:plain

f:id:jkhippie:20191031223750j:plain

f:id:jkhippie:20191031223755j:plain

f:id:jkhippie:20191031223801j:plain

f:id:jkhippie:20191031223805j:plain

f:id:jkhippie:20191031223809j:plain

f:id:jkhippie:20191031223815j:plain

f:id:jkhippie:20191031223818j:plain

f:id:jkhippie:20191031223824j:plain

f:id:jkhippie:20191031223830j:plain

f:id:jkhippie:20191031223833j:plain

f:id:jkhippie:20191031223836j:plain

f:id:jkhippie:20191031223838j:plain

f:id:jkhippie:20191031223843j:plain

f:id:jkhippie:20191031223845j:plain

f:id:jkhippie:20191031223849j:plain

f:id:jkhippie:20191031223853j:plain

f:id:jkhippie:20191031223859j:plain

f:id:jkhippie:20191031223902j:plain

f:id:jkhippie:20191031223905j:plain

f:id:jkhippie:20191031223910j:plain

f:id:jkhippie:20191031223913j:plain

f:id:jkhippie:20191031223918j:plain

f:id:jkhippie:20191031223921j:plain

f:id:jkhippie:20191031223925j:plain

f:id:jkhippie:20191031223928j:plain

f:id:jkhippie:20191031223932j:plain

f:id:jkhippie:20191031223935j:plain

f:id:jkhippie:20191031223938j:plain

f:id:jkhippie:20191031223942j:plain

f:id:jkhippie:20191031223947j:plain

f:id:jkhippie:20191031223950j:plain

f:id:jkhippie:20191031223954j:plain

f:id:jkhippie:20191031223958j:plain

f:id:jkhippie:20191031224001j:plain

f:id:jkhippie:20191031224004j:plain

f:id:jkhippie:20191031224007j:plain

f:id:jkhippie:20191031224011j:plain

f:id:jkhippie:20191031224015j:plain

f:id:jkhippie:20191031224018j:plain

f:id:jkhippie:20191031224021j:plain

f:id:jkhippie:20191031224024j:plain

f:id:jkhippie:20191031224028j:plain

f:id:jkhippie:20191031224032j:plain

f:id:jkhippie:20191031224035j:plain

f:id:jkhippie:20191031224038j:plain

f:id:jkhippie:20191031224044j:plain

f:id:jkhippie:20191031224050j:plain

f:id:jkhippie:20191031224053j:plain

f:id:jkhippie:20191031224056j:plain

f:id:jkhippie:20191031224059j:plain

f:id:jkhippie:20191031224103j:plain

f:id:jkhippie:20191031224106j:plain

f:id:jkhippie:20191031224109j:plain

 

猿楽町の喫茶L。

喫茶L

東京都千代田区神田猿楽町1丁目5−4 松井ビル 1F

 

 

御茶ノ水駅付近。

近くには喫茶ミロと喫茶穂高がある。ただ今回は別の喫茶が目当て。

 

宮殿チックな外観で有名なサンロイヤルビル。

名曲喫茶「ウイーン」がとっくのとうに無くなっている。ほぼ外観のみ。

 

f:id:jkhippie:20191019091419j:plain

 

ちょっとだけ一階をチラ見。マホガニーウッドのような高級感溢れるドア。

ちっちゃなドアは何が入っているのかな。まぁいいや。

f:id:jkhippie:20191019091423j:plain

 

 

 

山の上ホテルだ。

やはり素晴らしい昭和の名建築。国内のアール・デコ様式建築の代表格かも。

貯金して泊まりに来たいな。いや、貯金できる体質ではないけど。いつもフルスロットルなので・・・。

f:id:jkhippie:20191019091429j:plain

 

 

やぁ、ついた。喫茶エルさん。ここもブログ読者さんからの紹介です。

f:id:jkhippie:20191019091434j:plain

お。営業中。

f:id:jkhippie:20191019091442j:plain

 

 

 

喫茶エルが入っているビル(家?)が好み。もしかしたら60年代かも?

f:id:jkhippie:20191019091447j:plain

 

f:id:jkhippie:20191019091452j:plain

 

f:id:jkhippie:20191019091457j:plain

 

ぴんぼけながら昭和の花シール。

f:id:jkhippie:20191019091501j:plain

 

 

 

「しばらくだったね」とはいいつつも、常連さんが入店してきた。

「いやいや、すごく安いゴルフ場見つけたんだよ、遠いけどさ」

「なになに!?」って感じでマスターとの会話が始まった。

f:id:jkhippie:20191019091505j:plain

 

 

店を出た後、プリマベーラという喫茶も気になった。

植物が多い入口だけど良さそうな店だ。

やっていなかったのでまたこんど。

 

 

f:id:jkhippie:20191019091510j:plain

パーラー『たちかわ』と、近づく百年の時。

◆『パーラーたちかわ』  北海道岩見沢市4条西1丁目   訪問日2019.10.14

 

 

この喫茶店のマスターであるご主人にかわり、店に立ち続ける順子ママさん。

詳しくはこのページ下部に置いた過去記事をご覧いただきたいが、建物はあと2~3年で遂に100年の時を迎える。

ママさんは体力的にきついと思うが、なんとしても、100年の節目まではお店は続けてほしいと勝手に願っています。

でもこの店を本当に愛してるのはここの常連さん。

仲間を誘って囲碁をしにくる方、中学生から来ていて母のように慕っている方、流木でいろんな作品を作る方、ひょうたんアートを製作される方、等々、本当に素晴らしいお客様たちがここを支えている。 

 

f:id:jkhippie:20191017214424j:plain

 

 

この壁紙大好き

f:id:jkhippie:20191017214512j:plain

 

 

ひょうたんアート

f:id:jkhippie:20191017214436j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191017214450j:plain

 

 

味わい深いレンガの建物

f:id:jkhippie:20191017214536j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191017214531j:plain

 

 

二階は、雰囲気が変わり、岩見沢唯一無二の素晴らしい空間。

f:id:jkhippie:20191017214526j:plain

 

 

二階は、天井が高く、音がきれいに響く。

そこで「ここで演奏会をしたらいいんじゃないか」と思いついた。

ママさんに聞いてみると、飲食さえしてくれれば特に場所代などいらないから

使っていいとの嬉しい返事。そこで告知します。 

◆この素晴らしい空間を、アコースティック楽器(または電気楽器でもうるさくなければOK)のライブ会場として使いませんか?

 

フォークギター、バイオリン、サックス、アコーディオン、民族楽器などいかがでしょうか。

ただ、二階にはアンプやマイクスタンドなどライブ用のものは何もないので主催者が持参してください。ママさんは体力的にできないので、客席移動などセッティングも自分たちでお願いします。

事前に予約してください。そのとき「ヒッピーさんの情報を見て」とお話しください。

 

f:id:jkhippie:20191017214517j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191017214504j:plain

 

 

 

お世話になったから、といっていくらでもコーヒーを淹れてくれるママさん。

お世話なんてなんにもしてないのに。

でもありがとうございます、美味しくいただきます。

f:id:jkhippie:20191017214455j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191017214500j:plain

 

 

 

それと、近所にある『ラーメン長二郎』は息子さんの店で、とても美味しいから行ってみて。

今日はネギラーメン(醤油)を食べたけど、約20年ちょっと前に岩見沢にあった悟空という店のネギラーメンの味を思い出した。大好きなラーメン店だったんです。

懐かしいなぁ。

 

f:id:jkhippie:20191017214508j:plain

◆『ラーメン長二郎』  北海道岩見沢市6条東1-5-1

 

 

過去記事

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

 

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

錦華公園

錦華公園

*1

 

 

たまたま通りがかった公園。

ずいぶんと濃い緑がたくさんあって、いい雰囲気の公園を見つけたなと思った。

 

f:id:jkhippie:20191017071844j:plain

 

すると思いがけずヘンテコ遊具が・・・。

f:id:jkhippie:20191017071851j:plain

 

 

これはなに。

タコ滑り台でもないし、設計者の自由な発想?

でも、公園の名前からして花なのかな。

 

f:id:jkhippie:20191017071857j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191017071904j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191017071911j:plain

 

 

やっぱ花かな。

f:id:jkhippie:20191017071918j:plain

 

ためしにネットをみたらここはやっぱり歴史のある場所らしい。

 

土、植物の濃度が濃密で、土地自体に、風格や威厳を感じた。

f:id:jkhippie:20191017071926j:plain

 

*1:東京都千代田区神田猿楽町1丁目1

喫茶ピノキオの国宝級ホットケーキ。

東京板橋で、目がまん丸くなるほど美味しいホットケーキが食べられることをご存知でしょうか。

ぼくはここに行く直前まで知らなかった。

ピノキオ」といういかにも昭和ネーミングが気になり、ちょっとネットで検索してみるとホットケーキの画像が目に留まったのだ。

同時にここはホットケーキの人気店ということで相当に知られた存在であることがわかった。

 

下板橋駅を降りて10分ちょっと歩いた。完全な住宅地だな。

途中、こんな看板を見かける。

f:id:jkhippie:20191016214545j:plain

これは街中で以前よく見た「ここで電話かけられるよ」という看板で、いまでは希少となった。

 

 

そうこうしていると目的地周辺。

・・・というか、このマンション、グッドデザイン。f:id:jkhippie:20191016214549j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214552j:plain

 

 

早速入店!

f:id:jkhippie:20191016214538j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214530j:plain

 

 

 

え・・・。「本日は終了しました」?????

f:id:jkhippie:20191016214534j:plain

 

 

 

念のためドア開けて店主登場を待ちます。

客席を見るとお客は一組まだ食事中。

f:id:jkhippie:20191016214520j:plain

 

 

 

職人、仕事人の雰囲気満点のマスターが「今日はもう終わったよ」と一言。

ガーン。

ガーンとしていると「どこから来たの?」

「札幌から喫茶ツアーに来ています」

「いいよ、どうぞ」

 

・・・・・・なんて優しい。ほんとに嬉しい。

f:id:jkhippie:20191016214523j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214527j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214515j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214457j:plain

 

 

 

ホットケーキとついに面会。

まず、形が美しい。分厚いのが二段重ね。

f:id:jkhippie:20191016214512j:plain

 

 

 

マスター曰く「実は昔から作っているわけじゃないんですけど、いまでは評判になって、週末は行列になります。駅からも遠いこんな住宅街なのに遠方からも来てくれるの

 

表面がカリッとしてて中はふんわり。この厚さが、黄金比のようにとてもバランスがよく、絵になっている。

「手作りのホットケーキでこの厚さはうちしか作れないですよ。

何年もかかつて研究して、形が崩れないように出来たんです」

 

最初店に入ったときは、寡黙なマスターかなって思ったけど、いろいろ話してくれた。

すごいセレブの黒塗りの車が止まってホットケーキを食べにくることもあるそう。

 

 

いやはや、人生でほんとに一番旨いホットケーキだった。国宝。

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214501j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214506j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20191016214541j:plain

『声』という名の純喫茶。

 

声という名の純喫茶をご存知だろうか。

声は札幌の喫茶店として昭和中期から喫茶通(つう)あるいは感性の高い人たちから親しまれた。

市電の走る道沿いにあり、年季の入った建物と「声」「声」「声」と書かれたオレンジ色のひさしが目を引いた。

店名の由来は「人間は声をださないと駄目。思っているだけでは気持ちは伝わらない。感謝の気持ちは声にださないと。」というようなことからだとママの猪狩和枝さんは話す。

もともとは、商売をはじめるときにみてもらった易者が「声をかけて商売していれば細々とでもやっていける」と伝えたからだったと思う。

 

営業当時は札幌市の都心部に近いため、けっこうにぎやかな場所だったのだが、

店をはじめた昭和39年当時はあたり一面ススキが生えていた。

近くに三吉神社があり、声と並んでススキの中に建っていたのだ。

 

ガタンゴトンと市電の走行音とコーヒーの香がまじりあう店内。

さらに創業当時から人気なのは太麺のナポリタン。

それと、昔は半分近いスペースがラーメン屋だったと思う。ラーメンスペースが無くなったあとも、声ではそのラーメンも提供していたから、ここはラーメンが美味しい喫茶店だった。

 

ぼくに「ちょっとみてよ」と壁の下を指さしてあっけらかんと笑う。

「基礎のところが傷んじゃっていつ崩れてもおかしくないわよ」。

 

結局は、立ち退きによりそれから数年で閉店したが、最終営業日の賑わいは大変なものだった。

テレビやラジオ、数々の常連客・・・。

あんなに花束で埋もれた喫茶店は、あれ以来見た覚えがない。


 

youtu.be

 

 

 

  

f:id:jkhippie:20191013223551j:plain

 

f:id:jkhippie:20191013223556j:plain

 

f:id:jkhippie:20191013223605j:plain

 

f:id:jkhippie:20191013223608j:plain

 

在りし日のアイリッシュコーヒー。

(この度の台風19号の被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。)

 

 

閉店から三年以上経ってしまいましたが、札幌市にあったパイン館という喫茶店で撮影した動画を本日公開します。

 

マスターの熟練の手さばきや、ウイスキーの炎に包まれるCoffeeをご覧ください。

 

 

youtu.be

 

 

f:id:jkhippie:20191013130546j:plain

 

f:id:jkhippie:20191013130538j:plain

 

f:id:jkhippie:20191013130542j:plain

 

 

 

幸福そのものだった、パイン館(札幌市)でのひと時。

 

 

過去形で書かなければいけないことがとても残念だけど、札幌市東区に『パイン館』という素晴らしい店があった。

 

飲み物が最高においしくて、コーヒーをつくる姿がほんとうに絵になるマスター。

純喫茶というよりは珈琲専門店の雰囲気だけど、ここのどこかに座ってコーヒーを飲んでいた数々の日を思い出すと、特別に幸せな時間だったと思う。

 

マスターと話をしたり、雑誌を読んだり、なんてことのないことにありえないほど満たされ、濃厚な珈琲の匂いに包まれた店内でふつうに呼吸をしているだけでどっぷり落ち着くことが出来て、作り立てのコーヒーを口にすると心が深呼吸した。

 

この店を利用したことがある人なら、きっと100人中100人が、ぼくと同じように満足したことだろう。

 

マスターはぼくと同じ大きな病気になったりもしたし健康上の理由から、33年間経ち続けた喫茶店をたたみ、現在は珈琲豆の製造、販売、宅配などマイペース型で営業している。

まさに名店だった。

 

本日は、未公開だった最終営業日の写真(2016.2.28)を貼ります。

 

----------------------------------------------------------------------

 

午後三時半頃、到着。

閉店が決まってから行列が続いている。

f:id:jkhippie:20191012121648j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121652j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121655j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121701j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121705j:plain

 

多くの客から類まれなほど親しまれてきたマスターのもとには、花束や贈答品が次々と

届けられた。お客さんとマスターのそんなやりとりを見ているだけでぼくは泣きそうになっていたんだ。

f:id:jkhippie:20191012121711j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121715j:plain

 

 

しかし抽出するときはいつもどおり集中して淹れる

f:id:jkhippie:20191012121720j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191012121724j:plain

 

ぼくは数種類いただいた。

この日もカウンターに座っていたが、右どなりも左どなりも、一人で来店した客だったが当然ながら閉店を心から惜しんでいる様子だ。

f:id:jkhippie:20191012121727j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012121732j:plain

 

豆も数本購入した

f:id:jkhippie:20191012121736j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191012122825j:plain

 

 

一種の芸術のようなアイリッシュコーヒー作成過程。

その動画はまた別の更新で掲載したいと思います。

 

f:id:jkhippie:20191012122904j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20191012122908j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20191012122911j:plain

 

 

 

閉店後、ほんとうにやっていないのか確認に再訪。

ぼくは閉店と知っていながら再訪してしまう癖があるが、パイン館の閉店も

信じられなかった。ここでコーヒーを飲んでいたころが、いかに特別なことだったか

今更ながら痛感している。

 

 

f:id:jkhippie:20191012123150j:plain

 

 

 

そして間もなく、マスターは自宅敷地内に焙煎をするためのスペースづくりに着手。

ここのファンにとって、たいへんな朗報だった。

しかも電話でお願いすると、ぼくの家までマスターが直々に車で届けに来て下さるのだ。ぼくにとってマスターは『憧れのスター』なので、そういう方が届けに来てくれることはほんとうに恐れ多いことであります。

 

 

f:id:jkhippie:20191012123821j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012124402j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012123845j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012123849j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191012123853j:plain

 

 

 

釧路のブラジル。

 

北海道の釧路市は喫茶店が星座のようにあちらこちらで輝いていた街だった。

ジスイズ、ライン、フィレンツェ、ブラジル、リリー、イエスタディ、わかやぎ、すっから館、アピアランス、スター、等々いたるところに喫茶店、しかもそれぞれ秀逸な個性を放っていた。

ジャズのジスイズはまだ十代のころの放浪中に入ったのが最初だし、喫茶ラインはインテリアと自身のおしゃれが類まれなセンスのママがいて一緒に口琴を鳴らして遊んだりもした。

 

ところが令和に変わった現在、全国の例にもれず激減。

全滅という状態ではないけど、いよいよ風前の灯火に近いのではないだろうか。

亡くなってしまった店主もいるし、自宅で老後を過ごしている元店主もいる。

 

末広仲見世商店会に、白い暖炉が特徴的な喫茶ブラジルがあった。

座席には白いレースがかけられ、レンガの床。

当時にしては珍しくテラス席もあり、煙草の煙が気持ちよく風に乗っていった。

この店の最後のマスターは、釧路の喫茶文化を残したいと最後まで努力していたが、そう話していた数年後に閉店、建物も解体。

 

 

最後に訪問した際には、お客もたくさんいたし、カウンターの従業員たちは若くて、店内は喫茶店なので静かだが活気を感じられた。

閉店を耳にしたとき、「まさか」と思ったほどだ。

しかし、いまこの前を歩いてもこんな素敵な喫茶店があったとは想像すらできないほど跡形もないのが現実なんだ。

 

f:id:jkhippie:20191010001920j:plain

 

f:id:jkhippie:20191010001916j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191010001854j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191010001858j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191010001903j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191010001907j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191010001910j:plain

 

使う気にならなかった、愛しの金券。~駒鳥食堂

 

 

 

(再編集の記事です)

 

旭川という街は、ラーメン屋は有名だけど、思いのほか『大衆食堂』が多く現存しているところで、

ぼくが住んでいた頃に順々に利用していた主な店をあげると・・・


日の出食堂

駒鳥食堂
ニューホームラン
そね食堂
ふじ
優鳳
さくら亭
たけや食堂
龍宝
里宝亭美登利
三幸食堂
すず

おざわ食堂
銀嶺食堂
味久食堂
四條食堂

 

・・・という顔ぶれ。

 

その中でも特に気に入っていたのが駒鳥食堂で、近所に東税務署こそあるものの、

はっきり言って街の中心部からずいぶんと離れている場所にあった。

 

『駒鳥』という屋号も可愛いし、外観も素敵だ。

さらにメニューにどこか儚さのようなものを感じていた。

なぜ儚さを感じるのかというと、刺身系や魚のメニューがなく、ラーメンか揚げ物が主体だったからかもしれない。

これは勝手に想像していたことなので失礼だろうけど、この店はかなり高齢の湯沢さん夫婦が営んでおり、

近くにはスーパーマーケットもないので、冷凍したり日持ちできる食材のみメニューにしているんだろうなと思っていた。

それでもここが好きだった。

カラフルな厚紙に手書きした「お品書き」と「金券」の存在に惹かれていたからだ。

 

金券は、つまり次回の割引券なのだが、これも一つ一つ手作りされていて、

営業が終わった後に地道に作っている姿を想像すると愛おしささえ感じるのだ。

とても次回の会計を安くするために使う気持ちにはなれなかった。

そうこうしているうちに駒鳥は廃業した。

宝物として部屋に置いてあるたくさんの金券を眺めるたびに、この食堂のことを思い出さずにはいられない。

 

 

f:id:jkhippie:20191008200322j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200325j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200328j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200332j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200336j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200340j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200344j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200347j:plain

 

この隅の席がぼくの定位置で、床がゆがんでいたため座っていてもすぐガタッと

傾いた。

ただ冬になると旭川は非常に寒いので、ストーブ横は暖かかった。

 

f:id:jkhippie:20191008200351j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200355j:plain

 

 

ご夫婦はどうされていますか・・・。元気ならいいな。

f:id:jkhippie:20191008200358j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200403j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200407j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200410j:plain

 

 

今より少し若かったぼくは、この光景が大好きだった。

f:id:jkhippie:20191008200414j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200417j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200420j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200423j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200429j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200420j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008200432j:plain

 

f:id:jkhippie:20191008200437j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191008205901j:plain

駒鳥さん。幸せな時間を与えてくれてありがとうございます。

 

純喫茶ロザリオで、忘れがたき雑談を。

 

(再編集の記事です)

 

神保町の古本屋をのぞいてはまた次の古本屋をちらっとのぞく。

ぼくは老眼になってから本を読むのが億劫になってしまい、

最近は小説とかは読まないんで、雑誌のバックンバーなどをチェックしていた。

何を買ったかは覚えていないが、カラーブックスかオーディオ雑誌あたりではなかったか。

 

さてそんな一角で青い喫茶店が目に留まり興味がわいた。

船ような外観は「円い窓」や「いかり」があしらわれている。

コーヒーを飲もうと思い、地下への階段を下りた。

 

 

店内には先客が一名。

自分より若い男性で、読書に集中している。

さすが神保町、みんな本好きなのかと思っていると、ママさんがコーヒーを持ってきてくれた。

とても忙しそうには見えないママさんとぼくが雑談を始めるのは必然だった。

この時ふたりとも暇だったから。

 

ママさんとのやりとりがはじまった。

 途中から印象深い内容になってきたので、できれば覚えておきたいと思いながら会話した内容が以下のとおり。

 

 
------------------------------------------------------------

 

「私がはじめてこの世界を経験したのは、銀座のシャンソンの店だったのよ。名前は思い出せないけど・・・。」

 

 

「「銀巴里(ぎんパリ)さんでしょうか?」

 

 

「あ、そうそう銀巴里。あなたよくご存知なこと。
当時は「よそ行き」の服に着替えて銀座に行ったの。
コーヒーがおいしかった。
ステージではこの店の当時の看板スターが歌っていてそれはもう華やかな世界。

歌っていたのは えーと・・・・・男のような女のような・・・そんな人知らない?」

 

「ピーター、美川 憲一、あ、美輪明宏さん?」

 


「そうそう、美輪明宏
とっても歌がうまかった。ジャズというよりシャンソンね。

シャンソンの店はなくなっているわねぇ。ここでもシャンソンやジャズかけたこともあったけど、今はテレビをつけることもね・・・。」

 


「その後ぐらいですか、「よいとまけ」で美輪さんが全国的に売れたのは」

 


「そうなの。だけど店はすでに美輪明宏目当ての客で満員。みんないい服を着てね。人気すごかったのよ。」

 


「美男子でしたもんね」

 


「今は占いのようなことやってるものね。黄色い髪の毛で。」

 


「そうですね。スピリチュアルな分野で。 でもいまも歌っていますよ。人気なのでチケットはいまでもなかなか手に入りません。」

 


「あらそうなんですか。」

------------------------------------------------------------

「銀座といえばね、私子供の頃は浅草に住んでいたけど、近所にはたくさん芸者さんがいたの。」

 


「あぁ、いいですね」

 


「三味線のお稽古を家の窓から頬杖ついて聞いていたら、一緒に銀座行く?と聞かれて、よろこんで行ったのよ。
銀座ではケーキいる?と聞かれて買ってくれた。
家に帰って母に、銀座土産に買ってもらったケーキを渡すと、芸者さんと銀座に出かけるだけでも大変なことなのに
ケーキまで買っていただくなんてと驚いていたのよ。」

 


「当時はケーキなんて高級だったでしょうね。」

 


「母も、おいしかったみたい。芸者さんが「パパさん」という言葉を言っていた。
私なんのことかわからなくて母に聞いたの。
そうしたら「そんなことは子供は知らなくて良い」と教えてくれなかった。」

------------------------------------------------------------

「このあたりはね、昔は市電が走っていたし、映画館も多かったのよ。大学が多いから本屋もね。純喫茶もたくさん。」

 


「あったでしょうね。名曲喫茶もありましたか」

 


「あったあった。
いいお店がいっぱいあって、文豪たちのたまり場にもなっていたの。
店の壁には将来の文豪と呼ばれる作家たちの落書きやサインがぎっしり。
でもね、火事で全焼してしまった。もったいなかった。」

「それは残念ですね。
昔はコーヒー一杯注文して何時間も粘ったり、そういう時代ですよね。今では新しくできるものは「喫茶」というより「カフェ」に変わってしまってね。」


「そうなのよね。
知り合いが久しぶりにここに来たとき、カラスがいなくなって町も変わったな、と言っていた。
カラスはときどきいるわよというと、いや、カラスとは学生のことさ。いまも学生はいるけど当時は真っ黒い制服だったからな、と話していた。たしかにそうよね。

------------------------------------------------------------

「浅草に住んでいたとき、小学校の同級生が芸者目指して三味線や踊りなど稽古を受けていたの。
ある日私も付いていっていいということになって、稽古を横で見ていた。
そうしたらその子、三味線がうまく弾けなくて先生に硬い「ばち」で頭を叩かれたのよ。
先生は、私を見て、部屋から出て行きなさいと怒った。
(友達が横にいるから集中できないと思ったんですね)
その後、上手に弾けたみたい。
私、あの子は普通の子供ではないと思ったわ。
だって「ばち」で頭を叩かれても泣かずに稽古しているんだもの。すごいのよ。」

 

「その友達とは会ってます?」

 


「いえぜんぜん。でも浅草に行ってみようかしら・・・。いるはずよ。」

------------------------------------------------------------


「芸者といえばね、こんな思いでもあるの。
お風呂は当時は銭湯に入りに行くでしょう。
子供だった私たちは、行く時間を決めていたのよ。
それはね、芸者さんたちが来る時間に合わせるからなの。
芸者さんが湯船に浸かると、体に塗っていた「練り白粉」がお湯の表面に輪になって浮くの。ぷわーーって。
私たちはその輪を自分の体につけて、脱衣所に行って拭かないで乾くまで待つの。
そうしたらねぇ、体からいい匂いが出るのよ。」

 

 

 

f:id:jkhippie:20191006152913j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152916j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152920j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152924j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152927j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152930j:plain

f:id:jkhippie:20191006152934j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152938j:plain

 

f:id:jkhippie:20191006152941j:plain

 

f:id:jkhippie:20191005082442j:plain

 

ここに引っ越ししてきたけど、Yahoo!ブログの読者さんたちが見に来てくれているかなーと思って『アクセス履歴』をチェックしてみました。

すると、新ヒッピーへのアクセス数はまだまだ少ないのですが、一日1000人近くあるようなので皆様だいたいついて来てくださっているのかな・・・と思います。

いま朝8:30すぎですが今日は今んとこ118。

引き続き過去記事含めよろしくお願いいたします。

 

 

写真は安足間(あんたろま:北海道の愛別町)の水谷商店さん。

昭和11年から続く個人商店で、ジャポニカ学習帳や鉛筆などの文房具、雑貨、食料、衣料品店

しばらく行ってないからもう辞めちゃったかもしれません。

多美子お母さんを車で旭川までお送りしたこともあります。お元気でしょうか。

ぼくとしゃべってくれたすべての方々のご多幸をほんとに願っています。

 

f:id:jkhippie:20191005083423j:plain

 

f:id:jkhippie:20191005083426j:plain

 

f:id:jkhippie:20191005083420j:plain

 

f:id:jkhippie:20191005083430j:plain

 

 

 

 

 

 

思い出のコンテッサ

◆思い出のコンテッサ

北海道旭川市

 

過去記事からの再編集記事。

 

 

旭川で暮していたころ、よく通った喫茶コンテッサ

果物屋の二階にあり、階段をあがり、左手に入口があった。

 

店内に入ると真正面の一番奥に靴下の足だけが見えている。

その席は客席ではあるものの、マスターがひまなときに携帯ラジオで寝っ転がってボーっとするための場所だった。

入ってきたぼくに気が付かず、左右の足をこすり合わせたり、組み替えたり、

寝っ転がって新聞を読んでいるようだ。

椅子のひじ掛けにあげているのか、足と新聞だけが見えている。

 

「あ。いらしやい。」

 

ゆっくりとしたスピードでどっこらしょいと起き上がって、飲み物をつくりにカウンターへ向かった。

コンテッサはもう店を閉じてしまった。

マスターは今も家で寝っ転がってラジオを聴いているのだろうか。

f:id:jkhippie:20191004220117j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004220054j:plain



f:id:jkhippie:20191004220114j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004220057j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004220101j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004220106j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004220110j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004215957j:plain

 

f:id:jkhippie:20191004220138j:plain

 

 

廃業した様子。

果物屋もやっていなかった。

f:id:jkhippie:20191004215950j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20191004215953j:plain

さて、どうしよう。

 

 

本日、Yahoo!ブログに掲載していた4万枚の写真の移行が完了しました。

これで、これからも記事は当面新ブログで閲覧できることになったと思います。

 

さて最大の問題は、たとえば『目次』や『記事に貼った他記事のURL』。

リンク先URLは旧リンクとなっているようで、Yahoo!ブログが消えた後は

たどれなくなるのかな?

そうなるとこれまでの大量の記事を手作業でリンク修正するしか方法がない?

知識ないんで疑問だらけなのですが。

手間かけて修正するのは避けたいけど仕方ないのかな。

 

 

写真は札幌のインフィニ珈琲

f:id:jkhippie:20191003233115j:plain

ご挨拶

Yahoo!ブログをお読みいただいていた皆さま、お帰りなさい。

Yahoo!ブログは閉鎖となりましたが、勉強してなんとかここに家を建てました。

 

このブログは ↓ のURLとなります。

http://www.japan-cafe.com

 

移行作業はまだ途中で、この記事を書いているいま、画像をまさにインポート中。

4万枚のYahoo!ブログ画像のうち、現在2千の移行が完了したところです。

カテゴリーも崩れ、目次も使えず、まだまだ調整にかかりそう。

手作業なので不具合はゆっくり、ゆっくり直します。

どうか気長にお待ちください。

 

今後ともふらりと読みに来てくだされば嬉しいです。

皆さんにとってここがインターネット上の喫茶店になって、ゆっくりくつろいで

いただければと思います。

  

 

2019年9月30日 

復活店主敬白

純喫茶ヒッピー