◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

北海道滝川市の建物。

滝川市はぼくが好きな年代の建物が普通に見かけられるのでこのブログにも何度か登場しているのですが

本日もまた新たな物件の紹介です。

近いうちまた続編掲載予定。

 

 

 

保育所の建物。玄関部分の庇や建物のカラーリングがたまりません。

60-70年代の竣工かな。

保育所というか、「旧」滝川市立泉保育所でしょうか。

f:id:jkhippie:20200426100638j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200426100645j:plain

 

 

 

こういうふうにババーンと突き出した庇が大好き!

f:id:jkhippie:20200426100652j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200426100657j:plain

 

 

 さてこちらも保育所のあたりにあって、さっきバスに乗りながら見かけたので近寄ってみた。

場所は「北電公園」という広ーい公園。北電=北海道電力のことだけど、もともと電力会社の残灰置き場とのことです。

もう入れなくなった「開基百年記念塔」がいまも堂々と立ってますが現在は入れません。

建設は1991年のバブル期に3億円以上かけたけど10年もたず閉館しました。

 

f:id:jkhippie:20200426100703j:plain

 

 

 

もう少し近づいてみたけどスニーカーだったんで残雪に断念。

f:id:jkhippie:20200426100708j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200426100721j:plain

 

 

 

公園のコンクリゲート

f:id:jkhippie:20200426100728j:plain

 

 

 

付近の住宅

屋根が北海道だなー

f:id:jkhippie:20200426100715j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200426101339j:plain

 

 

 

北海道独自コンビニのハマナスクラブです。セイコーマートグループ。

f:id:jkhippie:20200426101342j:plain

 

 

 

 

これも民家だけど重厚でカッコいい。

f:id:jkhippie:20200426101347j:plain

 

 

 

カッコいい!

この窓、もしハメゴロシのように見えるけどたぶん開くんだよね。

せっかくのベランダだもんね。

f:id:jkhippie:20200426101352j:plain

f:id:jkhippie:20200426101356j:plain

 

 

 

 

滝川市内でよくみかけるゴミ置き場。

f:id:jkhippie:20200426101400j:plain

 

COFFEE ルビアン

COFFEE ルビアン

北海道滝川市本町3丁目1-18

 

 

 

滝川市のルビアンに寄りました。

お店についての詳しいことは下に貼ったリンクから過去記事をご覧ください。

この日はエスプレッソ。

f:id:jkhippie:20200425191247j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200425191302j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200425191317j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200425191331j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425191356j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200425191404j:plain

 

 

 

◆ルビアン過去記事◆

 

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

 

 

広島市の街並み

広島市の街並み、気になった建物を撮りました。

#有名じゃないけどカッコいい建物

 

 

 

飲み屋街のキンピカライオンビル(正式名称見てない)

f:id:jkhippie:20200425122124j:plain

 

 

 

祭りのあとのような、ひっそりした朝の飲み屋街を歩くのが好き

f:id:jkhippie:20200425122130j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122137j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122144j:plain

 

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122150j:plain

 

 

 

手前のガラスブロックのビルや奥の階段状マンション。

正弁丹吾というのは魚料理の店(お値段高そうで近づけない)

f:id:jkhippie:20200425122155j:plain

 

 

 

広島中心部の歩道橋はこのように螺旋階段つきが多い

f:id:jkhippie:20200425122201j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122206j:plain

f:id:jkhippie:20200425122213j:plain

 

 

 

左側の白い窓部分をみると1960-70年くらいのビルという想像ができる

f:id:jkhippie:20200425122219j:plain

 

 

 

いい景色

f:id:jkhippie:20200425122227j:plain

 

 

ん!?   道路をまたいで橋?ゲート?がある。

f:id:jkhippie:20200425122235j:plain

 

 

古いマンションではなさそうだけど上の方だけギリシャ神殿みたいだ

f:id:jkhippie:20200425122241j:plain

 

 

 

広島マンホール

f:id:jkhippie:20200425122247j:plain

 

 

 

八角形窓のビル

f:id:jkhippie:20200425122253j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122300j:plain

 

 

 

よくみると武骨だけどよいビル

f:id:jkhippie:20200425122307j:plain

 

 

 

測定機器の会社だけに時計つきの「ジッタ」という看板が素晴らしい

f:id:jkhippie:20200425122313j:plain

 

 

 

巨大煙突が壁沿いに上まで伸びているビル。

よくみたら一階に焼き肉屋がはいっていた。なるほど都心部で煙を出す焼き肉屋をやるのはなかなか大変そうだ。

f:id:jkhippie:20200425122319j:plain

 

 

 

なにこの青!?

f:id:jkhippie:20200425122324j:plain

 

 

 

平和大通りでみかけた巨大モニュメント。

広島市医師会の原爆殉職碑「祈りの手」とのこと(1960年8月建立と記されていた)。

この時代のカッコいいビルにも似た渋さを感じる。

わかにくにいけど二羽のハトも置かれているのだ。 合掌

f:id:jkhippie:20200425122329j:plain

f:id:jkhippie:20200425122336j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200425122356j:plain

 

 

 

寄れなかったけど、てらにし珈琲店という喫茶があった

f:id:jkhippie:20200425122413j:plain

 

 

 

宿泊した宿の窓から、ひろしま国際ホテルの回転レストランを眺める

f:id:jkhippie:20200425122403j:plain

 

 

パルコの洗練さよ。

f:id:jkhippie:20200425122408j:plain

 

 

 

市内マンションだらけだ。

f:id:jkhippie:20200425122436j:plain

 

 

 

結婚式場パルテ

f:id:jkhippie:20200425122419j:plain

f:id:jkhippie:20200425122425j:plain

 

 

 

 

これは中区宝町でみた建物

f:id:jkhippie:20200425122430j:plain

 

 

 

そごう広島店。

f:id:jkhippie:20200425122446j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200425122457j:plain

 

 

 

 

メーターだらけ

f:id:jkhippie:20200425122502j:plain

 

 

おしまい

カフェ モンク

カフェ モンク

広島県広島市中区三川町8-29

 

 

広島空港に着陸して、ホテルに荷物を預け、外をブラブラしていると

広島の飲み屋街近くにこんな長屋建築があった。

f:id:jkhippie:20200423202049j:plain

 

 

こういう建物は好きなので気にしながら歩いていると、バーのような喫茶のような店が目に留まった。

f:id:jkhippie:20200423202054j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202117j:plain

 

 

 Monk?

f:id:jkhippie:20200423202224j:plain

 

 

 

このとき、「雰囲気良いけど、もしかしたら最近のお洒落カフェなのかもしれない」と思って入店をためらったのだ。ためらったことをあとで後悔した。そんな自分の眼力の無さというか、ステレオタイプの思い込みというか、がっかりした。

だって、こんな本格的な喫茶店にはそうそう出会えないから。

もし入店をためらったまま通り過ぎたていら、自分の珈琲経験値はいまより確実に低かっただろう。

 

f:id:jkhippie:20200423202128j:plain

 

 

あちこちしゃれている

f:id:jkhippie:20200423202238j:plain

 

 

 

バッハとコーヒー? コーヒー・カンタータのことだろうか。

きっと意味があるのだろう。

f:id:jkhippie:20200423202232j:plain

 

 

 

先客は無し。

奥ではきちっとスーツを着用した私より年上のマスターが仕事をしていた。

f:id:jkhippie:20200423202159j:plain

 

 

とても良い雰囲気。とても、落ち着く。

f:id:jkhippie:20200423202142j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202136j:plain

 

 

衝撃のコーヒー。

メニューは選びきれないほどあり、マスターにおすすめをお願いした。

たしかBunee Dane Xaa'oっていうもの。

このようなコーヒーは熊本のアロー以来で、ぼくが今まで飲んだ旨いコーヒー

の上位5杯に入る。

f:id:jkhippie:20200423202123j:plain

 

 

 

 お客はほかにいなかったのでしばらくマスターとお話ができた。

マスターが書いたコーヒーに関する論文をお借りし、背中をまるめて読んでいるとあとで一式をくださった。

「ジャパンロースト」という表現で綴られた文章は、例えれば『考珈学』ともいえるレベルのもの。

気温などの成長背景、地域の文化的背景など、珈琲豆の複雑な成り立ちにまで配慮し

、コーヒー豆が「なりたい」と思うコーヒーを淹れているのだ。

f:id:jkhippie:20200423202206j:plain

 

 ここでいったんドアを開け外で数分空気を吸った。

 店先の植物の葉っぱに一粒の水滴。

マスターはたとえばこういう細かなことに気が付いて珈琲を淹れることができる人だろうと思う。

f:id:jkhippie:20200423202105j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202147j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202216j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202153j:plain

 

 

 素敵な古い写真があった。

「ここから先にはいっては行けないよ」等、マスターの言葉をきちんと理解する猫ちゃんだったという。

後ろ姿か、こっちを向いている写真なのかは書かないのでマスターに聞いてください。

f:id:jkhippie:20200423202110j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200423202058j:plain

 

 

 

 マスターおすすめで別なものを淹れてもらった。

f:id:jkhippie:20200423202248j:plain

喫茶 こゝろ

喫茶 こゝろ

広島県広島市西区天満町16-8

 

 

走行する路面電車の窓から見えた喫茶。

これだから車内ではうかうか寝てられない。

下車して訪問。

 

鎧戸と植物の鮮やかな緑がとても好き。

f:id:jkhippie:20200422112726j:plain

 

 

店名からし夏目金之助さんの作品がお好きなんでしょうか

ぼくもけっこう読みましたよ

f:id:jkhippie:20200422112731j:plain

 

 

 

大きな白いテントに縦書きで店名とはなかなかオシャレさんだ

f:id:jkhippie:20200422112737j:plain

 

 

 

よくみたら外壁が素晴らしい

f:id:jkhippie:20200422112749j:plain

 

 

 

店内。

ママさんが常連さんとお話ししていた。内容は秘密。

このチェアカバーは手作りなのかな。

円いクッションとのコンビネーションはチェアの存在感を目立たせています。

f:id:jkhippie:20200422112721j:plain

 

 

 

とりあえず新聞読みつつ一服

f:id:jkhippie:20200422112800j:plain

 

 

高そうなカップです

落ち着く・・・

f:id:jkhippie:20200422112805j:plain

 

 

 

店内ではステンドグラスやカーテンなどが日の光に照らされてる

f:id:jkhippie:20200422112754j:plain

 

 

 

電車沿いの喫茶店って、いいもんですね。行ってよかった。

f:id:jkhippie:20200422112811j:plain

 

パオン昭月

パオン昭月

東京都世田谷区駒沢2-18-11

 

f:id:jkhippie:20200420084629j:plain

 

1946(昭和21)年に創業したパン屋さん。

ここは「生クリームあんぱん」がとくに人気とのことで食べてみたいと思ったが「もう売り切れちゃってごめんなさい」と店主の執行さんが申し訳なさそうに言ってくれた。

生クリームと餡・・・このパン食べたことないから想像だけど、札幌の北欧パンの「ようかんちゃん」みたいな感じかな・・・。だったら絶対旨いよなぁ。

 

 

とはいってもぼくの最大の興味はこの風貌。

ほんとうにすごいたたずまい。

ベージュの超大型テントと英文字。日本一カッコいいパン屋じゃない!?

f:id:jkhippie:20200420084649j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200420084655j:plain

 

 

大きなブリキ人形が気になる。昔札幌にあった喫茶北地蔵を思いだす。

f:id:jkhippie:20200420084742j:plain

 

 

 

 

店主の執行さんアンパンマン を放送する日本テレビから『ジャムおじさん代理人』として認められている(店内に証明書が掲示されていた)。さらに窓の外に向かってたくさんのアンパンマンぬいぐるみが並べてある。

f:id:jkhippie:20200420084703j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200420084644j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200420084726j:plain

 

店内の照明器具も昭和。喫茶店みたい。

 

f:id:jkhippie:20200420084731j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200420084720j:plain

 

 

 

ちなみにパオン昭月の「パオン」とは「くじゃく」のことらしくフランス語で

Paonと書くらしい。袋にも孔雀の絵が描かれているからもらったらチェックしてみてね。

 

 

緻密な豆タイルにも注目

f:id:jkhippie:20200420084736j:plain

 

 

さらに気になる点がもうひとつ。

隣に喫茶店アポロがあるのだ。

訪問時はママさんがいたが定休日で残念賞。

f:id:jkhippie:20200420084715j:plain

 

 

おまけ

近所には古い建物がちらほらあるよ

f:id:jkhippie:20200420084747j:plain

室蘭ユースホステルと 、イタンキ浜と。

室蘭ユースホステルと、 イタンキ浜と。

 北海道室蘭市みゆき町3-12-2

 

 

 

室蘭ユースホステルは北海道建築の父、田上義也氏の1972年の作品として有名です。

エッヂ、斜線が効いたシャープなデザイン。

しかも太平洋を見下ろす丘の上という抜群のロケーションにあり、様々な映画のロケ地となっている。

f:id:jkhippie:20200418203728j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203719j:plain

 

  

 

f:id:jkhippie:20200418203745j:plain

 

 

地方都市の学校みたい

f:id:jkhippie:20200418203757j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203707j:plain

 

 

 吹き抜け部の照明器具

f:id:jkhippie:20200418203802j:plain

 

 

 ノコギリ階段とカラーリングもカッコいい

f:id:jkhippie:20200418203752j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203700j:plain

 

 

 

 眼下にはこんな素晴らしい景気が広がる

f:id:jkhippie:20200418203735j:plain

 

 

  

 イタンキ浜へいってみよう。

f:id:jkhippie:20200418203740j:plain

 

 

 

下の方からユースホステルを見上げる

f:id:jkhippie:20200418203646j:plain

 

 

 到着。

f:id:jkhippie:20200418203640j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203629j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203654j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200418203634j:plain

 

 

 

 山側は工場群

f:id:jkhippie:20200418203623j:plain

 

 

youtu.be

 

 

最高に気持ちよくて天国みたい!

youtu.be

純喫茶まりも 

純喫茶まりも

埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目3-5

 

 

浦和。さすがサッカーの街だ。

f:id:jkhippie:20200417210923j:plain

 

 

純喫茶まりもさんが目的だったんで結局は寄れなかったが、

エビスヤという喫茶があった。

f:id:jkhippie:20200417210927j:plain

 

 

見えてきた『まりも』さん。営業しているようで良かった。

f:id:jkhippie:20200417210904j:plain

 

 

窓ガラスの面積が大きい!

f:id:jkhippie:20200417210909j:plain

 

 

となりは「すずらん」美容室。

喫茶の「まりも」と「すずらん」・・・。

経営者は同じ人できっと"北海道に縁のある人だろう"と思った(外れた)。

f:id:jkhippie:20200417211121j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417211115j:plain

 

 

アイヌエカシ(長老)が毬藻(まりも)を抱いて祈っている看板。

経営者は"北海道に縁のある人だろう"と思った(外れた)。

f:id:jkhippie:20200417211109j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200417211103j:plain

 

 

 

ネットでは見たことがあったが、素晴らしい内装に感激。ぼく幸せ。

f:id:jkhippie:20200417210934j:plain

 

 

チェアが真っ赤なラウンジタイプでとってもキュート。

f:id:jkhippie:20200417211006j:plain

 

 

 

天井も漆喰仕上げや手彫りの梁で手抜かりなし

f:id:jkhippie:20200417210959j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417211051j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417210949j:plain

 

 

赤と緑の世界

f:id:jkhippie:20200417211036j:plain

 

 

鋲打ちが細かく丁寧!

f:id:jkhippie:20200417211031j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417211012j:plain

 

 

 

毬藻がほんとにあった

f:id:jkhippie:20200417211025j:plain

 

 

ほんと凝ってる

f:id:jkhippie:20200417210954j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417210941j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417215411j:plain



 

 

f:id:jkhippie:20200417210915j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200417211045j:plain

 

 

 

レモン

f:id:jkhippie:20200417211018j:plain

 

喫茶 マリン

喫茶 マリン

北海道滝川市泉町1丁目

 

 

 

ためらいますよ、そりゃ。あんなデカ盛り、自信ないもの。

 

あ、窓が変わった。

 

 

f:id:jkhippie:20200414212221j:plain

 

 

竜宮城?のような楽しさに誘われると、デカ盛り天国(地獄)が待っている。

f:id:jkhippie:20200414212242j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200414212259j:plain

 

 

 

「なにも怖くなんかないよ。おいで」とでも言っているようなマット

f:id:jkhippie:20200414212303j:plain

 

 

 

 

今日もいい天気。

f:id:jkhippie:20200414212237j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200414212230j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200414212246j:plain

 

 

 

今回は天丼。

これでも普通の半分の量にしてもらった。

f:id:jkhippie:20200414212251j:plain

 

 

 

デザート

f:id:jkhippie:20200414212255j:plain

 

 

◆2013年

www.japan-cafe.com

スマイルビル

 

JR北海道滝川駅の真ん前の大型商業施設「スマイルビル」。

ここは1986年にオープンした西友滝川店。

滝川駅前はアーケードを含めて「人が歩いていない」状況が深刻。

その一方で郊外にはイオンや家電量販が進出しており、市民は車やバスで集まっている。

このため西友は2003年に閉店、その後、再開発ビルとして「スマイルビル」として再起を図り試行錯誤もむなしく、活気はない。

 

f:id:jkhippie:20200413202608j:plain

 

 

旭川の「三番館」のように市民の川柳作品を掲示し、人の流れをつくろうと努力している。

f:id:jkhippie:20200413202614j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413202619j:plain

 

www.japan-cafe.com

 

 

 

お昼に店内も入ったが、とにかく客がいない。

営業フロアも範囲を限定していた。

アート作品展示などで活気を取り戻す営みもあるが、成功を祈るばかり。

f:id:jkhippie:20200413205524j:plain

 

 

 

裏側の入り口

f:id:jkhippie:20200413202632j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413202642j:plain

 

 

軽食喫茶ルパン。たぶんもうやってないと思う。

f:id:jkhippie:20200413202637j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413202647j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413202625j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413202652j:plain

 

 

 

参考

 

下は「高林デパート」あとに入った三番館(2010年)。(解体)

f:id:jkhippie:20200504142244j:plain

f:id:jkhippie:20200504142239j:plain

 

f:id:jkhippie:20200504142251j:plain

 

f:id:jkhippie:20200504142248j:plain

 

 

春先のJR滝川駅(北海道)にて。

北海道もようやく春らしくなってきたころ、滝川へ。

いまどきの中核駅の駅舎(滝川市:人口4万人)としては珍しく思い切り郷愁を感じさせる滝川駅

30年ほど前までは、北海道の空知(ソラチ)地方の中心は、滝川市民と岩見沢市民が

「うちがソラチの中心だ」とけん制しあっていた。

人口は互いに8万人ほどだったが、滝川市空知支庁があるし、岩見沢市は札幌に近いし、それぞれ主張があったが、現在は滝川市の人口が半減している。

 

 

f:id:jkhippie:20200413210106j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413210126j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413210122j:plain

 

 

 

いい日旅たち・・・これがあの歌のことなら国鉄時代からここにあるキオスク看板ということ。

f:id:jkhippie:20200413210138j:plain

 

 

 

 

 

 

社員専用の橋があった

f:id:jkhippie:20200413210154j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413210147j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200413210143j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200413210115j:plain

 

 

 

これは改札への階段。途中から斜めに延びてて面白い。

f:id:jkhippie:20200413210201j:plain

 

 

 

いい駅。

f:id:jkhippie:20200413210205j:plain

 

喫茶 菊

 

喫茶 菊

札幌市東区北30条東7丁目

 

 

 

9年ぶりのブログ登場は札幌市の喫茶店菊さんです。

東7丁目~東8丁目間を通る北光線(東8丁目篠路通り)に緑色のテント。

『菊』の文字が超かわいい。

 

f:id:jkhippie:20200412111507j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200412111511j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200412111514j:plain

 

 

ブログ9年ぶりなので変化観察します?

下が9年前です。

ウィンドウシールはこのときの花シールがぼくは好きだけど

この店はたまに変えるので今後も楽しみ。

それに以前はペンギンの絵がなかったんだね。

 

f:id:jkhippie:20200412111722j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200412111559j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200412111552j:plain

 

 

入口入ってすぐ左の応接スペースっぽいコーナー。

ここも模様替えされていることがわかると思います。

 

2020年

f:id:jkhippie:20200412111526j:plain

 

2011年

f:id:jkhippie:20200412111732j:plain

 

 

これは現在ね

f:id:jkhippie:20200412111540j:plain

 

 

カウンターは常連さん

f:id:jkhippie:20200412111454j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200412111500j:plain

 

 

コロナ対策もばっちり。

マスクは適正価格で売ってくれます。

f:id:jkhippie:20200412111530j:plain

 

 

f:id:jkhippie:20200412111544j:plain

 

 

 

www.japan-cafe.com

COFFEE HALL くぐつ草

COFFEE HALL くぐつ草

東京都武蔵野市吉祥寺本町1−7−7 島田ビル B1F

 

 

 吉祥寺。

アーケード繁華街に、とても古くからありそうで、でも古臭さはない不思議な喫茶があった。

『くぐつ草』、名前も不思議だ。

ん、値段は看板に出ているが、ぼくには予算オーバー。

でもこの前で頭の中でいろいろ考えて、やはりせっかくなので入ってみることに・・・。どうせ晩飯でも食おうと思ってたのでね。

 

 

f:id:jkhippie:20200329115509j:plain

 

 

 

 カレーにすっか・・・

でも予算上、コーヒーのセットはあきらめよう。自慢の一品らしいから残念だけど先立つものも少ないし。

 

f:id:jkhippie:20200329115523j:plain

 

 

 なんだか芸術的。

f:id:jkhippie:20200329115535j:plain

 

 

 ちょっと見て。

壁じゅうが凹むように膨大な手間かけてつくられてる。

f:id:jkhippie:20200329115540j:plain

 

 

 

ドア上には立体文字で『傀儡』。これは純喫茶ヒッピーならぬヒッピー劇団のことでありました。全国まわる旅ガラスのように芝居をやる人たちです。

この店の歴史は長く、説明書きによると「江戸糸あやつり人形劇団 結城座」の劇団員の手により、昭和54年に開店したとのこと。

f:id:jkhippie:20200329115504j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200329115545j:plain

 

 

 まるで洞窟。釧路の仏蘭西茶館とか坂出の薔薇屋とか、いくつか思い出した。

それにしてもほんとうに手間をかけて作られた店だ。

とくに驚いたのは、木製チェア。

f:id:jkhippie:20200329171100j:plain

 

 

チェアの何に驚いたかというと、たくさんあるチェアのすべての背もたれが違ったデザインでくり抜かれているということ。

f:id:jkhippie:20200329115429j:plain

 

 

 店内すべてのチェアを見て回ったわけではないが、視界から見えるものはすべて違っていた。やるなぁ!

f:id:jkhippie:20200329115425j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200329115434j:plain

 

 

 灰皿もオリジナル。かなり重たい。

f:id:jkhippie:20200329115557j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20200329115552j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20200329115452j:plain

 

 

 

 カレー旨かった。辛めで、ぼくにとってちょうどいい感じ。

もう少し量があれば(;^ω^)・・・。

f:id:jkhippie:20200329171641j:plain

 

 

 

 劇団が作ったというだけあって、というか、全体が芸術作品のようなところだった。

f:id:jkhippie:20200329115439j:plain

 

 

江戸安

 

京成立石駅の周辺は江戸前の寿司屋がけっこうあって、たとえば定番の立ち食い「栄寿司」。

 

f:id:jkhippie:20190420143525j:plain

 

 

 

f:id:jkhippie:20190420160559j:plain

 

今回もここに行こうと店に行くと、ドアは開いたものの

「もう売り切れです」とのこと。むむむ、無念じゃ。

 

というわけで、ほかの店をあたるか。

踏切の反対側は行ったことがないけど探検すると飲み屋とともにいくつかの寿司屋があった。

その中から、値段が表示されている「江戸安」という寿司屋に入ってみることに。

 

f:id:jkhippie:20200125174631j:plain

 

 

店に入ったら、お座敷もカウンターも「ごはん時」なのにほとんどお客はいなかった。

カウンターに座ってお好みでたのんでいるうち、あれよあれよとお客がはいってきていつの間にか満席。

 

お寿司の写真は最初に頼んだタマゴしか撮らなかったけど

いきなり旨かった。

f:id:jkhippie:20200125171644j:plain

 

満腹だし立石駅へ。

 

あ、すみっこぐらし電車だ・・・f:id:jkhippie:20200125181114j:plain

 

ビリヤード・喫茶 ダイヤ

 ビリヤード・喫茶 

ダイヤ

  北海道帯広市西6条南6-4-11

 

 

 

 

本日はウチのブログおなじみの店のひとつ、北海道帯広市のビリヤード喫茶ダイヤさんです。

 

その前にまず、ここも以前ドドンと掲載しましたが、ド昭和飲み屋街の「名門 銀河街」。

 

f:id:jkhippie:20190812201606j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812201651j:plain

 

www.japan-cafe.com

 

 

 おまたせ、ここから本日のメイン、ダイヤさんです。

 

f:id:jkhippie:20190812202314j:plain

 

 

 

 コーラー部分がとっても色褪せて、とってもとってもいい感じ。

f:id:jkhippie:20190812202359j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812202503j:plain

 

 

 

 以前差し上げた看板もまだ使ってくれています。

f:id:jkhippie:20190812202633j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812202641j:plain

 

 

 

 ご期待に沿う昭和度のはじまりはじり (^▽^)/

f:id:jkhippie:20190812202729j:plain

 

 

 

 アイスのみつつビリヤードフロアを眺めて楽しむ。最高~(^_-)-☆

f:id:jkhippie:20190812203413j:plain

 

 

 

 こちらは喫茶部

f:id:jkhippie:20190812203636j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812211936j:plain

 

 

 

 あれ!?

昔はビリヤードの玉を使ったライター台が各テーブルにあったのに

二個しかみあたらないぞ。マスターに聞くと知らないうちに減っちゃったそうで、

客が勝手に気に入った喫茶の備品を持ち帰る(とくにライターや灰皿)パターンだな。

マスター曰く、このライター台の穴にはまる小ぶりのライターがなかなか見つからないそうで、ためしにぼくのを入れてみるとピッタンコ。

差し上げると、その代わりにとってもラブリーなライター三本頂きました。

めっちゃ可愛いぜ。

f:id:jkhippie:20190812204314j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812205819j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812205905j:plain

 

 

 

 東芝の扇風機!

右下のはヒッピーさんが見たいと思って、と、今回特別に初公開してくれました。

f:id:jkhippie:20190812210123j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812210158j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812210417j:plain

 

 

 

 

そしてこっちはなんと昭和50年頃の韓国サムスン扇風機! 

年代が古いと韓国もやはり昭和デザインなんですね。

f:id:jkhippie:20200310210757j:plain

 

f:id:jkhippie:20190812211401j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812210521j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812211010j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812211059j:plain



  

 

f:id:jkhippie:20190812211203j:plain

 

 

 

  

f:id:jkhippie:20190812211528j:plain

 

 

 

 

f:id:jkhippie:20190812211545j:plain

 

 

 

 ところで天井の蛍光管の配列に注目。

きっとこれはビリヤード台の配列に合わせた配置と思って聞くと、正解でした。

ただしこれは昔の配列とのこと。現在はちょっとずれてます。

f:id:jkhippie:20190812211826j:plain

 

 

 

 おみやげにポテチいただきました。これは十勝の生産者還元用なんですよ。

f:id:jkhippie:20190812212204j:plain

 

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com

www.japan-cafe.com