純喫茶ヒッピー

◆昭和から続く喫茶を求め全国放浪。 『純喫茶巡り協会』会長。 喫茶訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 昭和の建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景が好きです。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

2010年05月

(廃館になりました) 川のおもしろ館   白状しますが、私はここのリピーター。     だって・・・・。     ここオリジナルのキャラクターが。癖になるのです。   ホームページで、「リバーランドで遊ぼう」をクリック→「キャラ」をクリック して、キャラごとの説明を見 ...
続きを読む

1979年の4月と7月、『ラジオたんぱ』の大村清さん、知子さんから届いたハガキです。       文面を読むと、まず私がラジオ・オーストラリア日本語放送の人気アナウンサーだった大村清さんに手紙を送ったけど、大村さんは日本に戻って 『ラジオたんぱ』にいて『BCL教室』と ...
続きを読む

中国の北京放送の受信確認書。   もちろん北京から届きました。   日付が記録されていないのが残念ですが1979-80年だと思います。   びっくりしたのは、手紙と綺麗な切り絵を同封してくれていたことです。   中国人ってすごく手先が器用なんだなぁとしきりに感心しました ...
続きを読む

  『ラジオの製作』は、1954年から99年の45年間にわたりラジオ製作の専門誌として人気を博した電波新聞社の月刊誌。             画像は1979年の2月号。 BCL情報に飢えていた私に父が買ってくれたものです。 ほんとは『短波』というBCLユーザー向けの雑誌があった ...
続きを読む

            『初歩のラジオ』(誠文堂新光社)、いまでは考えられないジャンルの本だけど、ロングセラー(1948~1992年)かつ人気の月刊誌でした。   でも当時はラジオやオーディオは最新家電だったから今でいえばi-padやブルーレイとか、そんな位置づけだったで ...
続きを読む

               建築家の倉本龍彦氏の旧自宅が、現在はサッポロ珈琲館の月寒店になっている。 階段はちょうどいい感じでギシギシきしみ、丸みを帯びた階段枠は楽しい。   倉本龍彦氏のつくる住宅はいくつかみたり事務所に行ったこともあるがどれも素晴らしい。   ...
続きを読む

床屋さんのガラスごしにお見合い。     目をそらしたときに写真とらせてもらいました           ...
続きを読む

                            昭和47年創業した東区の名店。     食堂ではなく大衆食堂と謳っているのが嬉しい。     昭和50年代に改築してから店内はほとんどそのままだから昭和の雰囲気がいいなぁ。     『昔はすごく忙しかった』と奥様。     店名 ...
続きを読む