純喫茶ヒッピー

◆昭和から続く喫茶を求め全国放浪。 『純喫茶巡り協会』会長。 喫茶訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 の建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景も得意です。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

2011年01月

先日記事に書いた、昔立ち寄った幻のような喫茶『白い地下』について。   喫茶 ダイヤさんのご主人が覚えていた。   店にあった古い帯広市の地図を持ってきてくださり一緒にページをめくってみると・・・・・。                     この地図は1996年。 ...
続きを読む

              (前回つづき)         最後に、「喫茶ダイヤ」について。   店に入ってまず目に飛び込んでくるのは美しいシーリングライトの数々。   当日たまたま北海道内誌の取材でライターさんがお見えになっていて取材を進めていたものの、照明器具につい ...
続きを読む

                  (前回つづき)   階段をあがるとビリヤード場と喫茶店が併設されています。 現オーナー菅原通彰さんのお父さんがビリヤード業をはじめ、1970年に現在地に移転したのがこの施設。   カラオケやゲーム、ビリヤードといろいろ揃ったいま流行 ...
続きを読む

            北海道帯広市西6条南6-4-11       帯広のビリヤード場。 あまりの居心地の良さに、連日おじゃましてしまいました。       ショウワのオーラが漂うビル。 看板にはビリヤードを撞球(どうきゅう)とも書いています。       玉がモチーフ。イン ...
続きを読む

              Tea Time Friends ラセーヌ 北海道帯広市東一条南11丁目     ドアに小さなカウベルがついていて、開けるとカランコロンと鳴る昔ながらの喫茶店。 テント下部や窓には鉄製のカナモノ装飾が多く、一方店内は籐シェードのシーリングライト、床の柄 ...
続きを読む

デコレーションケーキ。 デコメ。 飾ること。   そしてこれはデコレーション・チャリンコ? 流行りのデコチャリとはベツモノだけど。 帯広の新聞配達のおじちゃんのです。 あれこれ好きなようにくっつけまくったんだな。       帯広市。寒空の中テキパキと新聞を配達す ...
続きを読む

                        北海道帯広市西一条南16-1-2   馬酔木。 馬酔木(あしび)というのは、白い花を鈴なりにつける可愛い木。 ところが馬にだけではなく、食べると毒らしい。 そんな木を店名にした喫茶店。     「珈琲 馬酔木」は小さな一軒家でこの花 ...
続きを読む

先日書いた思い出の喫茶店『白い地下』(帯広市)。 喫茶でもあるが、正確にはバーのような感じだった。   いろんな飲食店が肩を並べていた通りは、駅前の再開発により現在は駐車場になっていた。 近所のカナモノ屋さんの話では、たしかにここにあったそうだ。 ここに、地下 ...
続きを読む

帯広は北海道の中でも旨いものがたくさんあるエリア。   豚丼、お菓子、ワイン、・・・。   そしてこのインデアンのカレーは市民のソウルフード。   頼んだのは一番シンプルで安い「インデアンカレー」。 値段は399円(400円にしてほしかった)。 激辛を食べたけど、辛い ...
続きを読む

駅近くにある立派な喫茶                         一階はラーメンで二階は喫茶 ※追伸  喫茶は2017.3末で閉業しました           飲み屋ビルの1Fの喫茶            スナックとしてもやっている喫茶           ...
続きを読む

帯広の地元デパート「藤丸百貨店」。1982年に建てたとのことだがなかなか斬新なデザインのビル。中はそれほど古い感じではなかった。           藤丸デパート界隈にはこのようなリアルな鹿さんたち(像)が何匹かいる。         これも面白い形。ホテル。 ...
続きを読む

キタミは晴れの日が多いからか札幌や旭川からみると積雪がとても少ない。   ただ・・・・私はスケートは苦手なのだ。     歩道は、転ばないほうがどうかしてるような凍結路面の連続。   車道は案外、舗装か見えていたりする。         こういう平らなとこはスケート ...
続きを読む