純喫茶ヒッピー

昭和って素晴らしい! 昭和ってあったかい! 自分が育った1970年代、昭和中期の文化・デザインがいまだに最高なのさ。 喫茶店やビルなどを中心に写真で記録中。 ほかに公園遊具・ラジカセ・自転車など。

2020年09月

志文駅       電車を岩見沢駅で降りて、志文駅まで歩いた。 途中の景色を楽しみながら、駅に到着したけど、中に入ったのもここから乗車するのも初めて。 近づくと、うわぁと声が漏れてしまうほど魅力的なところだった。 とくにホーム間にかかる木造の橋。 知らなかったな ...
続きを読む

きちでん 北海道岩見沢市志文本町3条5-2-9     志文駅のすぐ近くでみつけた食堂。 完全に一軒家というか民家の食堂です。       食べたのは豆腐ハンバーグ。うまっ。(^^)/       おかしいなあ。 写真もっと撮らせていただいたのにこれしか見当たらない。 (みつか ...
続きを読む

前回の記事のつづき。   JR志文駅に向かっているときの写真です。 突然、廃車たちが目の前に。嬉しい(廃車や放置車はけっこう好き)ですねー。 レビンとかスポーツカーだけど部品どり用なのか、オーナーさんがだんだん劣化していくのを楽しみに眺めているのか不明。     ...
続きを読む

  志文町は1~2年ほど住んでいた町です。 1991~1992年くらいかな。 以前も書いたけど、当時の志文といえばこのような店を思い出します。 岩見沢の喫茶店 - ◆純喫茶ヒッピー◆     ■キャンプ カマボコ納屋の建物で類まれにセンスがよかった。 1990年頃の開店以来とても ...
続きを読む

手稲山口バッタ塚 札幌市手稲区手稲山口324番地308     本日はとても地味な…地味すぎる画像を五枚。   ここは大量のトノサマバッタの墓場なのです。 墓場というか、駆除地、虐殺地。   ぼくは子供の頃の憧れの昆虫といえば、オオヤンマやクワガタムシ、クロアゲハでした ...
続きを読む

  軽食&喫茶 風吹木(フブキ)さん   ここのところ、「開いてるかなー」と思い店の前を通過してもいつもタイミングが悪く開いていなかった。 きょうはダメ元で行ってみようと。 え・・・・開いていた!         風吹木は昔飼ってたネコちゃんの名前だ。     コロナ対 ...
続きを読む

青い橋 北海道札幌市西区西町南21丁目1−1     「青い橋」さんは札幌の北五条手稲通、先日のブログ記事「Mノ沢ハイツ」の向かい側にある喫茶店です。         旨そうなお品書きラインナップが価格付きで掲示されていて、入りやすい。       北一硝子? ペンダ ...
続きを読む

ここは札幌市営地下鉄の北34条駅。 地下鉄の駅といえば交通の要なのですが、地下鉄駅上にある北34条ターミナルビル専門店街(住居と店舗が複合した賃貸ビル)のテナントの撤退と老朽化が進んでいます。 市民からは異世界とも廃墟っぽいとも魔物が住むといわれることもあるほ ...
続きを読む

ケーキのおいしい喫茶店 北都館 札幌市西区 琴似1条3-1-14     西区の北都館さんは1978年開業とのことで、札幌ではベテランの喫茶店です。 そして北都館さんといえばケーキなのですが、訪問したときは残り少なくなっていたので食事に切り替えました。         大きな ...
続きを読む

   本日は知る人は知っている札幌の物件、Mノ沢ハイツです。  1972年に建築された大型の建物で、国道からも放たれる昭和オーラを感じ取れます。                     約三年前には屋上のコンクリートの庇が広範囲に崩落するという事故があった(幸いけが人は ...
続きを読む

  9/3の記事に続き、張碓(ハリウス)ネタです。      実は、現在は極めて通行量が少ないけど、歴史的にとても価値のある橋を見に行った。 でも結論から書くと、訪問したのが今年の夏なので木々が茂っていて橋脚が見えなかった。失敗だね。春先にリベンジだ。     ここ ...
続きを読む

札幌市の西区の発寒(はっさむ)あたりを歩いていた時の4枚の写真です。       さとみBARBAR、辛うじて床屋だったことがわかる素敵な建物。 両サイドが少し張り出しているところなんかとても好き。       札幌市身体障害者福祉センター。 避難すべり台が目を引きます ...
続きを読む

ハリウス珈琲館 北海道小樽市張碓町344     前回に続き張碓(ハリウス)のお店です。 前回は20年近く昔の画像を貼りましたが、今回はつい最近。 同じハリウスなので、近所にあったユーラシア404と同様に海の景色を楽しめる店です。 このブログの趣旨である「純喫茶」の ...
続きを読む

ユーラシア404     張碓にあった伝説のカフェ。 張碓は「ハリウス」と読みます。 ここは札幌から向かうと小樽の入り口あたりで、海はもう間近にある。 だから景色がとてもロマンティックで、そうなると自然と色々な施設がつくられることになります。 その中でも特に傑作な ...
続きを読む