純喫茶ヒッピー

◆昭和から続く喫茶を求め全国放浪。 『純喫茶巡り協会』会長。 喫茶訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 の建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景も得意です。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

2021年03月

純喫茶わらび、『閉店1周年』記念。ここの閉店は以前の「喫茶ミカド」と同様、「残念」という言葉を1000回言っても足りないほど悲しかったので、「閉店記念」というのはヘンかもしれませんが・・・、一周忌と書くのもヘンだしこのような表現にしています。ちょうど1年前の20 ...
続きを読む

今日の出来事。フクロウと鶴とカニ。①本日3月28日、家のすぐ近くに「鶴」が飛来。②ぼくの部屋にふくろうのオブジェを設置本物の鳥の羽根(食用などになった子)で再構築されたものらしい。本体は発泡スチロールかな。③魚屋さんで毛ガニ。観光客はこの5倍の値段の店で買 ...
続きを読む

芦別市郊外の街並み◆頼城町にて。芦別駅まで約9km、かつては三井芦別鉄道(旧三井鉱山芦別専用鉄道)の「頼城駅」があった街です。駅といっても乗客を乗せたのは1972年までで(石炭と乗客の混合列車)、それから1989年(平成元年ですね)に全線廃止になりました。以前は賑わ ...
続きを読む

今日の記事は写真二枚だけです。札幌市都心部とも言える桑園にこんな古民家があるとは知りませんでした。大きな道からちょっと奥まったところにある昭和30年くらいと思われる家屋。二軒長屋、年季の下見板、腰折れな屋根、ほんと貴重だ。南向きの二階屋根からはとても大きな ...
続きを読む

お食事の店 まる玉食堂北海道札幌市南区南33条西10丁目2の32札幌市南区藻岩下、みゆき通り。自分にとっては、ふる里そのもの、日本一思い入れのある場所。以前も藻岩下の記事を書いていますが、この辺一帯は小学生時代に隅から隅まで遊んだり自転車で駆けまわったりしたので ...
続きを読む

芸術のような放置車にうっとり。芦別市の郊外をドライブしているとき、ふとわき道に入ってみた。橋からの景色が爽快だ。このまま通過できる道なのかもわからぬまま少し不安に進む。しばらくすると、思いがけずこんな風景が飛び込んできた。放置車だ。ナンバーも当然無くなっ ...
続きを読む

街のオアシス「湯めらんど」、閉店まであと3日。北海道札幌市 白石区菊水元町5条3丁目 今回はもうすぐ閉店するスーパー銭湯に来ています。3/20閉館は去年から告知されていましたチョイナチョイナ正直いうと、この珍スポット的手書きマークがなければぼくは来ていなかったと ...
続きを読む

スペースアポロ in 北海道よく行く顔なじみのスーパーで。ん、なにこれ。  スペースアポロ!?  幻の激レアなの!?聞いたことないぞ。買うしかないべ。 日本が見える地球からアポロが飛び立った様子を描くロマンあるパッケージスーペースアポロとは、とある芸人さんが幼い ...
続きを読む

coffee 東(あづま) 北海道札幌市中央区大通西1丁目 第2有楽ビルB2F今日は2021年1月3日。まだお正月三が日です。今年の喫茶初詣はcoffee 東さんへ。去年はコロナで喫茶訪問激減してしまったけど、今年はどうなるのかなぁ。天井からぶら下がるこの看板、ほんとにカッコ ...
続きを読む

青い池、白ひげの滝、神の子池、モネの池、コバルトブルーの美しい水たちよ~。撮影;2020年11月8日ほか◆「白ひげの滝」早いもので11月になると北海道の山岳部は雪化粧で白く輝きます。ここは北海道・美瑛の白金地区。美しい景色に癒されに来ました。しかもここは昔から「白 ...
続きを読む

実家とのお別れ今日は個人的な記録用の記事なのです。だからみなさんはつまらんと思うので先に言っとく。実は、昭和52年にサラリーマンの親が社宅団地を出て新築した家を遂に解体することになったので、お別れに行ったのだ。外観も各部屋にもやはり思い出が詰まってて、なん ...
続きを読む

芦別市だぞ 街風景41枚。芦別市についてはこれまでも、「北の都芦別 宿泊レポ」「芦別駅」「芦別 道の駅」など、記事を書いてきました。下のリンクがそれ。 芦別駅前 パチンコギンザいろいろと話題を聞くアシントンホテルさん。名前はワシントンとアシベツをかけあわせた ...
続きを読む

おもちゃと人形のはた今日はここのお話です。  場所はJR岩見沢駅からすぐ!そんな駅前で昭和へのタイムスリップができちゃうのだ。店舗外観は2015年の訪問時に撮った写真です。建物上部に杭打ちされた大きな文字板が超ステキ。2013年の訪問時の写真も載せておきますね。最新 ...
続きを読む