純喫茶ヒッピー ~1980年から喫茶巡り

◆昭和探しの全国放浪ブログ◆ 『純喫茶巡り協会』会長。 1980年から喫茶巡り40年以上、訪問は5000店を軽く超えるが 正確な数は自分でもよくわかっていない。 建造物、公園遊具、大衆食堂、看板など、昭和が残る風景の記録。 ◆出版、取材のご連絡はこちらへ。 8080hippie@gmail.com

カテゴリ: 純喫茶 北海道 

喫茶 万里加北海道岩内郡岩内町栄179−2岩内町の喫茶万里加に寄った。「万」「里」「加」と一文字づつキューブになっていて、字体もグッとくる。松尾ジンギスカンが同じ建物にあり、経営は共通のようだ。松尾ジンギスカンを経営する株式会社マツオのロゴ。岩内町の店舗 ...
続きを読む

日本海オロロンラインを走行、羽幌に到着。羽幌町のチューリップ街灯。かわいいな。道の駅 ほっと♡はぼろ内にあったコレ。地域を盛り上げるオロロンむすめだよ。羽幌マンホール。蓋にはオロロン鳥(ウミガラス)が。町中心部の様子。こういう起伏もあったりする。スナック。 ...
続きを読む

珈琲軽食 貞廣北海道砂川市東1条北2-1-192021年9月29日に閉店した喫茶貞廣。自宅の札幌から遠いとはいえ、定期的に訪問していた愛すべき喫茶店だ。閉店の5日前、9/24に最後の訪問をした、その写真。◆喫茶貞廣に関するこれまでのブログ記事はたくさんあります。    ↓  ...
続きを読む

街の灯台喫茶ファロ北海道江別市野幌町36−12  2019年にオープンした新しい喫茶を紹介します。令和時代の正統派純喫茶の形と言えるでしょう。場所は野幌駅前。『街の灯台』という言葉に若いオーナーのビジョンが感じられます。ターンテーブルではレコードが回転し、リ ...
続きを読む

喫茶ペエジ。北海道札幌市北区北22条西9丁目1−3明日紹介予定の、『街の灯台 喫茶ファロ』と同様、令和時代の正統派純喫茶といえる喫茶店がオープンしました。店名は、ペイジ。なるほど店内には古書がたくさんありました。テーブルに置いてあるのはぼくのメガネですが ...
続きを読む

長橋十字街(小樽市) 小樽市内の大きめの交差点名称の特徴として、『十字街』という呼び方がある。(花園十字街、入船十字街、天神十字街、稲穂十字街、新光町十字街、長橋十字街、奥沢十字街、朝里十字街、稲北十字街など)個人的には交差点「〇条〇丁目交差点」という ...
続きを読む

喫茶りら北海道札幌市中央区北4条西4丁目札幌駅前にありながら、めちゃくちゃ穴場の店。ぐっとくる字体大衆食堂と喫茶と居酒屋がミックスされた感じだ■2013年のりら     ...
続きを読む

MARUMI COFFEE STAND NAKAJIMA PARK 中島公園店北海道札幌市中央区南14条西6丁目5 KCメープルコート札幌市内に4店舗を展開する丸美珈琲店のショップのひとつで、コーヒースタンドだけあって珈琲の旨さはもちろん、ワッフルやカフェラテも評判の店。中島公園、護国神社 ...
続きを読む

珈琲舎 人生の途中 (たびのとちゅう)岩見沢市朝日町134 ぼくは昔、三井グリーンランドの近くに住んでいたし、美流渡(みると)、万字(まんじ)など、岩見沢近郊には思い出深い土地も多いのです。「人生の途中」というカフェがその美流渡の手前にあって、車を寄せてみま ...
続きを読む

河合珈琲 ゲストハウス YASUBE 「新通市場」にあるゲストハウス(ホステル)&カフェ。新通市場といえば昭和の頃はお店がぎゅうぎゅう。非常に栄えていた通りで、ここに出店するのはまず無理という場所だった。現在は・・・さみしい限り。河合珈琲はそんな通りにある、ハン ...
続きを読む

パールマリーブ洋菓子店北海道小樽市錦町11−3パールマリーブは小樽に古くからあるケーキ屋さんで、茶色い壁にブルーテントの装飾が固定されていて目を引きます。ショーケースには20種ほどのケーキが並び、どれもほんとうにおいしい。ケーキの評価をできるほど詳しくは ...
続きを読む

珈琲館 バロン北海道札幌市中央区大通東2丁目松村ビル地下1階(バスセンター前駅5番出口)今回はあまり文字書かないけど、令和の札幌にいまだ現役の奇跡のような喫茶店があるので改めてご覧ください。※一番下に過去訪問記があります。松村ビルの地下。このビルは私、中学生 ...
続きを読む

コーヒーハウス ミルク北海道札幌市東区北二十条東1-2-41 前田ビル 1Fミルク。1974年から時が止まっているかのような店内。中島みゆきの曲「ミルク32」のモデルであり、札幌のバンド関係ならたいてい知っている「スタジオミルク」も経営している。サカナクション、野 ...
続きを読む

札幌新倉屋 本店北海道札幌市中央区南2条西6丁目 狸小路6丁目団子とアイスコーヒーでくつろいだ。ところであんこの塗り方に注目。これは「山型一刀流」という二代目が発案したオリジナル秘儀。ナイフで一気に盛る方法で、見た目にも洒落てる。◆2014年記事◆    ...
続きを読む

COFFEE JAZZFree-Lance小樽市色内2-9-5美しい花と緑、木材の味わいに包まれた小樽の一軒家ジャズ喫茶 フリーランスさん。ジャズなどのライブも時々開催されて、知り合いが出演したりもしていたので自分も足を運んだことがある。1985年から続く店なので、ほぼ37年経ち、建物 ...
続きを読む