◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

昭和喫茶で飲む絶品のコーヒー、7店。

数え切れないほどの喫茶店の放浪をして、「こりゃ旨いや・・・」と思わずうなった喫茶店を七つだけ紹介します。

 

 

 

◆珈琲専科 レーベン

 

北海道旭川市

真っ赤なカップで飲むダッチコーヒーは、熟成されたワインのような香り。

コーヒーを飲んで驚いて目がまん丸になったのは初めての経験だった。

現在、もともとのマスターは高齢のためあまり店に来ないが、味はちゃんと引き継がれている。

f:id:jkhippie:20191025220403j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025220414j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025220420j:plain

 

30年以上エージングされた豆もたくさん在庫している。

f:id:jkhippie:20191025221315j:plain



◆ビーブラウン

 

北海道旭川市

ここで以前『カルモシモサカ』という豆のコーヒーを飲んで本当に病みつきになった。

そのブラジルの農場はやめてしまって既に飲むことはできないが、ビーブラウンのコーヒーはしっかりおいしい。

f:id:jkhippie:20191025221408j:plain

そしてもうひとつ、「ビーブラウンカレー」は極上。

f:id:jkhippie:20191025221413j:plain

 

 

 

◆コーヒー 貞廣

 

北海道砂川市。

独自の焙煎で「非常に香ばしい」コーヒーを淹れる店。

90歳になってもなお焙煎を研究していたマスターは残念ながら亡くなってしまったが、ママさんが味を引き継いでいる。

f:id:jkhippie:20191025222021j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025222015j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025222028j:plain

 

 

◆珈琲専科 パイン館

 

北海道札幌市。閉店。

ストレートコーヒーも、アイリッシュコーヒーなどアレンジコーヒーも

何を頼んでもぶれなく旨かった。

f:id:jkhippie:20191025222517j:plain

f:id:jkhippie:20191025222524j:plain

f:id:jkhippie:20191025222528j:plain

f:id:jkhippie:20191025222536j:plain

 

 

 

◆CAFE DE ランブル

 

東京都銀座。

1948年創業。関口一郎氏が作り上げた究極のコーヒー。

あの香は店を出たあとでも、何時間も口内に残っていた。

 

f:id:jkhippie:20191025222851j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025222857j:plain

 

 

コーヒーショップ 伊吹

 

大阪市

狭い室内と小さなテーブル&チェア。

灰皿はなく床にタバコをおとす。

濃く、ガツンとくる味だった。

f:id:jkhippie:20191025224822j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025224828j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025224814j:plain

 

 

 

◆珈琲アロー

熊本市

超浅煎りのコーヒーを飲める貴重な店。

カップの底が見えるほど透明度は高いが、しっかりとした味で度肝を抜かれた。

 

f:id:jkhippie:20191025225531j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025225536j:plain

 

f:id:jkhippie:20191025225541j:plain