◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

space1-15再び

札幌中心部のマンョン、 space1-15に昨日また行った。
 
週末限定ショップだというのに前回は月曜日に訪問。
 
たまたま「ラヂオ研究室」 さんは見れたけど  その他は謎のまんまだったので
 
今度は曜日を間違えず、しっかり土曜日に行ったさ。  
 
イメージ 1
 
 
といいつつ、今度は時間を間違えた。
 
午前中早く着きすぎたため   またしてもあまり開店していない。
 
こういう不便さがかえって魅力なんだよ。 
 
自分にそう言い聞かせていると、「闇月創房」さんのご主人とマンション入口で遭遇。
 
フロアガイドのパネルを外に置きにきているところだった。
 
このご主人は、年代が私に近いので、話が合う。
 
古い物のデザインの魅力について、話が合う人と話していると、
 
小学生の頃自分が何にはまっていたか思い出す。
 
 
・BCLラジオ、ラジカセを買うために新聞配達をしていた
デコチャリ(ウインカーや速度メーターのついた派手な自転車)にはまった
・牛乳瓶のキャップをひたすら集めた
・切手を集めた
・プラモデル作りまくった
・怖い爺ちゃん店員のいる駄菓子屋に通ってた
仮面ライダーカード、アルバムを集めた
 
 
 
 
 
 
 
闇月創房さんには職人センスが光る商品が並んでいる。
真空管を用いたカード立て、真鍮を使ったアクセサリー小物など。
 
イメージ 2
 
 
 
魅惑のネオン管システム。  まるで布地のようなやわらかい明り。
※ラヂオ研究室作成
 
イメージ 3
 
 
真空管ってほんとに美しいんだ
 
イメージ 7
 
 
 
3階にあったブックカフェでコーヒー。
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
最高にクールなアンプで鳴るジャズ。
壁掛け式。機械むき出し式。真空管式。
※これもラヂオ研究室作成
 
イメージ 6
 
 
 
 
このビルは、女子客が圧倒的多数とのこと。
一人で来る男性客はいないらしい。
来てもカップル。
男性諸君、我に続け。