◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

中原中也さん

 
中原中也さんは、もちろんミュージシャンではないけど、
この「大好きなミュージシャン」コーナーに掲載します。
 
私が一番好きな詩人です。
ゆっくり  じっくり  読んでると
くらっときます。 くらっと。
読む年月や時刻を変えて読み直すと、
あたらしい発見も出てきて また くらっとなります。
意味や理由や色や音が見えてきて、はぁー 、となるわけです。
 


一つのメルヘン   ~ 作品集 『在りし日の歌』より
 
 
 
 
秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があって、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射しているのでありました。
陽といっても、まるで珪石か何かのようで、
非常な個体の粉末のようで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもいるのでした。
さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでいてくっきりとした
影を落としているのでした。
やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもいなかった川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました……