◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

茶房 森彦 (札幌)

 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1998年頃からよく利用しているお店(開店は1996)。
 
 
初期の頃は、場所が人目につかないし、知る人ぞ知る存在で、
ゆっくりと深炒りのコーヒーを楽しみながら、ただただボーとしてたり、読書をしたり、文字を書いたりしていた。
 
 
オーナーである市川さんの取り揃えた骨董は、店自体は昭和からやっているわけではないが、もともと大変古い一軒家とよく溶け込んでいる。
 
いまでは、コーヒーのうまさ、隠れ家的な存在感、小洒落たレトロ空間でかなりの人気店となっており、個人的には落ち着かないこともある。
 
 
先月も幾度かうまいコーヒーをすすっていたが、お客の質はちょっと落ちたなぁと感じてしまった。
いろいろな本で紹介されたから いろいろなタイプの人が来るようになった。 
森彦は森彦であまり変わっていないのにな。
仕方がないけどね。
 
 
 
営業時間が延びて二号店もできたし頑張りすぎのような気もするが。
 
ここは隣の敷地にある馬頭観音のようにいつまでも、しずかに佇んでいて
欲しい場所です。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 2000年頃の写真
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 

【森彦 / 関連記事 2014年】