◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

う月食堂/北海道札幌市

イメージ 10
 
 
 
狸小路で腹減ったら、頭の中には ふたつの案が浮かぶ。
 
東のあそこにしよか、西のこっちにしよか。
 
 
その片方が 『う月食堂』さん。
もうひとつは、また行った時に書くとして。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
大衆食堂として開店したのは昭和30年。
 
55年前。
 
 
店内も料理もおおむね、当時のまんま。
狸小路で昭和から続いている食堂はもうここだけだという。
 
 
イメージ 6
 
 
腹減ったので『おまかせ定食』を二代目主人の東さんにオーダーさせていただく。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
料理が届くまでの時間は 店内を眺めていればあっという間。
  
 
いつもこの場所に ダッコちゃん人形のようなものあり。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
燦然と輝く、『おまかせ定食』の短冊。
ハヤシライスも気になるが。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 4
 
 
 
ビクターのステレオラジカセから流れるニュース。
 
お料理様のご到着。
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
うまいです。
 
こういう食事をすると、正しい暮らしをしているような気がする。
 
 
そういえば、店名の『う月』とは旧暦の『卯月』のことかな。
 
だとしたら、ちょうどいまの季節。
 
また行こう。
 
 
 【関連記事】2014.8

 
2016.3 一時休業から店舗面積縮小にて営業再開3/6。
イメージ 11
 
 
右側の室内が店舗として利用
イメージ 12
 
 
 
2016.3.13
ビニールシートの方は他店舗が入る予定で工事中
イメージ 13
 
 
 
 
 
う月さんはこの狭いスペースになりました
イメージ 14
 
 
 
 
 
でもちゃんと復活!  これからもつつがなき旅を!
イメージ 15
 
 
 
 
 
ほんとによかった・・・
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
チャーハンで一服
イメージ 18
 
 
 
 
 
ところでこんなこと知ってる人はいませんが、う月食堂は純喫茶でした。
昭和10年頃に純喫茶マロニエとして開業し、その後食堂に転身したんです。
 
下の地図は昭和20年くらいのものですが、現在のう月食堂は「平和軒」という別の人がやっている食堂。
そのとなりに「りんどう」って名前のバーと、さらに二軒となりに「マロニエ」、つまり先代の東さんが営む喫茶店がありました。
和田義雄氏の『札幌喫茶界昭和史』には、「マロニエ狸小路七丁目、東秀一の経営、戦争をくぐりぬけた生き残り組。場末ながら食事もあるというので、まずは繁盛した店」、との記述あり。
 
また、「これらの人々は、<(喫茶)組合がわれわれにどんな利益をもたらすだろう>ではなく<我々は組合の名のもとに、いま、何をすべきか>と、真剣に考え、勇敢に立ち上がった人々だったのだ」とか「しかしまた細々とこの世界に、踏みとどまろうとする、悲壮な決意の人もあった。その数わずかに九軒、白十字、ルンバ、舗道、ニシムラ、ダンテ、セコンド、暁、マロニエポラリス」との記述もあります。
 
さて、地図をみますとさらに右には別の喫茶店もありますね。
ちなみにその向かい、現在も看板が残る「平和ビリヤード」は「昭和ビリヤード」、現在の名曲喫茶ウィーンは山県薬局。札幌の老舗ウィーンがオープンするのはこの地図の約14年後です。 
『札幌喫茶界昭和史』には記述がありませんでしたが六丁目には「白ばら」という純喫茶もありました。
戦争が勃発した激動の時代ですが、戦争を除けばとてもいい時代です。


 
イメージ 19



2018年のレポート