◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

レコードプレーヤー パイオニア PL-50L

現在愛用しているレコードプレーヤーをご紹介。
 
 
私の場合は、パイオニアのPL-50Lというもの。
 
 
<PIONEER  PL-50L>
1980年当時85,000円(カートリッジ ※簡単にうとレコード針の部分 は別)
イメージ 1
 
 
 
 
 
この上位機種にPL-70があり、概観はほぼ似ていたが値段もすごかった
<PIONEER  PL-70> 1980年 150,000円
イメージ 2
 
 
さらにパイオニアは超高級ブランドとしてEXCLUSIVEシリーズを出しており、レコードプレーヤーの最高機種はP3a。
EXCLUSIVEシリーズのカタログは今も持っていますが、カタログ自体にも高級感がぷんぷん漂っている。
もちろんPLシリーズのカタログも保管しています。
 
 
<EXCLUSIVE  P3a> 1980年頃で650,000円
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
私のPL-50Lはとにかく、音がどうのこうの以前に、鏡面のように磨かれたキャビネットが雰囲気満点で、30年経過した今もまるで新品のように輝いている。
 
イメージ 3
 
マーブルエボニー仕上げの天然木(だから一台一台木目が違う)と4層積層のソリッドボードを組合わせた高密度キャビネットは15Kgの重量があり、超低域の無駄な共振を防ぐとともに音の解像度が飛び切り良いのです。
 
 
 
 
ターンテーブルの回転は極めて静かな上、正確で、ワウフラッターは0.023%(WRMS/JS)。
これはクォーツPLL DCサーボモーターをダイレクトドライブ式で駆動させている賜物。
 
 
 
非常に大切に使っているので、透明のクリアカバーにも傷らしい傷は無く
ちょっとした自慢。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
まったく故障はせず、これはいいものを買ったですわ。
 
 
 
ちなみに初めて所有したプレーヤーは親が買ってくれたヤマハのこれ。
斬新なデザインでかっこよかったな。
 
<YAMAHA P-550>  1980年頃 39,800円  ※持っていたのはブラック
イメージ 8
 
 
ヤマハの最高機種はこれだった。
 
<YAMAHA PX-1> 480,000円 
イメージ 9