◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

ギャラリー喫茶 ルル/旭川市

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
「赤い看板」と「ひさし」、店名がたまらぬ魅力。
 
イメージ 2
 
看板は誰のデザインかわからないが、黒岳とロープウェーが、描かれており、字体もアーティスティックでこれは傑作だと思う。
 
イメージ 3
 
 
店名はなんとも詩的で、現代詩朗読者や文学者の集まりそうな処だと最初は思っていたが、ここは「画廊喫茶」。
 
「画廊喫茶」といえば、札幌の「コージーコーナー1号店」(1955年創業)の伝説を思い出すが、ここも「ギャラリー喫茶」と名打っているだけに、展示会は年間プログラムに沿って常に開催されており(月に二回の個展など)、ちゃんとした展示室が用意されている。
 
創業は今から33年前の1977年だが、最近は新しいママさん(この店の常連だった方)が切盛りしており、帰り際には大抵、「気をつけてー」と声をかけてくれる。 
店のシステムや雰囲気は昔のまま。
 
イメージ 5
 
店内にはクラシックが流れ、カレーやナポリタンなどの軽食も可能。
布ドリップでおとすコーヒーも350円とかなり安い。
また、朝は7時30分頃からやっておりモーニングセットがおすすめだ。
 
イメージ 4
 
 
帰り際。
 
「実は、店名には漢字があるんですよ」と教えてくれた。
 
『縷縷』(または『縷々』)。
 
これは、「細く長く途切れることなく続くさま」 の意味なのであった。
 

2017.3
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
<関連記事>