◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

珈琲専科レーベン/北海道旭川市

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 (札幌にも店舗あります)

 
   
イメージ 9
 
 
 
 
自分はコーヒーが大好き。
 
茶店の本をかけるほど、札幌、旭川、北海道以外、いろいろな店でいただいて来た。有名店から看板も無いようなところまで。
 
でも、ここより旨いコーヒーがあるなら教えて欲しい。
 
よくコーヒーを飲み、豆を買いに行く私の本命。
 
長い歳月エージングさせた豆でしか味わえない珈琲どうぞ。 
 
 
 
 
 
 
珈琲へのマスターの熱意が伝わる入り口
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
店はしっとりと暗めで落ち着く
 
イメージ 15
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
コーヒーに関する資料が豊富
イメージ 11
 
 
 
 
ダッチコーヒー(水出しコーヒー)
イメージ 12
 
 
 
 
ここに来たら、これを飲んでみて。
ダッチコーヒー。
 
 
マスターによって「9~10年間」ねかせた豆を使用し
これを一滴一滴 10時間をかけて水でおとし
ポットにたまったらさらに10日以上冷蔵でねかす。
赤い小さなカップのコーヒーはそういうコーヒー。
 
 
 
 
イメージ 6
 
味は、ワインのように芳醇。
 
量は少ないけど、少しづつ味わいながらだと丁度いい具合になる。
 
 
 
 
 
 
そして、時々買っている、ものすごい豆を紹介。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
ご覧のとおり、この店に1984年入荷した生豆『三井ヨシオカ』、
 
実に26年間も寝かされているオールドビーンズ。
 
普通の豆は、密封して空気が入らないようにし、冷蔵庫などで保管。
 
でも本当に品質の良い豆は、『生きている』ので、炭酸ガスをだしたり呼吸しているため袋は密閉せず常温で保存する。
 
これは生豆なので、部屋に戻ってから自分で焙煎するのも楽しみのひとつ。
 
 
まだ少しお店にあると思います、ぜひお試しを。
 
あと、この店の『ゴールデンシリーズ』の豆も極上(ダッチコーヒーに使われている豆で15年ほど経っている)。
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
<オマケ>
 
罰金の割りに良心的な料金・・・