◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

種田菓子店/北海道旭川市

残念です。
 
 
古き良き建築がまもなく無くなる(建て替えに近い大規模な改築)と聞いて、お店に向かいました。店のおばあちゃんが昔の話をたくさん話してくれたり、外観を撮らせてもらったり。
 
 
イメージ 1
 
場所は、旭川のど真ん中、札幌から車で旭川に入るとこの店の赤いひさしが運転席からよく見えて、「あー、旭川着いた」と感じたものでした。
 
 
 
 
 
 
<虫メガネマークをクリックでちょっと拡大表示します>
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
大正生まれのとっても素敵で優しいお母さん、そして現在のご主人によると、20年くらい経った旅館をここに移動したのが昭和元年(1926年)。
昭和2年から煙草、パンなどの商売を始め、以来『カンコンカンコン』という建物を治す大工さんの音を聞きながら85年くらいが経った。
だから建物は100年ほど(!)になるとのこと。
 
あちこちと補修を重ね続けてきたが、ほんとにもう限界。
基礎まで劣化しているらしく危険なこともあり、やむをえなく全面リニューアルを決断。
これはもう、仕方ありませんよね。
 
でも、ここのご主人は今時のビルではなく今のイメージを残せるようにリニューアルできれば、と話されていました。
新しくなっても、おいしい手作りケーキ、宝くじ、煙草などはそのままだと思うので、みんなで大いに利用しましょう。
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
<たばこのタイル>
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
<交差点の対岸から見た店舗>
交通量がとても多い交差点です
イメージ 7