◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

札幌 地下鉄北12条~18条界隈の魅力

この周辺には北海道大学があり、古き良き店がたくさんあります。
 
 
1970年代には、かつて『タマキ』という画廊喫茶や、『ドルフィン』、『ふれっぷ館』という名喫茶が界隈に集中していた。
 
 
たったコーヒー一杯しか頼まないで、一日中粘って滞在した時代です。
 
 
 
ちょっと歩いてみましょうか。
 
 
 
古い喫茶店はもうほとんどなくなっているけど、この建物が目をひきます。
 
いまでは珍しい、炭の専門店
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
そして名店、 『大衆中華 珍萬』さん。
 
イメージ 2
 
 
 
お、あの煙突は『千歳湯』。今日もケロリン桶が活躍していることでしょう。
レンガ煙突と昭和の市場的な建物が歴史を物語っています。
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 4
 
でも、入り口に行くとなんと改装の知らせが。
一部変わってしまうのかな。
イメージ 8
 
 
 
そしてクライマックスはこのお店。
こんな昭和的なお店はめったにあるものじゃありません。
イメージ 9
 
 
 
金具や軒下も素敵です。
イメージ 10
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
『電報』の看板なんて、日本にいくつ残っているだろう。
 
イメージ 12
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
ここの電話ボックスよく見てください。
中に「木」はえて、枯れてます。
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
ほかにも、古本屋、山用具屋など、たくさんありますので皆さんも散策してみてはいかがでしょうか。