◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

喫茶 可呼利呼/新ひだか町静内

イメージ 1   喫茶  カコリコ
 可呼利呼
   日高郡新ひだか町静内本町2丁目2-2


 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
いやはや、静内という町は喫茶の小さな宝箱だ。
 
静内の喫茶といえば、昨日掲載した『セブン』にすっかり浸かってしまった私だが、
今度は『カコリコ』なる店に出会う。静内で一番お気に入りの店となった。
 
店構えは、羽幌町の『ガロ』、士別市の『ぐれえす』同様、完全に一目ぼれ級。
店の名前には、魔性さえ感じてしまう。
(なぜその名前になったかは、良い理由があるのだが一応書かない。)
 
この店では、新聞も雑誌も読まず、店主の元気な奥さまとひたすら長話をしてしまった。コーヒーはもちろん飲んだが味など覚えていない(笑)。
 
 
 
 
 
イメージ 4
黄色と赤のガラスブロックと淡いグリーンの壁。
四隅がアールの大きな窓には『可呼利呼』のカッティングシートが貼られている。
 
 
 
 
イメージ 5
カタカナで表示されると、ココリコ?と読んでしまいそうにもなるが。
この看板もシンプルで好き。
 
 
 
 
 
イメージ 6
格好いい。
 
 
 
 
 
イメージ 7
開店当初からのシュガーポットとサイフォンの設備。
 
 
 
 
 
イメージ 8
カコリコスペシャブレンド・・・。
 
アール状の厨房の入口にぶら下がるボンボリ暖簾が可愛い。
 
 
 
 
 
イメージ 9
カウンターまわり。
天井と照明器具の創作的な設計は現代でも古さはまったく感じない。
 
 
 
イメージ 10
 
 
次の記事に続く