◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

珈琲オリオール/東京都大田区

イメージ 1   
 
 
 
東京都大田区羽田5-9-1


 
 
イメージ 2
 
 
京急羽田空港穴守稲荷駅で知人と待ち合わせていた。
待ち合わせよりちょっと遅れて到着し改札を出ると、公衆電話で私に電話をしようとしている彼らを発見。双方とも遅れていたようだ。
 
おやおや やあやあ久しぶり、まずは喫茶店にでも行きましょうということになり、彼が『気になっていた』というお店を案内してもらった。
 
店では近所の常連さんたちのグループが話しに花を咲かせている。
しばらくして店がちょっと落ち着いたので、あ そうだマッチってあるのかなと思い聞いてみた。
それがきっかけとなり、今まで寡黙にコーヒーを淹れていたマスターがカウンターに座り、いつからか映画の話となった。
「最近の映画は見ていないが」と断りをいれるものの、マスターの映画に対する想いはアツアツのエスプレッソのようだ。そしてかっこ良い。
店内には奥様と思われる方もいて、なんというか、ここは大変良い喫茶であった。
 
ついしん。
 
ここのコーヒーはネルドリップで淹れ、おいしい。
偽り無く、かなりおいしいが、マスターは「おいしく淹れた覚えはない」と言い切る。
おもしろい。
 
さらについしん。
 
過去のドラマ「スチュワーデス物語」の頃は、撮影関係者がよく訪れていたそうだ。
そう、ここは羽田である。
 
もっと ついしん。 
 
店名はエリザベス女王の馬の名らしい。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
実はこの看板が、「人」に見えて仕方なかった。
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
入り口近くの椅子には常連さんたちが、ついさっきまで団欒していた。
 
 
 
 
 
イメージ 9
カウンターに飲みかけのレスカ。 その向こうにはキャラバンコーヒー缶が赤く揃う。
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
カウンターに腰掛けて、「映画」をアツク語ってくれた渋くカッコいいマスター。
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
今となっては、なかなかお目にかかれない「ウェットナプキン」がテーブルに届けられた。
イラストも秀逸。