◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

カフェ・ド・ランブル/東京都中央区

珈琲だけの店
カフェ・ド・ランブル
東京都中央区銀座8丁目10-15


 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
ほとんど満員の店内だったが、たまたまカウンターに案内される。
 
一杯の珈琲が客に出されるまでまさに目の前で観察できるため、これは幸運だった。
 
カウンター内のスタッフたちは一秒一秒真剣。
 
一杯のコーヒーを淹れるためにこれほど真剣にやっている店は他にあるだろうか。
 
客は客で技を盗もうとしているし、会話もほとんどせず一口づつ味わっている。私も似たような感じだ。
 
店内にはランブルのすべてを造りあげた創業者のマスター(関口一郎さん)が座っていた。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
頼んだのは1200~1300円くらいの一杯。
値は張るが、あの味はいまでも思い出すことができる。
珈琲はネルドリップで淹れられるが、感心したのは使用しているポット。注ぐお湯の方向と量を非常にコントロールしやすいように見えた。
このポットを脇を締めて体に密着させるように右手で持ち、左手は 挽いたコーヒーを入れた"ろか器"を円を描きながら揺らして、細く細くコントロールされた湯を受け止めはじめる。
湯の温度管理や落とす湯量の変化も見事で、まさに名人芸だった。