◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

くろんぼ/静岡県熱海市~ダッコちゃん人形の記憶

スナック 喫茶
くろんぼ
静岡県熱海市咲見町3-1

 
 
イメージ 1
 
 
 
喫茶「くろんぼ」は一階と地階にあり、それぞれ姉妹がやっている。
今回は地階の店を利用した。
 
昼に一度店に行ったのだが、夜にまた改めて来ますと話しておいたのでママが温かく迎えてくれた。
ママは花が好きで各所に見事に活けてあり、粋な人柄だ。
旭川の喫茶「なん」のママを思い出した。
 
 
店名の謂われは、昭和40年すぎに流行した「ダッコちゃん」人形らしい。
この人形は昔、家にあった。
ソフトビニールで出来た人形は棒状のものに抱きつけるような腕になっていたんで、流行のピーク時は外出時に腕とかにつかまらせて出かけるのが人気だった。
空気が抜けるとみっともないので、後頭部の吹き込み口から空気を入れてつねにパンパンに膨らませていた記憶がある。
目の部分は見る角度によってウィンクしてくれるようになってて、当時のカバヤ ジューCのフタの部分も見る角度によって絵柄が変わり、こういうものは私のお気に入りだった。
 
 
10年ほど前にタカラから再発売されたが、黒人差別が意識されてさまざまな色が登場し、雰囲気も変わってしまった。
「ダッコちゃん」はやはり、真っ黒で、ぶ厚くて真っ赤な唇じゃないと「ダッコちゃん」ではないのだ。もともと差別的意識なんてもっておらず、ただ可愛いということで皆買っていたと思うしね。
 
そういえばこの人形の類は、札幌での私の大好き喫茶店「ミカド」や狸小路の食堂「う月食堂」に今でも飾ってある。
「う月食堂」のは元祖のものではなく、ミカドのは元祖のものだ。
 
 
 
 
サイフォンコーヒーをいただいて、ママや連れとなんやかんや話をして、宿に戻った。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10