◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

天友会と天下茶屋商店会。喫茶セブン。

 
 
電車を北天下茶屋駅で降りたとたんに、『純喫茶コーヒールンバ
に吸い込まれた私だが、ここに来たのは『ナカノ』と『チロル』というサテンが
気になっていたからである。
 
店を出ると、すぐに素敵なお菓子屋さんが。
昭和な佇まいの店も良いが、二階の出窓のあたりの造りが面白い。
奥様が店先でかたづけをしていたんでちょいと立ち話を。
イメージ 1
 
 
 
 
この店から踏み切りを越えると、今度は天友会という商店街。
 
ミニサイズだが素晴らしい雰囲気の通り道。
よく「昭和にタイムスリップ」という表現があるが、まさにそれで、一番良いのは
小さな子供たちが元気に遊ぶ姿。高い声が楽しく響いている。
そんな中、孫の手をひくおばあちゃんや、子供の手をひく若い夫婦などが通り過ぎる。
 
たとえ目当てのサテンがやってなくても、来てみてよかったーと思える光景だ。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
札幌の狸小路とおんなじタイプの街灯。
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
子供が多い理由はこの店にあった。駄菓子や玩具などを売っている店だろうか。
次から次へと子供たちが出入りしていた。
イメージ 6
 
 
さて、目当ての喫茶はすでに通り過ぎている。
喫茶については別記事で書くとして、このまま通り過ぎでみる。
 
 
 
次の写真は、天友会と天下茶屋商店会のつなぎ目の部分。
くだもの屋さんが輝いている。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
残念なことに営業を終えた店のようだが、是非行ってみたかった喫茶セブン。
花のシールが懐かしい。
どんな店主さんがやっていて、どんなチェア、内装だったのだろうか。
ここを利用したことがある人はいませんか?
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
喫茶セブンを過ぎて、アーケードを脱出したところ。
天下茶屋からここまで、とても楽しい道だったので、もう一周してしまった。
 
つぎは、珈琲屋ナカノへ。