◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

カド  季節の生ジュース くるみパン/東京都墨田区

季節の生ジュース くるみパン
カド
東京都墨田区向島2-9-9

 
 
 
イメージ 1
 
 
言問付近、三ツ目通りとやらを歩いていると、友達が ぜんぜん見えなかった・・・と言った。なるほど、晴れていれば嫌でも目に入るはずの東京スカイツリーが近くにあるのに、視界が悪くて姿がほとんど見えていない。ごく下の方、ビルの高さぐらいしか現れていなかったので、もちろん私も気づいていなかった。
 
もしスカイツリーから見下ろせば、地べたにはりついているように見えるであろう向島の町並み。
連れてきてもらったのは、なんとも味わいある佇まいの「カド」というお店だった。
 
 
昭和中期の店を二代目がきちんと受け継ぎ、続けているという印象。
巷の純喫茶は絶滅感やら衰退感が漂うが、カドさんはまだまだ元気にやってくれるだろう。
現店主は初代が作った店の魅力を理解しつつ新たな独自の工夫をくわえているようだ。彼の手書きらしいトールペイントの花柄のテーブルもふたつ並んでいる。
 
 
 
いただいたのは、たいへんボリュウムのある「グラハムパンのサンドウィッチ」と、「活性ジュース」。
ここに着く前には約4キロほど歩いていたため、ちょうど良い休憩をとることができた。
 
なお利用できなかったがこの近隣に純喫茶マリーナさんもあった。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 9
絶滅危惧種の「小ピン」。
目撃できたのは大阪阿倍野の田園という喫茶店以来。
 
 
 
 
 
イメージ 7