◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

黒い靴さんグッバイ

 
<画像は半月前です>
 
イメージ 1
 
 
左の靴の先端が割れてしまった。
右はまだ使えるのにな。
靴を片っぽで使う方法はないですか?
 
 
この靴は、ここ三年間のさまざまな街や喫茶店を知ってる靴です。
一足5000円しない安さなのに、ちょうどいい重さで、底の堅さもよく、大雪山も登ったり、街でも歩きやすい素晴らしい奴でした。見た目も変にガキっぽくなかったし。
TAKEZOという若い世代向けのメーカーで、低価格路線のカジュアルファッション店などで
投げ売りに近い値段で売られているのをよくみかけます。もちろん合皮。
デザイン重視で品質は良くないと思っていたんだけど、この靴に関しては申し分ありませんでした。
同じものがもし売ってたら何足でも欲しい・・・。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 

 
 
そして下の靴は、旭川の丸井さん閉店日に買ったもの。
メーカーはCalzartesって名前の知らん会社。
ところがこの靴、自分にジャストフィット。
こんなにどこまでも歩けそうな感覚の靴ははじめてでございます。
ホイホイホイホイと足が交互に前に進んでしまいます。
底をみると、ビブラム社。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
もし靴に詳しい方がいたら教えてください。
この靴があまりによいので、底が減ったら底だけ張り替えたいとたくらんでいるんですが
新しいこのタイプのビブラムに張り替えってできるもんでしょうか。
昨日、札幌北区にあるこの道40年の靴修理屋さんにこのような質問をしてみたら、
店主のオヤジさんが「ビブラムってのは材質のことなんだよ、メーカーのことじゃない。ビブラム底に貼り替えはできるけど、そういう意味。」
と言い張るので話が進展しなかったんですが、ビブラムってイタリアのメーカーだと30年前から思ってました。
ほら、本物の登山靴の底はビブラムじゃないですか。黄色いマークの。
 
私のはタウン用なので下のような溝のタイプなんですが、張り替えってできないのかな。
 
イメージ 5