◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

パイとケーキ ぴーぷる・ぴーぷ / 北海道札幌市

パイとケーキ
ぴーぷる・ぴーぷ
(PEOPLE・PEAPE   地球)
北海道札幌市中央区南4条西6丁目

 
 
先日、ちょいとupしたところメールでも反響があったので追加掲載します。
 
たぶん、国内で一番個性的で、おいしくて、できあがるまで待たされるアイスパフェ屋さん。
くわしくは、一般的グルメサイトをご覧いただくと様子がわかると思います。
マスター曰く、「札幌で一番回転率悪い店」で、入店すると「待ちますよ」と念を押されます。この日は、開店と同時に入店し、すぐにクリームチーズパフェをオーダーしたけど約90分近く待ってテーブルに届けられました。時間がかかるのは知っているので、まずコーヒーを出してくれるよう頼みます。コーヒーはそんなに待たないんですが、店内禁煙なのでとりあえず外に出てススキノの景色を眺めながらタバコをひとつ一服していると、マスターがドアを開けてコーヒーは置きましたよーと教えてくれました。生クリームがたっぷりです。

さて、クリームチーズパフェは、まぁお客さんの自由ではありますが、混ぜずに5分以内で食べるのが美味しい食べ方と説明してくださいました。
なお、開店と同時に入っても、出来上がるのは注文をした順番ではありません。
その時間帯に店内にいるお客さん全員分を同時に作って、一時間以上かけてほぼ一斉にできあがるのです。
時間はかかりますが、マスターはさぼっているのではなくて、逆に大忙し。常に動き回っていますんで念のため。
ここはとにかく真剣なんですよ、アイスのパフェ作りに。
だからすごくおいしい。
作りたてっておいしいでしょ。
ここのアイスも毎日マスターが5~6時間かけて仕込み、アイスができたら即開店。
新鮮なアイス。絶妙な味付け。こだわりの素材。
ここのパフェを食べに東京から来るひともいるのがうなづけてしまいます。
どのお客も長い時間待って、おいしいおいしいと言って、ちっちゃい変な券をもらって店を出ます。
 
個性的な独特な喫茶店といえば私は「ランプ城」をあげるけど、この店は匹敵あるいはそれ以上の個性を放っています。
 
 
記述が長くなりましたが、札幌も暑くなってきたので、すごく真剣に作られたパフェを食べにでかけてみては?
ただし、せっかちな人、時間がない人、固定観念的な価値観しか受け入れられない人にはお勧めしません。それから風邪ひきさんは治してから行きましょう(風邪の諸症状がある人は入店拒否となるので)。
行ってみて、良かったと感じたら感想を教えてくれると嬉しいです。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
地下フロア。自分は一階のほうが好き。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13