◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

石炭の歴史村/北海道夕張市

石炭の歴史村





マスコットキャラクターの「ゆうちゃん」が、いまも来場客を迎える石炭の歴史村。

遊園地「アドベンチャーファミリー」や「ロボット大科学館」はもう跡形もないけれど、1980年のオープン以来テレビでどんどんかかっていたコマーシャルは今も北海道民の耳に焼きついているはず。

あ、それと、以前は「石炭の歴史村」にほぼ隣接して「花とシネマのドリームランド」という超広大なお花畑があって、映画「サウンドオブミュージック」のジュリー・アンドリュースの巨大な書き割り(巨大張りぼて)が野原を楽しげにはしゃいでいて、'80年代の勢いを象徴していました。
現代ならあんな素敵に無駄なものを設置提案しても、その目的は?投資効果は?とクライアントに断られるでしょう。


さて、久しぶりに入館してみたら、たまたまだとおもうけど広い広い館内は、私の貸切状態。

地下1000メートルの採掘場に降りる、というイメージの「立抗ゲージ(トリッキーなエレベーター)」

で到着するのは、蝋人形たちがならぶ広~い「炭鉱風俗館」。気温がずいぶん下がったようで肌寒いです。

コツコツと自分の歩く足音だけが響いています。さ、寂しい。

そして係員さん一人発見。

写真撮ってブログに載っけるのはいいですか、と聞くと

どんどん宣伝してくださいとのこと。

手渡されたヘルメットをかぶり、懐中電灯で暗い採掘場を歩きます。寂しい・・・。

蝋人形にそっと話しかけてみたりもます。

お客さん、今日はなんでいないんだ・・・。誰か来て。



イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9




イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12




イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15




イメージ 16




イメージ 17




イメージ 18







※旅行の記録におすすめ♪