◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

CAFE バップ/北海道函館市

CAFE バップ

北海道函館市新川町9-14



私は'70年代に函館に住んでいたので昔の函館のことは少し語れる資格はあるものの、
同じ'70に五稜郭(ゴリョウカク)で開店したジャズ喫茶『BOP』については素人も同然。

なにしろ当時私は幼くて、喫茶店など存在さえも知らないハナタレ小僧。
(コーヒーは飲めないくせに、クリープはスプーンで食べていた。汗)
昼は家にまで入ってくる野良猫のチャコと遊び、夕方は豆腐屋のラッパの音が響くと砂利道を走って買いに行き、晩飯は「またクジラの肉か」と思い、夜には蚊帳の中で寝ていた。
うちの玄関の下駄箱の中に、いつの間にか乞食が隠れていて、ドアを開けた母ちゃんがたいそうびっくりしていたのもこの頃だった。



脱線しちゃいました。

さて、『BOP』はJBL社のスピーカーでパラゴンという名機を鳴らしていたのに火事で焼失。
多くのジャズファンに惜しまれつつ閉店したのだけど、現在はCAFEバップとして移転営業している。ちなみにこの場所は喫茶DUKEの跡で、でもDUKEの看板は建物にまだ残っているので外観はちょっとややこしい(DUKEも移転しています)。
詳しい経緯などはこの店のファンの方々がたくさん紹介しているようなので探してみてください。

なにはともあれ、当時に比べると少し大人になった私は夜も遅くにジャズ聞きながら
ブラックコーヒーを静かに飲むのであった。中身はあんまり成長してないけど。

イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3



全国の店のファンから届いた手紙の山
イメージ 4




イメージ 5



ホットコーヒーで一服です。
イメージ 6