◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

お菓子の家福茶とJAZZを楽しむ店MUU/北海道北見市

お菓子の家福茶
JAZZを楽しむ店MUU
 
北海道北見市春光町2丁目155-8

 
 
イメージ 1
 
 
 
私の場合、喫茶ツアーの際は知人友人に「いいとこ知らない?」と電話して聞いたり、
駅前で電話帳をざーっと眺めて、昭和なネーミングの喫茶をメモして
向かったりするのですが、電話帳で「福茶」という名前をみかけて
ちょっと気になり早速足を運んでみると、あーー素晴らしいぞな、
こんな喫茶があったとは。
北海道内では久々の痛快ヒットです。残念なのは、遠くてなかなか伺えないことです。
 
こちらの店は自家製ケーキ屋さん。
でもその奥には・・・なんとジャズ喫茶が。
 
ケーキ+ジャズ喫茶はわたし、初めてのコンビネーション。
しかもマスター(ケーキのほうと同じ方)の優しい男気が素晴らしい。喫茶好きの人にはぜひ行って欲しいなーと思います。たいへん素敵な時間を過ごせました。
北見に行く時は必ず寄りますが、ずっと記憶にも残るでしょうー。
 
 
 
 
風見鶏があるって北海道では珍しいと思います。
イメージ 2
 
 
 
 
 
喫茶MUUは飼い猫ちゃんの名前。マスターは絵心あります。
イメージ 3
 
 
 
 
 
このエントランスがかっこよすぎ…。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
店内側
イメージ 6
 
 
 
 
 
くび長ねこちゃん
イメージ 8
 
 
 
 
 
いいなー
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
マスターはケーキ職人なので白いパティシエのユニフォーム(コック服)を
来てケーキ屋さんにいらっしゃるのですが、私が喫茶に入ったので
もちろんその格好のままカウンターでコーヒーを淹れてくれました。
硬派なジャズとパティシェのコントラスト、アンマッチさが新鮮です。
 
で、照明器具にもパティシェの帽子が。
熱に強い素材なのでちょうどいいようです。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
マスターによる模写だそうです。うまいなー。
イメージ 10
 
 
 
 
 
これもマスター作なのかなー。ねこちゃんが同じ。
イメージ 11
 
 
 
 
 
マスターのジャズの魂はいまもこの店への憧れがあるようです。
陸前高田にあったジョニーというジャズ喫茶。
現在は盛岡で「Jazz&Live 開運橋のジョニー」をされているとのことです。
(陸前高田にも、震災後、前妻によりジョニーが復活しています)
 
 
マスターが聞かせてくれた伝説のレコード、『海を見ていたジョニー』。熱心なジャズファンたちが探している名盤らしく、貴重品。
そして、五木寛之の小説、『海を見ていたジョニー』。
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
ゆっくりしていたら帰りのバスに乗りそびれてしまった。
周辺には待てる場所もないのでまた店に戻るとレモンケーキとコーヒーをそっと出してくれました。
 
イメージ 16