COFFEE ROBIN (珈琲屋ロビン)
愛知県名古屋市中村区寿町36

 
 
DSCF0545


 
 
DSCF0548






DSCF0546





DSCF0547

 
1957年に開店したロビンを経営されているご夫妻(田畑さん)は、父親の後を継ぎもう60年間が経って、現在はともに80歳代とのことです。 

開店が朝4時というのには大変驚いてしまいましたが、周辺は中村遊郭があったエリアなので、いろいろと栄え、朝方まで仕事をされている方が多い(多かった?)のでしょう。

ロビンが大きく掲載された新聞記事をみせていただきましたが、朝三時に起き、亡父の仏壇にコーヒーをあげてから店を開けるのだそう。

絶妙なあうんの呼吸でカウンターに立たれておね、その姿に北海道稚内にある最北の純喫茶「挽香」のご夫妻を思い出しました。


カウンターでコーヒーをいただきながら、田畑さんから故・山之内遼 氏の訃報の件、しみじみと伺いました。


 
ROBINはコマドリの意味。春を告げる鳥です。チェアが赤いのは、コマドリの胸が赤いことと関係があるのでしょうか。

 
 
DSCF0571



 
 
建物の片側は寿司屋。片側がロビン。このため細長い空間。
むかしはもっと狭かったとのことです。
DSCF0568



 
 
 
 
 
DSCF0565
 
 
 
 
DSCF0552





DSCF0561





DSCF0564





DSCF0553





 
同じ冷蔵庫がかわいく並んでいます。
DSCF0567

 
 
 
 
 
DSCF0555






DSCF0557






DSCF0559

 
 
 
 
中日新聞に掲載されたようで、見せていただきました。

DSCF0554

 
 
 
 
 
ディスプレーのミル。
DSCF0569


 
   
空間は途中でカクッと変形しているんですが、そのつなぎ目さえこのように工夫されていて見事です。

DSCF0566

 
 
 
 
 
さて、店を出てどこに向かうか考えていたところ、近所のおばあちゃんが、ほがらかに日向ぼっこをしていて、声をかけられ、しばらくお話しました。
おばあちゃんさよなら、さよなら…お達者で。




DSCF0570


 
DSCF0574