◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

ツル茶ん クラシック/長崎県長崎市

ツル茶ん クラシック
長崎県長崎市魚の町3-15


 
 
ああ、ツルちゃん クラシック。
 
はるばる長崎に来てほんとによかったと感じた店です。
 
 
 
 
上階はアパートになっているノッポな「ツル茶ん」。 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 アイスコーヒーで一服したあと、すばらしい店内の写真をとりたくてお店の方(女性)とお話をしましたが、ちょうどマスターさんもいらっしゃっいました。
川村忠男さんとおっしゃいますが、いや、マスターさんというか、その上の方なのかな。1925年から続くこのツル茶んの二代目(今年で83才)とのこと。初代は川村岳男さんです。
 
北海道の話や音楽芸能の話、コーヒーと喫茶店についてなど、とてもゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。
マスターさんは私の席の近くにすわってニコニコしてお話してくれます。
そして、たいへん明晰で博学だと感動しました。
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
さて、マスターもぼくも場所をカウンターに移り、話を続けます。
 
 マスターに店名の由来をうかがうと、このような話でした。
 「正チャンの冒険」というマンガが流行していた頃(1924)、ツル茶んは開業しました(1925)。
 ボンボリのついた帽子をかぶった主人公の「正チャンの冒険」はとても人気があったので長崎の街にも○○ちゃんという店が多かったそうです。
そこで、「ツルの港にできた最初の喫茶店」の意味で「ツル茶ん」に決定。
ツルというのは鶴のことで、いまでは埋め立てられて形がかわってしまったけど
当時の長崎の港は鶴の形をしていて、県庁のあたりが鶴の喉のあたりだったとのことです。
 
へぇ・・・深いです。
 
イメージ 10
 
 
マスターによりますと、一番古い喫茶店は明治二十一年、上野の「可否茶館」とのことです。ところが時期尚早ということもあり4年ほどで廃業。鄭永慶という創業者は、長崎に縁のある人でした。
 
 
「道頓堀行進曲」という歌の「何でカフエが、忘らりょか」の歌詞を紹介してくれました。
マスターさんは、最近ようやく「カフェ」が「カフェ」として本来の意味を取り戻したと感慨深げ。
ご存知の方も多いと思いますが、戦後になるまで、「カフェ(ー)」とは風俗営業の類でした。最近になって、やっと「カフェ」はコーヒーを飲む場所に位置付けられています。 
 
なお興味深い話はつづきます。
「子供の頃、喫茶店は当時のお年寄りは喫茶店のことをふざけて「きっちゃてん」と呼んでいました」。
「ところが・・・」
「In a little café というドイツのタンゴ、あの日本語訳のレコードを聴いたとき、"ほんとに素敵なキッチャテン"と発音していたんですよ。」
「それに・・・NHK藤山一郎フランク永井の対談で、藤山一郎が「はじめはキッチャテンと呼んでいて、これが普通の読み方だったのでしょうね」
 
いやぁ、ためになります。感動しました。 
 
さらに当時はコーヒー豆を「コヲヒ豆」と読んだらしい。大正~昭和初期の響きですね。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
昭和七年のクリスマスの写真だそうです。
この後、写真の中の関係者の半数以上は戦死しました。
惨い時代です。 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 

最後に、「もうひとつ、ツル茶んがあるので、もしよろしければのぞいてやってください」、とのことで、そのあと行ってみました。
 
 
イメージ 30