◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

COFFEE ルビアン/北海道滝川市

COFFEE ルビアン
北海道滝川市本町3丁目1-18

 
 
 
このゲートの横にある正統派喫茶店
イメージ 1
 
 
 
 
 
これだけ素晴らしい喫茶店がネット上でさえなにも紹介されていないのが不思議になりますが、滝川市のルビアンさんです。
 
 
 
 
肌色、ベージュ系の外観。喫茶の壁としては少数派かも。
ケーキ屋さんや美容院?のようでもあります、斬新。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
素晴らしい外観です。以前は駐車場部分も店内でした。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
喫茶マニアをうならせるエントランス。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
ドアのとっ手もシャープでカッコイーです
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
ドアの店名は立体的なプラシール。字体が筆文字っぽいですね。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
エントランス部分はお洒落なテントが張られています
イメージ 8
 
 
 
では早速入店。
 
 
 
 
レジまわりだって最高な仕上がり
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
レジ上の照明器具。ミッドセンチュリー。
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 当初の入口ドアは左のほうでしたが、初代マスターさんは向かいにあるスーパーマーケットでも喫茶をやっており、結局そのドアをもってきて右側に取り付けたとのこと。ぼくはこの右のドアのほうが断然好みです。
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
レジやカウンターに使用されている青味もたまりません!
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
カウンターの照明器具。ビンテージ。
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 アール壁の幾何学模様・・・。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
当初は、二重天井→アールのついた仕切り壁→床 へとなめらかな曲面アールでつながっており、それはそれはインパクトのある造りだったようです。
評判をききつけた建築・設計関係者が参考に見学にきたり、これから飲食店をはじめようと考えているママさんなども見に来て真似したいと申し出もありました。
今でもなかなかの見栄えだと思うのですが、もっともっと大胆でアバンギャルド、冒険的だったようです。
ちなみに仕切り壁の下の四角いスペースは以前暖炉がありました。
昔はレンガをふんだんに使った重厚さでインパクトを与えていたそうです。
イメージ 21
 
 
 
 
 
当初は薄いパネルはなかったのですが、初代マスターが視覚的立体感をつけたくて板を自分で切り、後付けされたとのこと。もともとは全面壁紙で設計したため大柄を選んだそうです。 
初代マスターというのは現在のマスターのお父上で、デザインや大工に長けていたそうです。 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
ブラケットもやばいかも
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
エアコンかっこいいです。
イメージ 25
 
千葉のゴローのエアコンも忘れられませんが。
岩見沢 かとれあのオーソドックスなタイプも好きです。
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 クラシックを聞きながらコーヒーでいっぷく。
イメージ 26
 
 
マスターは現在のこの店は以前の斬新さからみれば味気なくなったとおっしゃいますが、 いやいや大した喫茶店だと思います。
 僕が滞在したのは一時間ほどでしたが、その間お客はきませんでした。
みなさんに足を運んでほしいです。
 
 
【2015年のレポート】
【2018年のレポート】