◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

エーワン.ベーカリー/秋田県能代市

エーワン.ベーカリー
 
 
 
 
なんとも昭和なたたずまいのパン屋さん。これほどまでは珍しいです。
おもしろい名前だなー。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
うわーすごい。パン カステラ。
これ煙突だと思いましたが、ママさんに聞くと看板らしいです。
建物は昭和24年のものだって!  65年前ですね。
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
店内もタイルやアールガラスなど思い存分タイムスリップできます。
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 写真じゃわからないですがアンドーナツのパッケージ最高。
うまそうでしたが朝は重いかなーと思って、イチゴシャーベットとミソパンにしました。
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
でっかい時計!
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
テーブルで買ったパンを食べよう。朝食。
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
お茶くれました。
イチゴシャーベットのパッケージかわいーです。
イメージ 19
 
 
 
 
女将さん曰く、創業者が「何でも一番が好き」というお方で、アルファベットの一番最初の文字『A』と、数字の『1』とを組み合わせ、『A1(エーワン)ベーカリー』と名付けたとのことです。

北海道から来ましたというと、創業者は当時 函館のキング?ベーカリーに修行に行ったことがあるそうです。

この店がある場所は当時は非常に栄えていたそうです。
 
 
 
A1  TEL 156 と書いてあります。(Eは欠けていますが)
三けたの電話番号でつながった頃の物でしょう。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 訪問時はちょうど業者さんが来て改修をしているところでした。
イメージ 22
 
 

 
エーワンベーカリーのすぐ近くの旧旅館。
ママさんからせっかく教えてもせったので前を通ってみました。
商売はやめて自宅になっているのかな? 立派な家屋ですねー。
イメージ 8
 
 
 

 
旧料亭 金勇
 
ここもエーワンベーカリーのママさんからせっかく教えてもらったので行ってみました。つかの間の「観光モード」。
説明はめんどくさいので下記に貼り付け。
 
<Wikipediaより>
能代市中心部の柳町に所在する。1890年明治23年)に料亭として創業され、1937年昭和12年)に本館が現在の建物に建て替えられた。天然秋田杉などを豊富に使用した建物は、木都として栄えた能代市を代表する歴史的木造建築物として評価され、2000年(平成10年)10月に国の登録有形文化財に登録された。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 

 
JR能代駅 再び
 
 
駅前市場。電車発車までしばらくあるのでここで昼食(弁当)を買いました。
イメージ 23
 
 
 
 
 
 能代駅内
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 駅のホームにこんな庭があって金魚がすいすい。
イメージ 29
 
 
能代では喫茶を見つけられなかったのでどこかに移動することに。