◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

シャモニーモンブラン/広島県広島市


 
 
向かいの食堂のあとにみつけた喫茶。
せっかくなので入ってみることに。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
店名が懐かしいです。
ぼくはティーンエイジャー当時、冒険家の植村直己さんに大変憧れていたので
彼の冒険記を全部読んでいました。
その中でひんぱんに登場したのがシャモニとかモンブランの地名。
植村さんがはじめてシャモニに入ったのは1964年なので、この喫茶店オープンの9年後という計算になります。
ぼくもモンブラン峰が聳えるアルプスの村シャモニやマッターホルンに行きたいと思っているのですが、いまだ実現していません。エベレスト付近には行けましたが。
 
それと、1971年、植村さんが日本徒歩縦断旅行(稚内 宗谷岬→鹿児島の佐多岬)をやったことを知って、ぼくもその12年後に逆コース(スタートは種子島)を1983年に挑戦したんです。その旅では語りつくせぬほどいろんなことを学んで、いろんな人の親切をうけました。放浪の途中で寄った全国の喫茶店のマスター、ママさんにも大変よくしてもらい感動したことが、いわゆる『純喫茶ヒッピー』としての活動、ネーミング原点となっています。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
この路上看板すごいっすね。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
コーヒー飲みながら見上げた景色。マスターの話ではこの大きな絵は、当時若かった絵描きさんがこの場で書き上げたとのことです。この絵描きさんの名前は不明ですが、その後有名になったそうですよ(もう亡くなっています)。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 壁紙と光
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 レジ上部
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 非常階段
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
これは珍しい照明器具ですね。綺麗。
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
鉄の手すりも良い感じ 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
店の向かいにある、「えべっさん」の愛称で親しまれている胡子神社の福種銭を、この時間はもう神社しまっているから・・・とママさんがくれました。嬉しい、ありがとうです。
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
1955年。昭和30年6月のオープンの日の写真とのことです。
イメージ 14