◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

ツノダのスカイランサー TU号/フラッシャー 自転車

 
 
ツンツン ツノダのTU号。
もう無くなりましたが人気の自転車メーカーでした。
ぼくのは40年くらい前の物でしょうか。
 
この車体は、新品のまま店の二階倉庫に残っていたものです。
もらったときは金属部の曇り、ハンドルグリップ欠品、ペダル欠品、パンクでしたが
車体は新品だったため、完璧にしてあげようと頑張りました。
ハンドルグリップは当時物を新品で入手し、ペダルはこの子に合いそうな黒い鉄のペダルを買い、さらに車体すべて念入りに磨くとピッカピカになりました。
長期保管車は新品のままとは言え、長い時間で曇りがつくものです。
いまの自転車屋で売っているものとそん色ない輝きになったと思います。 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
スピードメーターのワイヤーはまだ装着していません。
メーターははずそうかな。
ところでこの自転車は、運転者からの角度で見ると、ややしょぼっとした目(ライト)なのですが、 こうやってちょっと下から見るとキリッとした顔なんだとわかりました。
ウインカーはヤフオクで買ったデッドストック物ですが、ちゃんと点滅していい感じ。シンプルで飽きのこないフラッシャー自転車の完成です。
いやーーかっこいい。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 この撮影会のため前輪の反射板やバックミラーとサドルバッグも一時的に付けました。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
お馬さんこんにちは。
この時代のセンス最高いいですね。自転車に馬ですよ、馬。
颯爽と駆け抜けるイメージが膨らむのです。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
金属部の曇りを取ったあとなのでピカピカになったときの姿。 
イメージ 9
 
 
 
 

 
 
 ロケ地紹介
 
 
札幌市藻岩山スキー場入口・登山道入り口の雪友荘というロッヂ。
ぼくはこの藻岩山の下で昭和47年から生活していたんですが、その頃からあった気がします。
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
YOUTUBEにupされている当時の自転車CM動画。
ツノダのCMは必見です(あの歌が聴ける)。