◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

丸石サイクル ヤングホリデー・パーフェクトチェンジ/フラッシャー自転車

ヤングホリデー・パーフェクトチェンジ
(昭和の純国産ジュニアスポーツ自転車)

 
 丸石自転車・・・。
 
 
小学生の頃には丸石自転車に乗っていたことは何度かブログに書いてきました。
1975年頃に発売されたジャンプ5という、大きなフラッシャーが前後に付いた車種です(24インチ)。
 
この写真の右下の隅っこに、フラッシャー部分が写ってる。
セリカを撮影したので、自転車は間違って写っちゃったんですよね。
でもこの一枚しか残っていません。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
丸石 ジャンプ5  24インチのあとは、フジ コンコルド 26インチ、ミヤタ カリフォルニアロード 27インチ・・・と乗り継いでいきました。
 
 
 
今回紹介するのは久しぶりのその丸石くん。
 
1977年頃に発売された奇天烈な自転車、パーフェクトチェンジです。
 
 
スーパーカーのようなH字型のシフトレバーの操作で、リアサイドBOX内のモーターが稼働し、ワイヤーが引っ張られ、ディレーラーが移動してギアチェンジ完了、という芸当をみせます。
 
実際に乗ってみるとこれが案外スムーズに操作でき、タイムラグも少なく、さほどストレスになりません。不思議~♪
ま、電池がなくなったら変速できなくなるという致命的欠点があるけど。
 
 
 
 
これは新車ですが、いろいろと調整をしてやっと完成し、喜びのお披露目です。
 
オリジナルの新車一式でしたが、フロントとリアのライト部分を別物に取り換えました。オリジナルが案外控えめな外観だったので。
今後もオリジナルに戻したりちょこちょこバージョンアップ(ダウン?)したいですね。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 

 
シフトレバー拡大
 
 
 
いわゆるニュートラの状態はこんな感じ
イメージ 16
 
 
1段
イメージ 21
 
2段
イメージ 17
 
 
3段
イメージ 18
 
 
4段
イメージ 19
 
 
5段
イメージ 20
 
 
シフトレバーを操作するとこのボックス内でワイヤーが操作されディレーラーを引っ張ります
 
イメージ 22
 
 
 
 
オマケ
 
実は最初に装備されていたのはこちらのシフトレバー。
これは飽きのこないグッドデザインなんですが、上のレバーに付け替えています。
そのうち戻すかも。
 
どちらも未使用だけど上のやつはやや古びた雰囲気、下はピカピカくんです。
イメージ 23
 
 
その後  アクセサリー変更バージョン