◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

オークション用追加画像

オークション早期終了について
 
オークションの出品をしたところ、尊敬できる国内のコレクターの方から連絡をいただき、 お譲りさせていただくことになりました。
海外の代行入札業者さんの手に渡らなくてよかったと思います。
 
入札をいただいた方誠に申し訳ございません。
また機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。
 

 
 
「サイクルスポーツ」という自転車専門誌の2013年7月号のフラッシャー自転車特集に掲載されたミヤタ自転車のサリージュニア24。
その名のとおり24インチ専用の車体です。
 
 誌面に「洗練の極み」と表示されているとおり、都会的にデザインされたフラッシャー自転車で、 
車体前後ともにフラッシャー装置が標準装備されていますが、最盛期の超大型フラッシャー装置と比べるとムダのないスマートな設計。
レアな車種だし好きですね。 
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
ヘッドライトはフラッシャー一体型。
雑誌記事と違う点はディスクブレーキではない点と、フロントキャリアの形状でしょうか? 
イメージ 34
 
 
 
自分で分解できるところは分解して磨きました。 
イメージ 1
 
 
 
 
写真のように、細かく見たらそりゃサビはまだ残ってるけど、基本的に35年前(1980年)の自転車。なかなかきれいになったと思います。
でも経年変化も味ですよね。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 ダイナモは新品に交換、ライト点灯OK
イメージ 11
 
 
 
 
 
カギは塗装がちょっとはげているので新品に替えようとも思ったけど
ミヤタロゴつきのオリジナルだからこのまんま残置。 
イメージ 12
 
 
 
 
 ハンドルグリップにもミヤタの文字。 
イメージ 13
 
 
 
 
 
トップチューブのサビ。これ以上除去できなかったけど、
もっと時間かければこういう部分も直せるかも。
イメージ 14
 
 
 
 
 
写真のようにシフトレバーの右側のフタが欠損していましたが
コンディションは良いです。
イメージ 15
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 チェーンカバーは最もひどいサビで、一生懸命やったけどこれが限界
イメージ 20
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 全体的に、ボルト、ネジ、ナットは20か所以上新品交換。
ペダルも交換。
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
後部キャリアのサイドステーは新品に交換(代用品)。
キャリアの清掃はとりあえずこれが限界。
サビというよりメッキが一部落ちています。
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
フラッシャー電池室。まだサビ(腐食?)があります。
時間かければもっと取れるはずだけど、とりあえず今回はもう疲れた。
フラッシャーの動作(音、点滅)は復活しました。 
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 ここの部分に小さなヒビあり。
イメージ 32