◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

純喫茶 長寿/山口県山口市

純喫茶 長寿
山口県山口市小郡下郷明治西1248-41

 
 
2015.4訪問
 
 

これは・・・!
ものすごい良い雰囲気の喫茶店を発見♪
入口は二ヵ所あり、左はお茶屋(お茶っ葉)だし、右は純喫茶という構造です。おもしろいし最高の組み合わせ。
さっそく一服させていただきましょう。


このお店は、おばあちゃんが自分でアイディアを出して、大工に指示して店を完成されたとのことです。
おばあちゃんは花の師範でもあり、茶道に華道、和を極めた方でした。
長寿さんは現在、お茶屋+喫茶店ですが、当時はお花屋をやるかお茶屋かいろいろ考えたそうです。
気が付くとだんだんメニューが増えていき、現在のスタイルに。
喫茶として60年が経ちました。
 
 
意図的に古めかしく造った建物ではこの風格は醸し出せません。
ここは本物でしょう。入店前に早くも胸が高鳴ります。 
イメージ 1
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
外観から想像していたとおり、和の最高品質の材料と技術でつくられた工芸品のような店内。
長い時を経て素晴らしい味わいを見せています。
ただ、今後補修する機会が訪れても、これらと同等の材料を揃えることは至難の業でしょう。
イメージ 10
 
 
 
 
 
さすがです、茶道の手の清めに使われる「つくばい」もありました。
絶え間なく、少量の清流が情緒たっぷりに流れ続けています。
イメージ 11
 
 
 
 
「こいはん」という熱いくず湯にしました。
旨い・・・!この店のメニューのクオリティすごいよ。 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 そっと出してくれるお茶は甘みがあってうますぎ。
  ヒッピー 「うわ!おいしい♪」
  お店の方 「お茶屋ですから♪」
 
昆布茶も淹れてくれました。 玄米入り。
イメージ 13
 
 
 
 
 
若い娘さんが店内を詳しく説明してくれました。店のこと、歴史や家屋、メニューを非常に勉強されており、感服しました。 
イメージ 14
 
 
 

 
この部分は網代壁(あじろかべ)という様式になっていて雰囲気最高。
右の色が濃いのは大変な時間を経過している証拠。
左側はまだ若いですね。
 
編み方は左右とも矢羽根編みという手法です。
イメージ 15
 
 
 
 
葦で組まれた船底天井。
現代日本ではほぼ見れなくなってしまった建築様式です。  
イメージ 16
 
 
 
 
 
 明かりとりの窓もいい感じ。
イメージ 17
 
 
 
 
 
 素材をそのまま活かした箸。
イメージ 18
 
 
 
 
 
 この写真一枚には様々な素材がみられます。やっぱり和様式は良いですね。
イメージ 19
 
 
 
 
 
さいなら、またいつか来たい名店です。
イメージ 20