◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

純喫茶 富 BENZ 103(とみ)/茨城県水戸市

純喫茶   BENZ 103(とみ)
茨城県水戸市泉町2-2-16

 
 
 
今日は富という喫茶店を発見。というか電話帳でチェックしてた店だけど、たしかここ「昭和スポット巡り」で見たことある店です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 これだけベンツを前面に出している喫茶店も珍しいです。
ディーラー並みです。
イメージ 2
 
 
 
 
室内にはタテ目ベンツがありますね。渋いなぁ・・・。 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
とにかくベンツ一貫! 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
ドアガラスが時代を感じさせる逸品です
イメージ 8
 
 
 
 
ドアノブまでマークが。この店、どんなマスター、歴史があるんだろう。 
ただのベンツマニアではなく「昔ディーラーやってた級の歴史」があるようにおもえてなりません。
 
イメージ 7
 
 
 
店に入るとママさんと常連さん。コーヒーを頼んでいただきます。
しばらくするとママさんから話しかけてくださり、いろいろと歴史も教えてもらいました。
そして天井までベンツ仕様でびっくり。ママさんも見上げます。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 一階のほぼ全貌です。半円状のカウンター、すばらしい。
イメージ 10
 
 
 
 
 
 カウンターとチェアの足まわりも完璧です。
イメージ 11
 
 
 
 
 
 オリジナルカップ
イメージ 12
 
 
 
 
 
 灰皿まで・・・。これカッコイイね。
イメージ 13
 
 
 
 
 
 二階もご覧になってとのことだったのでぜひぜひ、と上がります。
イメージ 14
 
 
 
 
 
イベントやサークル活動にも良さそうなスペースでした。
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 フロントグリルとユニークなブラケット。
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
純製ホイールだ・・・ 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 車庫内。これぞまさにベンツ!本物中の本物です。
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
ぼくには縁のない高級品にうっとり・・・。
イメージ 23
 
 
 お聞きしたところによると、オーナーは11年前に亡くなったようです。
このオーナーが話を聞けば聞くほどにすごい方で、地元の高校を卒業後、すぐに遠方の大阪で就職(当時は少数派)、帰郷後は精米機などの機械・工具・バイク販売→水戸市南町で喫茶店 富(昭和62年閉店)→現在の泉町でも喫茶店作って、しばらくの間はふたつの喫茶を平行して営業。
泉町二丁目ではステーキ店「富勝」もやっていました。
さらには剣道の指導、陶芸にも秀でていたというからエネルギーにひたすら脱帽してしまいます。メモをとるのも大変な歴史でした。
 
土信田商会という会社は現在の喫茶富の場所に昭和23年に創業し、茨城県内で最初にバイクを販売したんだそうです。当時は極めて高価だった車種を扱っていたそうで、仕入れの度に写真撮影会をしたり、東京に仕入れに行ってそのまま乗って帰ってきたり、まさに創業者にふさわしくバイタリティと「こだわり」、自由で型破りな発想の持ち主だったようです。
 
 
なるほど、いま自分がいるこの空間のこだわりは、そんなオーナーの哲学のひとつなんだなと感心してコーヒーを飲み干しました。
楽しかったけどそろそろ店を出ましょう、さようなら喫茶ベンツ。
 

 
 
 
さて、店を出てちょっと歩くといきなりこんな塀が。
イメージ 20