◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

純洋酒喫茶 碧空/愛媛県今治市

純洋酒喫茶 碧空
愛媛県今治市北宝来町1-1-48

 
(2014年夏、訪問。)
 
 
 
いい店がありますよ … … 。
 
知人がそう呟きながら 、かつては赤線地帯だった寂しげな路地に入って行った 。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
朽ちかけた家々が密集する異様な一角に 、ふと現れたのは純喫茶ならぬ 『純洋酒喫茶 ・碧空 』 。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
色あせた淡い空色が美しい 『スナック  洋酒・喫茶  碧空 』 の看板。
イメージ 3
 
 
 
 
 
ドアのエンブレムは重厚
イメージ 4
 
 
 
 
 
目の覚めるようなテント。
うう、たとえようがなく静かに興奮中のぼく。
イメージ 5
 
 
 
 
 
風雨に削られ 、背景色に溶け込みつつある看板の文字とは対照的に 、その名が示すビニ ールテントのカラ ーリングは 、目に焼き付いてくるブル ーと 、日の出を思わせるイエロ ーの鮮やかなツ ートン 。
付近の風景からはかなり浮いている 。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
相当な年季を感じる建物には 、色とりどりのタイルが埋め込まれている 。
昔はストーブの下にこういう断熱板を敷いていたよね。
イメージ 7
 
 
 
 
「純洋酒喫茶」というネーミングの自由さがわかりやすい。
碧空とは青空という意味 。
こちらの店名も正式には 「あおぞら 」と読むらしい 。
イメージ 8
 
 
 
 
夜再訪問。ゲートが光っていた。
奥に営業中の看板が見えている。
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
喫茶の表示はあれど 、本来は 「台湾 ・飲茶料理 」の店だった 。
ステーキから飲茶からチャーハンまで何出るある!
 
 
もともと台湾人の先代が 1 9 5 0年 (昭和 2 5年 )に創業 。
今年で 6 6年が経つ 、この界隈きっての老舗だ 。
昭和時代の U F Oチックな照明器具が吊るされたカウンタ ー席に座ると 、目の前に広がるのは妖しい紫ガラスの食器棚 。
なにここ 、最高 … … 。
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 唖然とする美しい色遣い
イメージ 15
 
 
 
 
 
 タイムマシンコクピットのようなテーブル席
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
蒋介石の下で働いていたという先代から店を継いだ 、蝶ネクタイの二代目マスタ ー 、ママさん 、そして地元の常連客と雑談しながら 、激ウマ台湾料理を次から次へ頂いた 。
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 この角度から見ると最高。UFOチックでたまらんよ。
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
常連さんとママさんとおしゃべり 
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
魅惑の紫ピンクに陶酔! 
イメージ 36
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 台湾料理を次々といただく
イメージ 38
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 40
 
 
楽しかった!