◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

Coffee & Snack ぱるふぁん/兵庫県神戸市

Coffee & Snack
ぱるふぁん
神戸市長田区北町2-63

 
 
すみません、以前撮った写真です。
ぱるふぁんは個性的かつ洗練された店舗設計のため、喫茶ファンには有名なんです。
オープンは1976年10月だけど今でも全然古さを感じなく、人によってはかえって未来を感じることでしょう。有楽町の喫茶ストーンのように。
 
 
 
  
イメージ 1
 
 
 
 
 
看板は満月のようにまんまるい。
イメージ 2
 
 
 
 
 
白壁+真っ黒い鉄ドア。
そしてここからトンネルのような、ネジ穴のような店内が始まっています。
豆タイルもいいですね。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 超シンプルさが、たまりません。ドアかっこいい!
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
では店内の様子です
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
三連の巨大照明。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
壁に埋め込まれたパイオニア社のスピーカー。 CS-T5ですね。発売は1977年なので、ぱるふぁんのオープン時からここにあるのでしょう。
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
満月だ。 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
以前ママの香川さんに店について伺ったことがあります。
ぱるふぁんの名前は香水や香りを指すフランス語が由来。
建物はもともと御父さんが開業されていた整形外科で、閉院後建物の一部を利用して喫茶店に改装。
店舗デザインを設計事務所を開いて間もない天藤久雄氏(天藤建築設計事務所)に依頼したところ、地中海の穴倉住居を参考にした独特なぱるふぁんが出来上がったそうです。 なるほど、地中海のマトマタのイメージなんですね。そういえば、釧路市の仏蘭西茶館坂出市珈琲館薔薇屋もそんなイメージがあります。
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
いい写真かも。
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
ぱるふぁんの個性はこのジャイアントテーブルがポイントです。
店員さんが入るスペースが開けられ、そのまわりにぐるっとお客が座るスタイル。
厨房はここではなく、この写真では右奥にあり、客席からは見えないようにできています。
イメージ 20
 
 
 
 
 
モダンなパイプチェアが並びます。
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
ジャイアントテーブル下部と床はこのように凸凹ゴム。
チェアとの相性もばっちり。
イメージ 22
 
 
 
 
 
こういう部分は大事。ここまでこだわっているとは。
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
せっかくなんで僕が休んでるところを撮っていただきました。 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
70'Sな時計。最高・・・。 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
内壁も職人芸。
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 入口をモチーフにしたマッチのイラスト
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
お客さん作と思われる?ぱるふぁん刺繍絵
イメージ 33
 
 
みなさんも是非ぱるふぁんさんへ。
 
 
 
 
外へ。さてこれからどこに行こうかな。
イメージ 34