◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

寒河江市役所/山形県

(直線とトゲ曲線のコラボ建築)

 
 
 
イメージ 1
 
 
 
喫茶に巡り逢えず苦戦した寒河江市
でも、とっておきのサプライズがまっていてくれた。
 
駅前通りを歩いて約10数分、ちょっと奥まった左手にインパクトのある建物があった。
なんじゃあれ!
 
安定感がないというか、一見地震でもくればコロッと下にずり落ちてしまいそうな四角い建物。どうなってんのこれ!?
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
内部も気になったので入口に行ってみた。
時は17:00.
ここは市役所らしいんで、もう入れないかも・・・。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
あ゛!?  直線的な建物に反してまさかの取っ手。
生き物のようだ。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
なんで取っ手だけぐにゃぐにゃしてんだろう・・・とこのときは疑問だった。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
難なく中に入ることができたけど、その瞬間記憶がよみがえった。
これ、いつかネットで見たことのある建物だ。
吹き抜けにぶら下がってるのは岡本太郎氏の作品で、建物は黒川紀章氏という
有名な物件なのだ。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 なにもかも直線で構成された空間に、生き物のようなエネルギッシュに光る照明。その対比は見ていて飽きない。
早速職員さんに、「旅の者で市民じゃないのですが、建物があまりに凄いので入ってしまいました」と告げると、この建物と照明器具などについて書かれたパネルで説明してくれて、「せっかくなので」と消えていた照明器具の電源ヲオンにしてくれた。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 作品は「光る彫刻 生誕」とのこと。
「建物の直線にツノの曲線で対抗させ、産みの苦しみとエネルギーを表現した」ものらしいです。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
加えて感動したのは床のガラスのギミック。
これがいくつもあって、内部下はオレンジに輝いている。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 フロアの模様と相まって本当に素敵。
イメージ 10
 
 
 
役所内に西日が射し、すべてが輝いた。 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
建物内のチェアや木製什器はなんと天童木工。 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
もう閉館の時間となり、セコムの方が来て入口を施錠したので裏口から退庁。 
すると黒川氏の徹底的な直線を味わえた。
イメージ 15
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
これは建物じゃないけど敷地内の古い物置。 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
時間ギリギリだったけど十分味わえた。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
寒河江市に寄ってみた甲斐があったな・・・!
イメージ 24