◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

登米市へ行ってみよう/宮城県

登米市へ行ってみよう/宮城県
 
喫茶タイム~涌谷

 
 
今回の仙台ツアーにでるときに地図を眺めて、仙台周辺都市の「登米市」って行ったことがない街だなって思っていた。
そのあと、仙台市内の喫茶アキバさんに滞在中、常連のお客さんが「登米市」出身だった。しかも、ぼくが登米市に行ってみたいと行ったものだから別の常連さんが登米への行き方を調べてくださった。
それは高速バスで向かう方法。
今思えば車のない人はこの方法しか行き方がない街だった。
素直に高速バスで行けばよかったのだが、そこはあまのじゃく、旅がらすのぼくは別の気ままなルートを思いついた。
 
そのアイディアはこうだ。まず・・・
 
【電車】仙台→小牛田乗り替え→涌谷駅下車   (約1時間)
 
 
地図を見ると涌谷駅からは佐沼街道という大きめの道路が延びており、たぶん
それなりに路線バスがあるはず。
下の地図でいうと、赤の部分をJRで進み、涌谷からは青の部分を路線バスで向かうという作戦。
 
 
ところが涌谷駅前はもちろん、駅から2kmくらい歩いたがそれらしいバス停は発見できず・・・。
町の人に聞くと「バスは町の中を走る循環バスだけだよ」とのこと。
涌谷登米市までは20kmくらいある、さすがに徒歩だと辛い。
あてが外れてしまった。
 
 
そこで結局、涌谷駅に戻り新田という駅で降りてアプローチすることに。
新田からなら登米市は8kmくらいか。最悪二時間歩けば着く。
 
 
イメージ 1
 
 
今日のブログは、そんな涌谷のことを書きます。
 
 
仙台駅から 小牛田乗り換えで到着した涌谷駅
ここに来るまで車窓からは田畑の連続だった。
イメージ 2
 
 
 
 
 
涌谷駅ホーム 
イメージ 3
 
 
 
 
 
なかなか木造の迫力も感じる駅だ
イメージ 4
 
 
 
 
 
駅前の風景。けっこう小規模な町かな。
イメージ 5
 
 
 
 
腹が減ったがここは現役? どちらにせよノレンはかかっていない。 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 むむ。元喫茶? ちがうか・・・。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 いい建物もけっこうあります
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
大きな渡保商店。迫力の木造建築。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
裏側。石造り。
イメージ 10
 
 
 
 
 
涌谷町役場。
イメージ 11
 
 
 
 
 
西庁舎との連結通路部
イメージ 12
 
 
 
おや・・・・!  二階が喫茶っぽい。
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
元時計屋さんで聞き込み。おじいちゃんが出てきてくれ、タイムという喫茶店
現役だとわかった。
イメージ 14
 
 
 
 
 
 でも今日はお休み。
イメージ 15
 
 
 
 
 
 うわーメニューも見えてる。でも今回は残念賞。
誰かここレポートしてくれないかなぁ。ここまでなかなか再訪できないス。
イメージ 16
 
 
 
 
 
古本ではなく中古本
イメージ 17
 
 
 
 
 
一番大きかった交差点です。左前にみえる建物には、はうす茶屋というカフェが。
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
涌谷マンホール
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 屋上に行きたい
イメージ 25
 
 
 
 
 
パチンコだ。
イメージ 26
 
 
 
 
 
外壁が割れて内部が見えてるよ。鳥にとってはいい家?
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
なんだか大きな橋を渡っている・・・このまま登米市まではとても歩けないし
バスもないな・・・
イメージ 33
 
 
 
 
 
城だ・・・
イメージ 34
 
 
 
 
さて・・・・。
次回はこのようなときに突然現れた「パーラー旅」というお店を紹介します。