◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

札幌千秋庵製菓 本店ビル/札幌市

札幌千秋庵製菓 本店ビルの解体
北海道札幌市中央区南3条西3丁目 



北海道の老舗菓子専門店、札幌千秋庵製菓 本店ビルの閉館(10/31)が迫った10/25日に、お別れのために訪問した。



ビル背面は網がかけられている。老朽化がひどいのだろう。もうすぐ解体を迎えるのだ。
イメージ 2





 
1921年から現在の場所で営業している札幌千秋庵本店
イメージ 1







イメージ 3






このビルは最上階に宮殿のようなスペースがある。
もともとはなかったが、このビルは増築や改築を重ねてきた中で作られたもので、
短期的に展望室としても開放していたこともあると事務所の方がおっしゃっていた。
最上階を見て記録したいと申し出たがそれは叶わなかった。
イメージ 4





ビル全貌
イメージ 5






イメージ 6






ちょうど向かいのビルの屋上駐車場に停めることにした。
そのおかげで撮れた写真。
イメージ 7






狸小路アーケード。実はこのように古い家屋があちこち並んでいる。
イメージ 8






同じ写真だけど少し拡大
イメージ 9





さて気になる部分の拡大。いまは倉庫のように使われているらしい。
この部分を間近で記録したくて本店に取材を申し込んだがそれは叶わなかった。
イメージ 10






イメージ 11





駐車場は屋上なのでこのように看板鉄骨も観察できた
イメージ 12





さて、千秋庵に入ります。これが最後になるでしょう。
地下街ポールタウン側から入店。右が地上への階段。
イメージ 13





このドアは保存・再利用して欲しいなぁ
イメージ 14






イメージ 15






イメージ 16






イメージ 17





ドアに入るとこの茶室が並んでいます
イメージ 18





ここはすべて撤去したようだ
イメージ 19





素敵な街灯
イメージ 20






イメージ 21





地下一階へのぼる
イメージ 22






イメージ 23





ドア枠にも昭和の味が出ています。せっかくなのでトイレもちょいと記録・・。
イメージ 24






イメージ 25





壁とドアおそろいの化粧板にも注目
イメージ 26




喫茶ミカド(札幌東区)やまこと(江別)にもあった雰囲気の飾り
イメージ 27





厚別から移設された旧「菓子工芸館」は、いまはからっぽ。
イメージ 28





旧式のエレベータボタンにもそそられる
イメージ 29






イメージ 30





一階の店舗へのぼります
イメージ 31





この設備は新本店に引き継がれるのだうか・・・。
イメージ 32






イメージ 33




上記の約50日後・・・・。2017.12.16の様子




ビル解体が開始されたようだ
イメージ 34






イメージ 36






地下の素敵なドアがあった部分
イメージ 35





2018.4
すべて解体され、後ろのアルファ南3条ビルが丸見えになった。
イメージ 37




さようなら、激動の昭和を支えたお菓子の宮殿、札幌千秋庵製菓本店ビル。


ちなみに昔、札幌テレビ塔から撮った千秋庵本店ビル
イメージ 38




【過去の千秋庵記事】