◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

珈琲軽食 貞廣/北海道砂川市

珈琲軽食 貞廣
北海道砂川市東一条北2-1-19



イメージ 1



札幌と旭川のだいたい中間点、空知(ソラチ)と呼ばれる豪雪地帯の中ほどに「砂川市」がある。
砂川駅を出て左に折れると、そこにあるのは古く小さな商店街。
カメラ屋や寝具店など、年季の入った個人商店がポツポツと並び、古い印鑑屋と喫茶店が寄り添うように営業を続けている、そんなひなびた商店街だ。
    
砂川市自体が人口2万人を切っているため、駅前ながらひっそりと寂しい商店街なのだが、
店主の馬面宏さん・ミチ子さんが「コーヒー貞廣」をオープンした昭和42年頃の空知は石炭バブルの真っただ中。
いくつものヤマ(炭鉱)から吐き出される男たちとその家族で商店街はごった返し、毎日が祭会場のように賑やかだった。
    
街はすっかり静かになってしまったが、「貞廣」には当時と変わらない珈琲の香りが満ちている。
オレンジ色に輝く星雲のようなペンダントライトがしっとりとテーブルを照らし、無数のキーホルダーや民芸品が陳列され、
茶店では珍しいロッキングチェアには、ママさん手製の座布団が敷かれている。
    
店の内装はマスターである宏さんの手作りだ。90歳まで自ら焙煎した驚くほど香ばしい豆を作り続け、その豆を使い、サイフォンで丁寧に淹れたブレンドコーヒーを提供してきた。
筆者は様々な喫茶店を尋ね歩いているが、これほどまでに香ばしいコーヒーにはなかなか出合えない。
    
しかし昨年、この店とママさんを残し、マスターは惜しくも他界してしまった。
遂に閉店してしまうのか──と案じたが、「店に来ると、お父さんといっしょにいるような気がする」
ママさんはそう言いながら、マスターの焙煎手順を見事に再現。
常連客も「この味!」と舌鼓を打つ究極のコーヒーが、今日も熱い湯気を上げている。



イメージ 2





隣のハンコ屋さんの佇まいもただ者ではない。
イメージ 3





イメージ 4






イメージ 5






さて、貞廣さん。
イメージ 6






イメージ 7






イメージ 8





ロッキングチェア
イメージ 9






イメージ 10





こういうペンダントがついたストーブも少なくなったかも?
当たり前だったのにね。
イメージ 11







イメージ 12






イメージ 13






イメージ 14






イメージ 19





照明器具を真下から見上げると燃える手裏剣のようだった。
イメージ 15






イメージ 16







イメージ 17







イメージ 18






イメージ 21






マスターは小さな写真の中に入ってしまったが、
ママさんは店に居る方がマスターと一緒にいるような気がするとおしゃっていた。
ずっとここで二人で喫茶店をされていたんだから、そうですよね。
イメージ 20






イメージ 22






夜の貞廣
イメージ 23




もっと夜。

イメージ 26





追悼


素晴らしい喫茶店を提供してくれたマスターに感謝。
ご冥福を祈念いたします。ありがとうございました。
イメージ 24




2015年のマスター
イメージ 25



過去記事があるよ