◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

珈琲軽食 貞廣/北海道砂川市

珈琲軽食 貞廣
北海道砂川市東一条北2-1-19



7月上旬、ツイッターのダイレクトメッセージで「貞廣の隣にあった寺島印章店、高齢のため閉店、今取り壊し中。貞廣の壁がスッカスカに」と届いた。
おわ、写真をみるとたしかに一大事が起きているようだ。

そこでその翌日だったかな、訪問してみた。



自分が到着したときは真ん中にあった印鑑屋の場所はスコーーンと空いていた。
イメージ 1




この辺の建物は、隣同志がみっちりとくっついているため、貞廣の壁が大変なことに。壁というよりほぼブルーシート。
イメージ 2




うすっぺらなトタン壁があるのがわかる。
イメージ 3





自宅兼印鑑屋の風呂らしきもの。
イメージ 4




ママさんの話だと、今回の取り壊し工事により貞廣側の壁工事も必要となり、
費用負担もけっこうかかるようだ。貞廣だいじょうぶ・・・?
イメージ 5




ここ一帯は昭和世界がそのまま残っている。
印鑑屋の向かって右側の建物(カメラ・写真屋さん)の家屋にも相当な年季を感じる。
こんな煙突はそうそうみられない時代だし、アクセサリー的?に立てかけてあるハシゴもすごいヨ。
イメージ 6





イメージ 7





貞廣の入口左右にぶら下がっている珍しい照明。
イメージ 8





さて、貞廣の内部が気になるところ・・・。
おー、やはりブルーシートが見えているではないか。
やばいねこれ。工事終わるまで雨降らなきゃいいけど。

イメージ 9





貞廣の大きな個性のひとつともいえる人形棚の様子。
一部が片付けられている。
工事の際は全撤去か。
イメージ 10





イメージ 11





亡くなったマスターが趣味で集めていた酒類のボトルは処分するとのこと。
コケシ人形とかは捨てません。
イメージ 12




カバーで覆われたストーブがまた燃える頃、再訪して様子をみたい。
イメージ 14





あれ、こんなところにキティちゃんが。めっちゃ可愛いんだけど。
イメージ 13





マスター味を見事に引き継いでいるママさん。
イメージ 15





イメージ 16




この看板最高。
イメージ 17






イメージ 19





これもずっとマスターが使っていたオーディオ。
おそらく壊れてしまっているとのことで処分・・・ということだったので、もらってきた。
(家でまずチューナーを修理完了。アンプはまだ電気が入らない)
イメージ 18



2013年

まだまだつづきがあるよ