◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

コーヒーショップ トレール/北海道函館市

COFFEE SHOP 
トレール
北海道函館市本町4-10




函館で一番賑わっているマチは、函館駅前ではなく五稜郭
市電が通り、丸井さんやシエスタハコダテのある本町交差点。
この交差点から徒歩わずか2-3分、ちょっと奥まったところにある喫茶店がトレールさんです。

さぁ、レッツゴー!



グリーンの窓枠や味のあるレンガ、良いですね。
だけど、ん・・・、閉まってる。トホホのホ。
イメージ 1



後日、再訪問。

お、やっています。
看板に書かれているように開店は1966年。もう53年の大ベテラン。
店内の写真が掲示されているので、はじめての客も雰囲気がつかめて入りやすい。
イメージ 2






イメージ 13





店内には本物のレンガがたくさん。
壁から天井にかけてはアールまでついてて、ぜんぶ一つ一つ味わいの違うレンガでぎっしり。
イメージ 10





いただきものらしいけど、いくつかのアールデコ作品を思いださせる配色の面白い作品。
イメージ 9





茶店に求められるメニューがほとんど網羅されてる素晴らしさ。
これは感動だ。
イメージ 8





元気な声と笑顔で、お客さんを温かくおもてなしする吉田マスター。最高です。
ちなみに背後の大きな飾り物は木彫ではなく型押しだけど、すごい迫力あるし
面白い裸婦と虎の構図。
昔廃業したキャバレーから譲り受けたものとのこと。
額縁も本物の木(黒檀?)でたいへん立派なものです。
イメージ 5






イメージ 4





雑談の中で「湯の川」の温泉ホテルに泊まっていることをお伝えすると、マスターは娘さんが親孝行で湯の川に連れて行ってくれたことがあったそう。
でも以前は格式が高く素晴らしい品質だったけど、レベルが下がっていると実感したようです。
イメージ 7





このレンガの量はすごいですよね。
そして天井にJBLが開店当時から埋められて、現在もよい音で鳴っています。
イメージ 11





マスターの腕がよく、コーヒーはとても美味しい。
でも後継者はいないようで寂しそう。娘さんがいるのだけど政治家をされているのです。
イメージ 3






そして同じものをおかわり。美味しいんだもん。
イメージ 6






イメージ 12