◆純喫茶ヒッピー◆

昭和喫茶の放浪ブログ。NIPPON COFFEE SHOP TOUR

立石バーガー/東京都

立石バーガー
東京都葛飾区堀切3-17-15



誠に遅ればせながら、バーガー店の様子を見に行くことにした。
そのハンバーガー屋さんは珍百景、珍スポットとしてメディアで取り上げられたことがあり、その界隈では認知度が高いと思う。
ぼくの気質的に、有名なところは後回しにするというアマノジャクなのだが
今回は京成立石で寿司食ってたとき「立石といえば・・」とここを思い出して来てみたってわけ。



堀切菖蒲園駅を出て店の方向に歩いていく。
以上に薄っぺらい建物があるな・・・。奥の方は幅広になっているんだろうと
思っていたら全部この幅なもんでびっくりした。
イメージ 1





セブンイレブンの交差点付近に目的地発見。
なるほどなるほど。思っていたより僕好み。
イメージ 2




ドアに貼り紙があって、昭和喫茶あるあるの貼り紙(閉店挨拶)かとビビったが
、「節電中」と書いてあった。節電は大切ですよね。昨年の北海道の台風直撃&地震ブラックアウトのときはほんと大変でしたから。うちは台風から停電したんで4日くらい夜も真っ暗だった。もし冬だったら死んでたね。
イメージ 3





内部から見た自販機
イメージ 16






手洗い器下の小石が良いですね
イメージ 9





蛍光灯の前にぶら下がっている半透明のボード。
イメージ 6




店内には『やめてくれボード』があり、利用客からの「願い」「叫び」のメモが数え切れないほど貼ってある
イメージ 15





自販機でハンバーガーを買って、そのあとコーヒーをマスターにお願いした。
イメージ 7





のせてみた。
イメージ 17







イメージ 5





この自販機は時折バージョンが変わっているらしい。
やめていたときもあるようだ。
ぼくが訪問したときはこういう感じだった。
イメージ 4





何から何まで手作りの自販機で、電気は使っていない。
イメージ 14










イメージ 10






イメージ 8





自販機に入れたぼくの百円が内側から見えている
イメージ 12






イメージ 13






イメージ 11



初訪問の感想としては、手作りバーガーを百円で販売していることからも
想像できると思いますが、マスターはとても優しいお人柄で、それに手作り自販機とかとても頼りなさげなので、愛好客がサポートしたくなるような存在の店だと思った。
初訪問が2019年になってしまったがもっと早く来ればよかったと心から思う。