珈琲軽食 貞廣
北海道砂川市東1条北2-1-19






2021年9月29日に閉店した喫茶貞廣。

自宅の札幌から遠いとはいえ、定期的に訪問していた愛すべき喫茶店だ。
閉店の5日前、9/24に最後の訪問をした、その写真。



DSCF3910



◆喫茶貞廣に関するこれまでのブログ記事はたくさんあります。
    ↓    ↓    ↓
 




DSCF3888







DSCF3912




「昭和」をぎゅっと凝縮したような空間。
いつ訪問しても時間がゆっくりゆっくり流れていた。



DSCF3921




棚やついたて、ロッキングチェアなど亡くなったマスターが手作りしたものが多数。
味わいがあってとても落ち着く。

棚には、数々の人形などがぎっしり並んでいる。
息子さんが小さい頃に製作した木彫作品や、ご夫婦が旅行して買ってきたお土産、お客からもらったものなどなど。


DSC_0138







DSCF3902




自分がとくに気に入って、コーヒー飲み飲み眺めていたものがいくつかあって、そのひとつが横を向いたブタの貯金箱。なんともかわいいのだ。

DSCF3896



ee024fd6






いろいろと物を整理しているとのことで、自分が気に入っていた人形をいただけることになり
ママが布でくるんでくれた。
この木の人形は、ママさんが若い頃に気に入って購入したもので、最初はひとつだけだったが、その後日追加購入して二個になった。
レモンのような頭の形にぼくも惹かれていたので、うちに飾れると思うと嬉しい。




DSCF3892




(これ)
095fa828






マスターの浮き球アート
DSCF3893





ド昭和センス満載のこの人形も眺める分には気に入ってたのだけど、自分の部屋にはいらないなぁ。
DSCF3894





旅行などで集めたご当地キーホルダー
DSCF3895





DSCF3898







DSCF3899





DSCF3901-2





DSCF3904







DSCF3905









DSCF3907






DSCF3913







DSCF3914






おしぼり皿も持たせてくれた
DSCF3915







DSCF3916


閉店はすごく寂しいけど、裏の自宅で自家焙煎コーヒー豆の販売はつづけるとのことで良かったー。


DSCF3918





ところで喫茶の裏側にある小道の雰囲気が好き。
DSCF3885




DSCF3886



DSCF3887


喫茶貞廣さん、いままでありがとう。



◆喫茶貞廣に関するこれまでのブログ記事はたくさんあります。
    ↓    ↓    ↓
 ◆過去記事がたくさんあります