南大夕張駅跡地(「近代産業遺産認定」)


南大夕張駅。
それはぼくのような
古い人間にとって、なかなか懐かしい響き。
三菱石炭鉱業の「大夕張鉄道線」といって、炭鉱のための鉄道のようなもんです。私鉄ですね。
この辺は河川の分岐地点でもあるため、当初は二股駅っていう名前の駅だったようですよ。

明治44年(1911)に開通→昭和62年(1987)に廃線となった際に立派な駅舎は解体されたのですが、「跡地」として、熱心な「三菱大夕張鉄道保存会」により、荒廃状態にあった石炭貨車等を修繕しホームの近くに停車させています。
これらには自由に客車に乗ることもできますよ。
ただ、年代物の貨車ですし、保存会の皆さんが雪下ろししたり、懸命に保存活動を続けているので、開けたドアは完全に閉めるなど、内部に風雨があたらないようお気を付けください。



駅についてはその道の方々がお詳しいでしょうからここではこれくらいで割愛。







えんほろ(遠幌駅)、 あかしちょう(明石町駅)の間の駅なんですね。
遠幌や明石町はぼくの記憶にはないです。

DSC_0123

 





バスも停車。保存状態が良いです。
バスも熱烈なファンさんがいますからね。これはきっと貴重だと思います。

DSC_0122









ただしこの付近はマチとしての役割が終わっているようなもの。
駅前にはこのような廃墟が放置されています。

DSC_0121








ですがここで暮している方々もいます。非常に減っていますけど。

DSCF7464




次回は、さらにこの奥にあるエリアの現状レポです。
数々の無人家屋が無残な状態でした。

ではでは